トップページ>企画展示

企画展示

田中長嶺展ーシイタケと木炭で日本を救った男―(終了しました)

2016年04月12日

開催期間 : 2016年6月18日(土)~7月3日(日)

明治時代、当時だれも考えの及ばなかった「シイタケの原木栽培法」や「炭焼き技術の改良」などを普及し、農山村の産業振興に生涯を捧げた 田中 長嶺(たなか ながね)(1849-1922)。その長嶺は長岡市上富岡29番地(旧三島郡上富岡村)に生まれた人物です。
ながおか田中長嶺事績顕彰会は、彼の事績を広く紹介し、越後長岡の地から第二、第三の「長嶺」が再び全国、世界に向けて育つことを願って平成24年に設立されました。
本展覧会では、田中長嶺のシイタケや木炭に関する事績を紹介するとともに、近年の調査研究で明らかになった長岡での足跡を紹介します。
      田中長嶺展2016チラシ表_入稿用ol(小)    田中長嶺展チラシ裏_入稿用ol(HP用)
会期   2016年6月18日(土)~7月3日(日)
時間   9:30~17:00
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  毎週月曜日
観覧料  無料 ※ただし常設展をご覧になる場合は別途観覧料が必要
関連イベント
・講演会「田中長嶺翁の足跡を探る」(終了しました)
  日時:6月18日(土)10:00~11:30  会場:当館講堂(定員150名 申込み不要)
  講師:中條長昭氏(愛知田中長嶺事績顕彰会会長)
・講座「長嶺時代の信濃川と人々のくらし」(終了しました)
  日時:6月25日(土)10:30~11:45  会場:当館講堂(定員150名 申込み不要)
  講師:今井雄介氏(長岡郷土史研究会顧問)
・講座「長嶺が愛した里山のきのこたち」(終了しました)
  日時:6月25日(土)13:00~14:15  会場:当館講堂(定員150名 申込み不要)
  講師:宮内信之助氏(長岡技術科学大学名誉教授)
・友の会カフェ(終了しました)
  日時:6月18日(土)11:30~14:00(なくなり次第終了) 会場:フリースペース
  料金:200円(予定)
・ワークショップ「縄文土器できのこ汁を食べよう!」(終了しました)
  日時:7月2日(土)12:00~13:00(なくなり次第終了)
  会場:当館芝生広場(12:00に当館エントランスに集合して会場に移動します)
  料金:200円

冬季企画展「UMIAGARI-海揚がり-日本海に沈んだ陶磁器」

2016年02月24日

開催期間 : 2015年12月19日(土)~2016年3月21日(月・祝)

陶磁器のなかには、海底から引き揚げられたもの、またかつて海中に沈んでいたという言い伝えをもつものがあります。それらは、一般の陶磁器とは異なる歴史を持ち、とくに日本海に面し、海岸線の長い新潟県域には多数みられます。本展覧会では、かつて日本海に沈んでいた陶磁器が語る歴史を紹介します。
        umiagari(小)   海揚がりチラシ裏 HP用
◆会期  2015年12月19日(土)~2016年3月21日(月・祝)
◆時間  9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)
◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日(年末年始のため)
◆料金  一般510円(400円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料 
     ※( )内は20名様以上の団体料金
◆展示数 約120点
◆関連イベント
 ・記念講演会「水中考古学入門」(終了しました)
   日時:2016年3月6日(日)13:30~15:00 会場:当館講堂
   講師:岩淵聡文氏(東京海洋大学大学院教授)
 ・展示解説予定
◆その他
 ・見どころ案内
 ・アンケートにお答えします

子ども縄文研究展2015~縄文のメッセージ・私のメッセージ~(終了しました)

2015年11月30日

開催期間 : 2015年11月28日(土)~12月6日(日)

火焔街道博学連携プロジェクトは、「縄文」をテーマにして「総合的な学習の時間」に取り組む学校を支援するプロジェクトで、今年で13年目となります。「縄文」を学ぶ子どもたちの学習内容の深化がはかれるように、市町村域を越えての交流を推進しています。
当館ではこの火焔街道博学連携プロジェクトと共催し、11月28日(土)から12月6日(日)まで、「子ども縄文研究展2015~縄文のメッセージ・私のメッセージ~」を開催します。
子どもたちの研究成果をぜひご覧ください。
          
    <平成27年度参加校・参加者数>
     ・長岡市立関原小学校  ・小千谷市立吉谷小学校 ・十日町市立下条小学校
     ・十日町市立中条小学校 ・十日町市立鐙島小学校



◆会期  平成27年11月28日(土)~12月6日(日)
◆時間  9:30~17:00
◆休館日 11月30日(月)
◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆観覧料 無料
     ※常設展をご覧になる場合は、常設展観覧料(一般510円、高校・大学生200円、中学生
      以下無料)が必要です。

鉄道模型走行実演会【観覧無料】

2015年10月25日

開催期間 : 2015年11月1日(日)~11月23日(月・祝)の土日・祝日

長岡鉄道模型クラブのみなさんが、鉄道模型(実際の1/80の大きさ)を走らせます。こまかなところまで本物のように再現した模型を見て楽しむことができます。観覧無料です。ぜひこの機会に当館にお越しください。
          


◆期日  2015年11月1日(日)~11月23日(月・祝)の土日・祝日
◆時間  1日3回走行
      ①10:30~11:30 ②13:00~14:00 ③15:00~16:00
      ※状況に応じて延長あり。最終日(11/23)は14:00まで。
◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆主催  長岡鉄道模型クラブ
◆共催  新潟県立歴史博物館
◆申込み 不要
◆観覧料 無料 ※常設展示をご覧の場合は別途観覧料が必要です

国立民族学博物館巡回展「岩に刻まれた古代美術-アムール河の少数民族の聖地シカチ・アリャン-」(終了しました)

2015年07月31日

開催期間 : 2015年9月19日(土)~10月25日(日)

シカチ・アリャンは、ロシア連邦ハバロフスク市近郊アムール河河畔の村で、少数民族ナナイの人びとがサケ漁などを営んでいます。
シカチ・アリャンには、岩に刻まれた古代美術「岩面画」が多く残されていて、日本人類学の黎明期にアジアをひろく調査した鳥居龍蔵はじめ、世界中の考古学者・人類学者から注目されています。
シカチ・アリャンの岩面画は、旧石器時代から新石器時代まで続いた集落ガーシャ遺跡の近くにあり、遺跡を残した人びとが岩面画を刻んだとも考えられています。ガーシャ遺跡では、一万年以上前の年代を推定される世界最古級の土器が発見されていて、新潟県十日町市壬(じん)遺跡などの縄文時代草創期土器との類似性が注意されています。
この国立民族学博物館巡回展は、シカチ・アリャンの岩面画を拓本と写真を使って紹介するとともに、少数民族ナナイの人びとが岩面画と自分たちの文化をどのように結びつけてきたのか、シカチ・アリャンの伝承と民族資料を通して考えます。
      ※画像の無断転載および二次使用は禁止します
         
◆会期  平成27年9月19日(土)~10月25日(日)
◆時間  9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)
◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
◆料金

分類料金団体料金(団体は20名以上)
一般610円480円
高校生・大学生400円320円
小学生・中学生無料無料
 ※お得な割引情報
◆関連イベント
 ・講座「シカチ・アリャンの岩面画をみる」(終了しました)
   日時:9月26日(土)13:30~15:00 会場:当館研修室
   講師:宮尾 亨(当館研究員)
 ・講演会「アムール河の古代遺跡と先住民族の神話・世界観」(終了しました)
   日時:10月4日(日)13:30~15:00 会場:当館講堂
   講師:佐々木史郎 氏(国立民族学博物館先端人類科学研究部教授)
◆体験イベント
 ・まが玉を作ろう!
   期間:9月19日(土)~10月25日(日)の土日・祝日 13:30~16:00(受付15:30まで)
   会場:常設展示室内「体験コーナー」(無料 申し込み不要)
◆その他
 ・企画展関連商品
   館内ショップにて販売中
 ・レストラン特別メニュー

開館15周年記念特別展「北前船」(終了しました)

2015年07月12日

開催期間 : 2015年7月25日(土)~9月6日(日)

江戸時代から明治時代にかけて、上方と蝦夷地(北海道)の間を行き来し、各地に遠隔地の産物を運び、富をもたらした北前船。北前船が運んだものは米、酒、砂糖、塩、綿といった生活必需品から、鉄、肥料、紅花など産物の原料まで様々です。
当展覧会では、北前船の商売の様子と運んだものから、北前船が当時の人々の生活にどのような変化をもたらしたのか、絵画や絵図、和船模型、古文書など西は瀬戸内から北は北海道までの豊富な資料から紹介します。
      ※画像の無断転載および二次使用は禁止します

          
                          帰山雲涯画「新潟湊の図」
◆会期  平成27年7月25日(土)~9月6日(日)
◆時間  9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)
◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆休館日 毎週月曜日(ただし8/3,8/17は開館)
◆料金

分類料金団体料金(団体は20名以上)
一般920円730円
高校生・大学生600円480円
小学生・中学生無料無料
 ※お得な割引情報 
◆展示総数  約150点

◆関連イベント
  ・【リレー講演会】(終了しました)
    7月4日~8月30日 佐渡、村上、上越、新潟、長岡の5会場にて計6回開催
  ・講座「北前船が運んだもの」(終了しました)

    日時:8月1日(土)13:30~15:00 会場:当館研修室 

    講師:田邊 幹(当館研究員)

  ・記念講演会「新潟湊祭の歴史と文化」(終了しました)

    日時:8月9日(日)13:30~15:00 会場:当館講堂

    講師:福原 敏男 氏(武蔵大学人文学部教授)

  ・講座「パークスはミナト新潟に何を見たか」(終了しました)

    日時:8月23日(土)13:30~15:00 会場:当館講堂 

    講師:青栁 正俊(当館副館長)

  ・記念講演会「越後・佐渡の北前船主-近代新潟県の産業化と海運-」(終了しました)

    日時:8月30日(日)13:30~15:00 会場:当館講堂 

    講師:中西 聡 氏(慶應義塾大学経済学部・大学院経済研究科教授)

◆体験イベント
  ・船の折り紙づくり
    期間:9月6日(日)まで 9:30~16:30
    会場:企画展示室前
  ・ミニ船絵馬を作ろう!(終了しました)
    期間:7月25日(土)~8月23日(日)の土日 13:30~16:00(受付15:30まで)
    会場:常設展示室内「体験コーナー」(無料 申し込み不要)
  ・かんたんさき織り
    期間:8月29日(土)~9月13日(日)の土日 13:30~16:00(受付15:30まで)
    会場:常設展示室内「体験コーナー」(無料 申し込み不要)

◆その他
  ・クイズラリー
    クイズに全問正解すると、もれなく特製クリアファイルをプレゼント!!
  ・北前船展オリジナルグッズ
    館内ショップにて販売中!!
  ・長岡農業高校プレゼンツ レストラン特別メニュー
    館内レストランにて提供中!!

友の会主催「第12回マイ・コレクション・ワールド」(終了しました)

2015年07月01日

開催期間 : 2015年6月20日(土)~7月12日(日)

市民コレクターから、そのコレクションを出品していただき、広くコレクションという世界をご覧いただく展覧会「マイ・コレクション・ワールド」を今年も開催します。平成16年に始まって、今回が12回目となります。
コレクターそれぞれのコレクションにかける意気込みや、コレクションの来歴を披露します。多様なコレクションの内容はもちろん、多様な人生にまで触れることのできる展覧会です。
        
◆ 会期   2015年6月20日(土)~7月12日(日)
◆ 時間   9:30~17:00
◆ 会場   新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆ 休館日  月曜日
◆ 入場料  無料  ※常設展示の観覧は有料です
◆ 問合せ  TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:rekitomo@yahoo.co.jp