トップページ>新着情報>イベント

新着情報

Walk the Jomon World & Fun History Experience

2020年12月24日

The Japanese archipelago is blessed with a warm climate and four distinct seasons. The Jomon period began about 15,000 years ago and ended about 2500 years ago and is characterized by hunting and gathering in permanent
settlements. This exhibition, accompanied by commentary from the musuem’s curators, focuses on the Jomon people, from their globally unique food gathering economy to the technology they developed in response to turn of the seasons.
After experiencing the Jomon world, you can try your hand at making magatama beads like the ones the Jomon people actually wore! And of course, you can take your finished magatama beads home with you!

 
Date :

(1) January 11,2021 (Monday,National Holiday)  1:30PM-3:30PM

(2) February 23,2021 (Tuesday,National Holiday)  1:30PM-3:30PM

 
Capacity :

Up to 20 people / Reservation Required / Reservations on a first – come – first – served basis

 
Entry fee :

Interpreter Accompaniment is free! (General admission fees still apply)

 
Reservation Method :

When applying by email or fax,please provide us with your address, name of the representative for your group, preferred date of participation, the number of participants in your group, a phone number, and an email adress.

 
Apply to :

Exchange & Outreach Officer Email : koryu@nbz.or.jp    Fax : 0258-47-6136

 
COVID-19 Precautions :

Event details may be modified to help avoid the spread of the COVID-19 infection. Please check for the latest information on our website. Please also keep the following points in mind when visiting the Museum.
(1) Please wear a mask while inside the building.
(2) Please disinfect your hands using the disinfectant solution provided when entering the Museum.
(3) Please maintain adequate distance from others in the Musuem.
(4) Please refrain from visiting the Museum if you have a fever or if you are feeling unwell.

 

Click here for the leaflet!

 

体験型講座の一部中止について

2020年11月15日

新潟県内を含む新型コロナウィルス感染症拡大の状況を鑑み、下記の体験型講座を中止とさせていただきますのでご了承ください。

 

●縄をつくる・縄文をつくる(令和3年2月27日)

●火焔型土器の突起をつくる(令和3年3月6日)

 

なお、その他イベント等の変更については当館HP等でお知らせいたします。

『歴博特別展鑑賞と長岡醸造食文化を巡る』バスツアー(終了しました)

2019年09月28日

第34回国民文化祭・にいがた2019 第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会ツアー

『歴博特別展示鑑賞と長岡醸造食文化を巡る』


※募集を終了しました

 

日帰りバスツアーの参加募集中です。

新潟県立歴史博物館で9月14日~11月4日に開催の特別展「国民の文化財 あ、コレ知ってる!はにわ、どぐう、かえんどきの昭和平成」を観覧。本県唯一の国宝「火焔型土器」、国立博物館収蔵の重要文化財である埴輪や土偶等の知名度の高い名品を当館学芸員が特別に解説します。

 

当館見学の後は、日本海美食旅(ガストロノミー)に取り上げられた長岡醸造ランチを満喫。

ご賞味いただいた後には醸造の町”摂田屋”をボランティアガイドの案内で巡ります。

 

 

 

 

 

期 日:2019年11月4日(月・休)

 

参加費:9,700円(大人・子供同額)

 

お申込み:株式会社近畿日本ツーリスト関東 新潟支店

WEBから https://meito.knt.co.jp/0/tr/2456321/

電話から   025-241-6161

 

 

 

 

 

 

 

「我が家の『えご』のお供え」情報募集コーナーを設置します

2019年07月13日

当館の大楽和正研究員は、越後えご保存会と協働で「我が家の『えご』のお供え」について調査を行っています。

現在、皆さまから「供物としてのえご」についての情報を募集しています。我が家ではお盆に「えご」をお供えする…という方がいらっしゃいましたら、ぜひ今年のお盆は供えた様子を写真に撮り、下記の宛先まで情報をご提供ください。

 

寄せられた情報や写真は、来年5月に長岡で開催される「えごリンピック2020」で紹介する予定です。

 

なお、8月15日(木)には新潟県立歴史博物館エントランスにこれまでの調査写真などを展示して、情報を募るコーナーを設けます。こちらもぜひご覧ください。

 

 

【情報提供先・お問い合わせ先】

越後えご保存会事務局(猪貝)

電話:0258-46-6888

メール:inokai99@inokai.net

 

【情報募集コーナーの設置】

日時:令和元年8月15日(木)10:00~16:00

場所:新潟県立歴史博物館 エントランス

料金:無料

※ただし企画展・常設展を観覧する場合は観覧料が必要となります。

 

 

 

 

             新潟日報「そいがあて」7月15日号に掲載されました

 

 

 

 

 

 

 

 

常設展示ワンポイント解説 第1回ゲスト解説(終了しました)

2019年06月27日

新潟県立歴史博物館では、毎週土・日に当館研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。2015年度からは、それに加えて外部からのゲスト解説者によるワンポイント解説を開催しています。

 

令和元年度第1回のゲスト解説は8月10日(土)に開催します。

糸魚川市にある長者ヶ原考古館の館長 木島 勉さんから、「玉と斧の生産と流通」と題して解説いただきます。

 

日時  令和元年8月10日(土)13:00~13:30頃まで

 

場所  新潟県立歴史博物館 常設展示室内
「縄文文化を探る」人とものの交流ゾーンに集合願います

 

講師  木島 勉 氏(長者ヶ原考古館館長)

 

申込み 不要

 

料金  常設展観覧料(一般510円、高校・大学生200円、中学生以下無料)

夏季企画展「新たな国民のたから」展の観覧券で常設展も観覧できますので、常設展示ワンポイント解説にもぜひお越しください。

 

 

「明らかになったエゴノリの健康効果」講演会&試食会(終了しました)

2019年03月26日

新潟県立歴史博物館では、当館研究員の大楽が進めているえご食文化の調査研究に関連して、越後の郷土料理である「えご」に気軽に親しむイベントを5月15日(水)に開催します。

 

福井県立大学生物資源学部教授の村上 茂 氏よりエゴノリの健康効果についてご講演いただいた後、えごの試食会を行います。参加料は無料です。

 

このイベントは2020年5月にアオーレ長岡で開催される「えごリンピック2020」のプレイベントでもあります。ぜひご参加ください。

 

 

期日  2019年5月15日(水)

 

時間  14:00~15:30

開場 13:30~

講演会終了後、えご試食会を行います。

 

講師  村上 茂 氏

(福井県立大学生物資源学部教授)

昨年3月、海藻の「エゴノリ」に血糖上昇抑制作用と脂肪肝抑制作用があるとの報道発表がありました。エゴノリの知られざる健康効果についてお話しいただきます。

 

会場  新潟県立歴史博物館 講堂 他

 

定員  150名(申込不要、先着順)

 

参加料 無料

 

お問い合わせ先
新潟県立歴史博物館 大楽
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6130

FAX:0258-47-6136

E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

「明らかになったエゴノリの健康効果」講演会&試食会チラシ(PDF)

 

 

 

 

【冬季企画展関連イベント】踊りと音楽の催し、トークイベント(終了しました)

2019年01月08日

冬季企画展「村の肖像 山と川から見た「にいがた」」の、関連イベントを開催いたします。
いずれも参加無料ですが、事前申し込みが必要となります。
お早めにお申し込み下さい。

 

 

【トークイベント】
●「映像の表現と記録、そして記憶の間をめぐって」(3月3日開催)※終了しました

「ニッポンとニッポン人」をテーマに、メッセージ性の強い写真を撮り続けている写真家 土田ヒロミ氏、写真研究の第一人者である写真評論家 飯沢耕太郎氏、新潟市を拠点に芸術文化活動の普及に力を入れている砂丘館館長の大倉宏氏によるトークイベント。

 

時間の流れる過程の中で、さまざまな姿、形をとって現れる現実を、表現と記録の間で揺曳する映像で掴まえ、移ろい変わりつつある人々の記憶へと、どんな風に関わることができるのか。表現者と生活者の間を往還してみます。

 

日時:2019年3月3日(日)13:00~15:00
講師:土田ヒロミ(写真家)×飯沢耕太郎(写真評論家)×大倉宏(砂丘館)
司会:原田健一(新潟大学)

会場:当館講堂(定員150名)

※無料、要事前申込

 

●「村で映像を発掘、蓄積、展示することをめぐって」(3月10日開催)※終了しました
福島県金山町で家々にある写真のフィールドワークをする榎本千賀子氏、さらにその写真帳の聞き取り調査を行った石田佐恵子氏、また、映像・展示を用いた研究をする高倉浩樹氏によるトークイベント。さらには踊りと声で映像を共振しようとする堀川久子氏によるパフォーマンスもご覧いただけます。

 

日時:2019年3月10日(日)13:00~15:00
講師:石田佐恵子(大阪市立大学)×高倉浩樹(東北大学)×榎本千賀子(写真家)

踊り:堀川久子
司会:原田健一(新潟大学)

会場:当館講堂(定員150名 要申込)

※無料、要事前申込

 

 

【パフォーマンス】

●踊りと音楽の催し「あの日、あの時、私たちはこんなに自由だった」(3月9日開催)※終了しました

               撮影:風間忠雄

この展覧会にある写真の時代は、現代より貧しかった。だが、精神はもっと力に溢れていて、その「からだ」から醸し出される空気がなんとも美しい。そんな時代の気力、気配を感じながら、私たちにとってもっと自由で奔放な表現とは何か、この場所で試してみたいと思います。

 

日時:2019年3月9日(土)13:30~15:00
会場:当館企画展示室

出演:踊り 堀川久子・中野綾子

音楽:鈴木正美(サックス他)・西村優輝(チェロ)・早川美穂(歌・声)

※無料、要事前申込

 

 

【ワークショップ】

●小学生参加プロジェクト「昔のからだ・今のからだ―面白いからだを見つけよう」※終了しました

昔の時代に生きていた人々の表情、からだのしぐさ、動かし方の様子は今とだいぶ違うかもしれません。そんな自分にはない面白いからだを見つけてみましょう。

 

日時:2019年2月17日(日)13:30~ 1時間程度
会場:当館企画展示室

講師:堀川久子

※無料、要事前申込(小学生団体・個人対象)

◆申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
イベント名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

◆申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

冬季企画展 村の肖像 山と川からみた「にいがた」のご案内はこちら