トップページ>新着情報>開館20周年記念 「特別公開 この逸品」(12/19~2/28)

新着情報

開館20周年記念 「特別公開 この逸品」(12/19~2/28)

2020年10月02日

 

当館は平成12(2000)年8月の開館から20年の節目を迎えました。20周年を記念して、開館から現在に至るまでの博物館の歩みや活動を振り返りながら、20年間で集まった資料の一部を紹介します。これまで博物館にご支援ご協力いただいた皆さまへの感謝の意を込めて、考古・歴史・民俗の各分野の逸品を展示します。

 

 

◆ 会 期

令和2年12月19日(土)~令和3年2月28日(日)
※期間中、展示替えを行います。
【第1期】12月19日(土)~1月17日(日)
【第2期】1月19日(火)~2月7日(日)
【第3期】2月9日(火)~2月28日(日)

 

※今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、日程の変更等が生じる場合があります。

 

◆ 時 間  9:30~17:00

 

◆ 場 所  新潟県立歴史博物館 企画展示室

(新潟県長岡市関原町1-2247-2)

 

◆ 休館日

月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/3)

 

◆ 観覧料  常設展観覧料でご覧いただけます

(一般:520円、高校・大学生:200円、中学生以下:無料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初公開 狩野胖幽斎筆 松鶴図屏風 左隻(品田美津子氏寄贈)

 

 

初公開〈県指定文化財〉
岸駒筆 金地著彩群鶴図
(地蔵堂願王閣所蔵)

 

縄文土器 深鉢(神林昭一コレクション)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄黒漆塗紺糸威異製最上胴具足 (伝上杉景勝所用)

 

初公開 家紋入り夜着(表布)(山崎光子民俗服飾コレクション)

元帥刀拵(長岡を創造した人々・その思想と歴史を伝える会蔵、当館寄託)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連イベント】

シリーズ「この逸品」連続講座

期 日

講座名

講 師

令和2年12月19日(土) 尾張藩銃士隊士の北越戊辰戦争従軍日記 田邊 幹 (当館研究員)
令和3年1月9日(土) 越後産近世近代のやきもの 西田 泰民(当館研究員)
令和3年1月30日(土) 雪の民具 大楽 和正(当館研究員)
令和3年2月6日(土) 鉄黒漆塗紺糸威異製最上胴具足 前嶋 敏 (当館研究員)
令和3年2月13日(土) 佐渡金銀山絵巻 渡部 浩二(当館研究員)

※各回それぞれお申込みが必要です。今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、中止・延期の場合があります。

 

時 間  13:30~15:00

 

会 場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定 員  各回18名(要申込)

 

料 金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。

講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

 

開館20周年記念「特別公開 この逸品」チラシ表(PDF)

 

開館20周年記念「特別公開 この逸品」チラシ裏(PDF)