トップページ>>イベント

「陸前高田 奇跡のオルガン」コンサート(終了しました)

2018年01月20日

新潟県立歴史博物館では、冬季企画展「守れ!文化財―博物館のチカラ、市民のチカラ―」の関連イベントとして、2月11日(日・祝)に、「陸前高田 奇跡のオルガン」コンサートを開催します。第1部、第2部とも定員までまだ余裕があり、当日の受付も可能ですので奮ってご参加ください。この機会をお見逃しなく!!


【奇跡のオルガンとは?】
コンサートで使用されるオルガンは、明治~大正時代に作られたもので、岩手県陸前高田市出身の女性教育家、故・村上斐(あや)氏が幼児教育の現場で使用していたものです。2004年に親族が陸前高田市立博物館に寄贈しましたが、2011年3月11日の津波で博物館全体が被害を受け、オルガンも海水にのまれました。損傷が激しく、当初、修復は不可能とされていましたが、日本リードオルガン協会の支援によって見事に再生しました。また、修復の過程で、このオルガンは「海保」というメーカーが造った、日本に3台しか現存が確認されていない貴重なものだということも判明しました。
※展示は2月18日(日)までになります。





期日  2018年2月11日(日・祝)

時間  第1部 13:30~  第2部 15:00~

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

演奏  相田南穂子氏(日本リードオルガン協会) ※伊藤園子氏から変更になりました

定員  各回150名(要申込)※当日の受付も可能です

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 第1部、第2部はそれぞれ申込み別となります。
 イベント名、お名前、住所、電話番号、1部2部の別(または両方)を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp



冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」のご案内はこちら

「平成29年度 新潟県民具学会研究会」開催のお知らせ(終了しました)

2018年01月15日

新潟県民具学会では、「平成29年度 新潟県民具学会研究会」を下記の要領にておこないます。会員外の一般の参加申込みも受け付けますので、奮ってご参加ください。

              
【開催テーマ】
 廃校を利用した民具の収蔵と保存環境 ~その課題と方策~


【開催趣旨】
 民具の収蔵場所として、廃校となった施設等を利用する自治体は少なくありません。そうした場所の多くは、窓からの外光や老朽化した壁板・扉の隙間等によって、温湿度の変動や害虫・カビによる生物被害が発生しやすい環境にあります。学校の空き教室を収蔵庫として利用する場合、どのように施設環境を改善し、長期的な管理運用を図るかが課題となります。大きな予算をかけずに簡便な方法で民具を守ることは可能なのでしょうか。その課題と解決に向けて、本研究会では第一線で民具の資料保存にかかわってきた国立民族学博物館の日髙真吾氏を講師に招き、お話いただきます。
 また、会場からの質疑応答をもとに、民具の保存に関する課題とその対応策について、日高氏並びに本学会員、各施設の担当者との間で実践的な意見交換をできる場にしたいと考えております。


日時:平成30年2月3日(土)13:30~16:00
場所:新潟県立歴史博物館 講堂
日程
 ・13:30~13:40 挨拶:五十嵐稔(新潟県民具学会会長)
          趣旨説明:大楽和正(新潟県立歴史博物館)
 ・13:40~15:00 基調報告「廃校を利用した民具の収蔵と求められる環境改善」
          講師:日髙真吾氏(国立民族学博物館)
  ~休憩10分~
 ・15:10~16:00 質疑応答・意見交換 司会:森行人(新潟市歴史博物館)

主催:新潟県民具学会
共催:新潟県立歴史博物館、
    国立民族学博物館基幹研究「日本列島における地域文化の再発見とその表象システムの構築」
協力:新潟県地域史研究ネットワーク
定員:150名(要申込)
料金:無料
申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 イベント名、お名前、住所、電話番号を明記してください。
申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
 TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


民俗行事「サイノカミ」(終了しました)

2018年01月02日

県立歴史博物館では、2018年1月14日(日)に民俗行事「サイノカミ」を開催します。
雪原の上に藁(わら)やカヤなどで、大きなサイノカミを作り、それを燃やして豊作や無病息災を祈る越後の冬の民俗行事です。関原サイノカミ有志の会の方々のご協力を得て、高さ約18mの巨大なサイノカミを焚き上げます。門松や注連縄なども一緒に燃やすことができます。
ぜひ、巨大なサイノカミをご家族でご覧ください。


      

              2017年1月15日のサイノカミ


日時 2018年1月14日(日)15:00点火予定
場所 県立歴史博物館 北側広場
料金 無料
申込 不要

<お願い>
当日は、当館駐車場のほかに、動物愛護センター、馬高縄文館、なじらーての駐車スペースをご利用になれます。博物館周辺の道路は駐車禁止です。お乗り合わせでおいでいただくなど、路上駐車がないようご協力をお願いします。

冬の体験イベントのご案内

2017年12月27日

当館で2018年1月~3月に開催する「冬の体験イベント」のチラシを作成しました。
大勢の皆様のご来館をお待ちしています。





新潟県立歴史博物館 冬の体験イベントの御案内(PDF)

鉄道模型走行実演会【観覧無料】

2017年10月25日

開催期間 : 2017年11月4日(土)~11月23日(木・祝)の土日・祝日

長岡鉄道模型クラブのみなさんが、鉄道模型(実際の1/80の大きさ)を走らせます。こまかなところまで本物のように再現した模型を見て楽しむことができます。
おとなから子どもまで楽しめる無料のイベントです。ぜひこの機会に当館にお越しください。


         


◆期日  2017年11月4日(土)~11月23日(木・祝)の土日・祝日のみ
◆時間  1日3回走行
      ①10:30~11:45 ②13:00~14:15 ③15:00~16:15
      ※11月4日は②③、11月23日は①②のみの走行実演
◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆主催  長岡鉄道模型クラブ
◆共催  新潟県立歴史博物館
◆申込み 不要
◆観覧料 無料 ※常設展示をご覧の場合は別途観覧料が必要(中学生以下は無料)
◆その他 長生橋の魅力(ステキ)再発見写真コンテスト入賞作品パネル展

バス見学会「戊辰戦争の戦跡を歩く」(終了しました)

2017年10月15日

もうすぐ戊辰戦争から150年の節目の年を迎えます。
長岡市および近郊には戊辰戦争の古戦場があり、たくさんの資料が残されており、長岡市内の小・中学校の地域学習、総合的な学習でも活用されています。
その代表的な場所を、実際に県立歴史博物館の研究員の案内でたどり、150年前の激戦に思いをはせてみませんか。
対象は当初親子10組の予定でしたが、一般の方の参加も可能となりました。
奮ってご応募ください!!

期日  2017年10月29日(日)
時間  9:00(当館駐車場集合)~16:30(当館駐車場にて解散)
対象  20名程度 ※親子でなくても参加可能になりました
     ※朝日山古戦場には麓の浦柄神社から徒歩で40分程度登ります。体力が必要です。
経費  昼食代(おにぎり等)として500円程度を当日徴収いたします。
見学場所
  光福寺(摂田屋町 長岡藩本陣跡)、朝日山古戦場(昼食)、八丁沖古戦場、北越戊辰戦争伝承館、
  長岡市立中央図書館(資料見学) ※天候により予定を変更する場合もあります。

申し込み方法
  電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
  お名前、住所、電話番号を明記してください。
  「バス見学会『戊辰戦争の戦跡を歩く』参加希望」と明記してください。
申し込み・問い合わせ先
  新潟県立歴史博物館
  〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
  TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

日本遺産とは?

2017年10月04日

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。


「子ども縄文研究展2017」のご案内はこちら