トップページ>企画展示>令和2年度 春季企画展「江戸の遊び絵づくし」(4/11~6/7)〈予定〉

企画展示

令和2年度 春季企画展「江戸の遊び絵づくし」(4/11~6/7)〈予定〉

2020年01月03日

歌川国芳「両面相 伊久 げどふ だるま とくさかり」

サービス精神旺盛な江戸の浮世絵師たちは、視覚マジックを応用したもの、クイズもどきの絵解きなど、洒落とユーモアに富んだ造形の「遊び」の世界を創造し、江戸の庶民を楽しませていました。その内容には現代に通じる部分も多々みられます。
本展では、遊び心あふれるさまざまな浮世絵約100点を江戸の庶民の目線からご覧いただきます。江戸期庶民の身近にあった洒落とユーモアをお楽しみください。

 

 

◆ 会 期  令和2年4月11日(土)~6月7日(日)

 

◆ 時 間  9:30~17:00

(観覧券の販売は16:30まで)

 

◆ 場 所  新潟県立歴史博物館 企画展示室
新潟県長岡市関原町1-2247-2
TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47-6136

 

 

◆ 休館日  月曜日 ただし4/27(月)、5/4(月)は開館

 

 

◆ 観覧料  一般840円(670円)、高校・大学生600円(480円)、中学生以下無料

※(  )は20名様以上の団体料金
 

歌川国芳「みかけハこわゐがとんだいいひとだ」

歌川国芳「七福神 宝の搬入」