トップページ>新着情報>ワンポイント解説

新着情報

2月常設展示ワンポイント解説予定

2017年01月31日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【2月常設展示ワンポイント解説予定】
2月4日(土)13:00~「新潟県の運ぶ道具―背中当てのいろいろなかたち」(陳研究員)
 運ぶ道具背中当て、その素材、加工、そして編み方から解説します。  
2月5日(日)13:00~「古代の布」(浅井研究員)
 奈良平安時代、税などとしても用いられた布類について解説します。  
2月11日(土)13:00~「縄文時代の人々と鮭」(西田研究員)
 毎年大量に遡上する鮭は世界の各地で重要な食料となってきました。
 縄文時代の人々と鮭の関係について解説します。  
2月12日(日)13:00~「十二山の神の祭り」(板橋研究員)
 十二講の祭りでは的や天空へ向けて矢を射ます。この際に唱えられる不思議な唱え言葉について
 考えます。  
2月18日(土)13:00~「佐渡金山と無宿人」(渡部研究員) 
 江戸時代後期に佐渡金山に江戸から送られた無宿人の労働やくらしについて解説します。  
2月19日(日)13:00~「山口賢俊の背中当て研究」(三国研究員)
 背負って運ぶ時、荷物が背中に直接に当たらないようにするために使われた背中当て。
 新潟県の民俗学を牽引した山口賢俊による背中当て研究について解説します。
2月25日(土)13:00~「上杉謙信の関東侵攻」(前嶋研究員)
 上杉謙信は関東管領として、毎年のように関東に出陣し、正月を関東で過ごすことも少なくありま
 せんでした。謙信の関東侵攻について紹介します。
2月26日(日)13:00~「縄文時代の布」(宮尾研究員)
 縄文時代の布について開催中の企画展で紹介していますアンギンとの共通点と相違点を紹介します。  

1月常設展示ワンポイント解説予定

2017年01月04日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【1月常設展示ワンポイント解説予定】
1月 7日(土)13:00~「36・38豪雪」(田邊研究員)
 昭和36年、38年の豪雪について歴史的な視点で紹介します。
1月 8日(日)13:00~「戦国時代色部氏の盛衰」(前嶋研究員)
 戦国時代に越後下越に勢力をもっていた色部氏の盛衰について、上杉氏・長尾氏との関わりなどから
 考えます。  
1月14日(土)13:00~「古代の官衙について」(浅井研究員)
 古代、地方の行政を行った役所の形態について解説します。  
1月21日(土)13:00~「高田の雁木通り」(渡部研究員) 
 昭和30年代前半の高田の雁木通りを歩きながら、当時の雪国の町のくらしについて解説します。  
1月22日(日)13:00~「鏡の歴史」(山本研究員)
 現在のガラス鏡となる以前の金属鏡を中心に、鏡の歴史の一端をお話しします。  
1月28日(土)13:00~「雪下ろし」(大楽研究員)
 雪下ろしの手順や道具について解説します。  
1月29日(日)13:00~「村上市小俣の正月行事」(三国研究員)
 村上市小俣の正月行事について解説します。  


※1月15日(日)はサイノカミのためお休みします。


1月常設展示ワンポイント解説予定(PDF)

12月常設展示ワンポイント解説予定

2016年11月28日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【12月常設展示ワンポイント解説予定】
12月3日(土)13:00~「古代のやきものの製作技法②」(山本研究員)
 古代のやきももの製作技法から、ハケ目と糸切り技法について解説します。     
12月4日(日)13:00~「美術品としての火焔型土器」(宮尾研究員)
 火焔型土器が美術品として取り扱われる背景を考えます。  

12月10日(土)13:00~「長岡の石油産業と女株券師」(田邊研究員)
 近代長岡の発展に大きく寄与した石油産業とその勃興期を支えた女株券師について紹介します。  

12月11日(日)13:00~「江戸時代の教科書『往来物』」(渡部研究員)
 江戸時代の庶民の教科書である「往来物」を、越後の事例を交えながら解説します。  

12月17日(土)13:00~「鮭が遡るムラ」(板橋研究員) 
 村上市の大川郷に伝わる伝統漁法のコド漁について解説します。  

12月18日(日)13:00~「縄文時代人の特徴」(西田研究員)
 現代人と縄文時代の人々との違いについて解説します。  

12月24日(土)13:00~「千歯扱き」(大楽研究員)
 県内で使用された千歯扱きの特徴について解説します。  

12月25日(日)13:00~「赤倉温泉について」(浅井研究員)
 新潟県を代表する温泉地である赤倉温泉について解説します。



12月常設展示ワンポイント解説予定(PDF)

11月常設展示ワンポイント解説予定

2016年11月02日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【11月常設展示ワンポイント解説予定】
11月5日(土)13:00~「雪対策の住宅の工夫」(板橋研究員)
 雪が屋根に積もると住宅に大きな荷重がかかるので除雪に専念します。克雪と建物について語りま
 す。
  
11月6日(日)13:00~「考古資料としての火焔型土器」(宮尾研究員)
 火焔型土器についての言説について、考古資料としての取り扱いとその他を比較します。
  
11月12日(土)13:00~「東山道と北陸道」(浅井研究員)
 古代の官道である東山道と北陸道の関係について解説します。
  
11月13日(日)13:00~「古代のやきものの製作技法①」(山本研究員)
 古代のやきもののうち、須恵器(すえき)から読み取れる製作技法について解説します。
  
11月19日(土)13:00~「『やせかまど』に見る稲刈り」(三国研究員) 
 片貝村(現:小千谷市)の庄屋が書いた記録「やせかまど」に見られる稲刈りの様子を紹介します。
  
11月20日(日)13:00~「正保越後国絵図」(渡部研究員)
 江戸時代前期に描かれた正保越後国絵図の内容について解説します。
  
11月26日(土)13:00~「小林存と中魚沼の旅②」(陳研究員)
 小林存は昭和28年、77歳の時に約半年十日町に滞在し、秋山郷をはじめ「つまり」の山村僻地を
 遍歴し採訪しました。今回は小林存が中魚沼で滞在中残された逸話を紹介します。 
  
11月27日(日)13:00~「小林存(ながろう)の足跡」ゲスト解説(岩野笙子氏・新潟県民俗学会理事)
 アンギン研究を行った小林存の足跡をお話しいただきます。
 冬季企画展「すてきな布―アンギン研究100年―」(1/21~3/20)に関連してのプレ解説です。
  


11月常設展ワンポイント解説(PDF)

10月ワンポイント解説予定

2016年09月26日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【10月常設展示ワンポイント解説予定】
10月1日(土)13:00~「小林存と中魚沼の旅①」(陳研究員)
 小林存は昭和28年、77歳の時に約半年十日町に滞在し、秋山郷をはじめ「つまり」の山村僻地を
 遍歴し採訪していました。初回として、そのきっかけを紹介します。
  
10月2日(日)13:00~「先史時代の新潟」(西田研究員)
 文字による記録が現れる前の新潟県域の歴史を概観します
  
10月8日(土)13:00~「屏風にみる上杉家の武装」(前嶋研究員)
 川中島合戦図屏風には、おおくの武将が甲冑を身にまとい、刀をもって戦っている姿がみられます。
 戦国時代の上杉家の武装について解説します。
  
10月9日(日)13:00~ 「農作業のかぶりもの」(大楽研究員) 
 ドモコモ、オカブリなどの覆面頭巾を中心に、農作業のかぶりものについて解説します。
  
10月15日(土)13:00~「佐渡金銀山を描いた扇面」(渡部研究員) 
 江戸時代の佐渡金銀山を描いた扇面とその役割について解説します。
  
10月16日(日)13:00~「瓦と文字」(浅井研究員)
 古代の瓦に書かれた文字について解説します。
  
10月22日(土)13:00~「コシヒカリ系一族の繁栄 その2」(板橋研究員)
 コシヒカリの誕生について、品種改良・機械田植えなど技術改良の視点から解説します。
  
10月23日(日)13:00~「昭和初期の寺泊水族館」(山本研究員)
 昭和6年開催の上越線全通記念博覧会では、寺泊に第2会場が設置され、水族館が作られました。
 当時の寺泊水族館の様子について解説します。
  
10月29日(土)13:00~「三潟水抜工事地主起請文」(田邊研究員)
 江戸時代の治水工事、新田開発工事である三潟水抜工事とその起請文から当時の西蒲原地域の様相に
 ついて紹介します。
  
10月30日(日)13:00~「背中で運ぶ」(三国研究員)
 人力で物を運ぶ方法の1つに、背負う方法があります。その際に使った道具について解説します。
  


10月ワンポイント解説予定(PDF)

9月常設展示ワンポイント解説予定

2016年08月29日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【9月常設展示ワンポイント解説予定】
9月3日(土)13:00~「ヒスイを名前にしたお菓子」(山本研究員)
企画展「お菓子と新潟」では、市民参加型調査により、「ヒスイ」を名前にしたお菓子がたくさん存在することがわかりました。ヒスイの基礎知識と、それらお菓子が地域性をどのように表すのかをお話しします。
  
9月4日(日)13:00~「お菓子の名前からみた江戸時代の新潟」(渡部研究員)
現在のお菓子の名前に、江戸時代の新潟県の歴史がどのように反映されているのか紹介します。企画展「お菓子と新潟」と関連した解説です。

  
9月10日(土)13:00~「川中島合戦図屏風の見方」(前嶋研究員)
川中島合戦図屏風にはさまざまな構図がみられます。その見方を考えます。
  
9月11日(日)13:00~「お盆に供える花」(三国研究員)
お盆に墓や仏壇に特定の花を供えることがよくあります。魚沼市の事例を中心に紹介し、その意味を考えます。
  
9月17日(土)13:00~「越後の郡司の一族」(浅井研究員) 
越後国の郡司に任用された一族について紹介します。
  
9月18日(日)13:00~「コシ系一族の繁栄」(板橋研究員)
コシヒカリの歴史をたどりながら、品種開発のあり方を民俗的にとらえ直してみます。
  
9月24日(土)13:00~「下駄屋」(陳研究員)
下駄屋には、その地域の特色の下駄が置かれています。下駄屋について紹介します。
  
9月25日(日)13:00~「米山塔」(大楽研究員)
県内では500基以上の米山塔が確認されています。米山と米づくりの関わりについて紹介します。


※9月3・4日は夏季企画展「お菓子と新潟」に関連しての解説です。  


9月常設展示ワンポイント解説予定(PDF)

8月常設展示ワンポイント解説予定

2016年07月28日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【8月常設展示ワンポイント解説予定】
8月13日(土)13:00~「良寛と河童伝説」(板橋研究員)
 良寛は河童のアイスと呼ぶ薬の由来を書いています。今回は河童伝説と良寛について紹介します。
  
8月14日(日)13:00~「長岡空襲」(田邊研究員)
 8月15日の終戦の日にちなんで長岡空襲の特徴と意義、その後について紹介します。
  
8月20日(土)13:00~「長尾景虎の登場」(前嶋研究員)
 1530年に春日山城で誕生した虎千代は、長尾景虎となり、1547年に長尾家の家督を相続します。その経緯について解説します。
  
8月21日(日)13:00~「雪のお菓子」(大楽研究員)
 新潟には雪に関するお菓子がたくさんあります。お菓子調査隊の成果から、お菓子を通して雪国の文化を考えます。
  
8月27日(土)13:00~「縄文時代の弓矢」(西田研究員) 
 狩猟道具としてよく知られている弓矢は縄文時代になって登場しました。縄文時代の弓にはどんな特徴があるのか解説します。
  
8月28日(日)13:00~「縄文人と季節」(宮尾研究員)
 「縄文人の世界」展示を巡りながら、縄文人にとっての季節の変化を考えます。
    


※8月6日(土)、8月7日(日)は中学生ボランティアが「縄文人の世界」をご案内するため、
 研究員によるワンポイント解説はお休みします。