トップページ>企画展示

企画展示

秋季企画展「川中島の戦いー上杉謙信と武田信玄ー」

2017年07月19日

開催期間 : 2017年9月16日(土)~10月29日(日)

「川中島の戦い」は、戦国時代、越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄が、北信濃をめぐって信濃国川中島地方で繰り広げた合戦としてよく知られています。この争いは、のちの人々の心もとらえて、草双紙や錦絵などの題材ともなり、またさまざまな伝承を付随しながら広まりました。
本展覧会では、人々の間に「川中島の戦い」が広まっていくようすとともに、実際の北信濃をめぐる争いの実像を、国宝・重要文化財を含む各地域に伝わったゆかりの品々から紹介します。


        


会期   2017年9月16日(土)~10月29日(日)
時間   9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)※初日は11:00~
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料  一般820円(650円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下無料
       ※(  )は20名様以上の団体料金
      お得な割引情報
展示総数 125点(うち国宝8点、国重要文化財9点)
      展示資料一覧
関連イベント
 ・越後上越「上杉おもてなし武将隊」がやってくる(終了しました)
   期日:9月16日(土)
   時間:演武① 11:30~12:00 演武② 14:00~14:30
   会場:エントランスホール
 ・講演会「信濃からみた川中島合戦」(終了しました)
   日時:9月24日(日)13:30~15:00  会場:講堂(定員150名 要申込み)
   講師:村石正行氏(長野県立歴史館学芸員)
 ・講演会「川中島合戦はどのように伝えられたか」
   日時:10月22日(日)13:30~15:00  会場:講堂(定員150名 要申込み)
   講師:石川博氏(駿台甲府小学・中学・高等学校指導監)
体験イベント
 ・体験コーナー「作って遊ぼう、戦国時代!」(終了しました)
   期間:9月16日(土)~10月9日(月・祝)の土日・祝日
   時間:13:30~16:00(受付は15:30まで)
   会場:常設展示室内「体験コーナー」
 ・体験コーナー「謙信・兼続に変身!」
   期間:10月14日(土)~10月29日(日)の土日
   時間:13:30~16:00(受付は15:30まで)
   会場:常設展示室内「体験コーナー」
その他
 ・ショップ情報、図録
 ・レストラン特別メニュー
 ・高校生による取材活動
 ・「柿崎家文書」 常設展示室にて特別展示中!!

 平成29年度・年間スケジュールリーフレットはこちら

鉄道模型走行実演会【観覧無料】

2017年07月19日

開催期間 : 2017年11月4日(土)~11月23日(木・祝)の土日・祝日

長岡鉄道模型クラブのみなさんが、鉄道模型(実際の1/80の大きさ)を走らせます。こまかなところまで本物のように再現した模型を見て楽しむことができます。
おとなから子どもまで楽しめる無料のイベントです。ぜひこの機会に当館にお越しください。


         


◆期日  2017年11月4日(土)~11月23日(木・祝)の土日・祝日のみ
◆時間  1日3回走行
      ①10:30~11:45 ②13:00~14:15 ③15:00~16:15
      ※11月4日は②③、11月23日は①②のみの走行実演
◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆主催  長岡鉄道模型クラブ
◆共催  新潟県立歴史博物館
◆申込み 不要
◆観覧料 無料
      ※常設展示をご覧の場合は別途観覧料が必要です(中学生以下は無料)

新潟県埋蔵文化財センター巡回展「縄文の造形美ー六反田南遺跡ー」【無料】

2017年07月18日

開催期間 : 2017年11月25日(土)~12月17日(日)

糸魚川の海辺から姿を現した六反田南遺跡。縄文時代中期の土器は火炎土器とは異なる流麗な造形美にあふれ、かたい蛇紋岩で作られた石斧は力強さを放ちます。
文化庁主催「発掘された日本列島 新発見考古速報 2016」の主役として全国を縦断した六反田南遺跡の出土品が、ふるさと新潟を巡回します。


         


会期   2017年11月25日(土)~12月17日(日)
時間   9:30~17:00 
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料  無料

 平成29年度・年間スケジュールリーフレットはこちら

冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」

2017年06月22日

開催期間 : 2018年1月13日(土)~3月21日(水・祝)

文化財は、誰が、どのように守っているのか。博物館はその役割を担っている機関として存在しますが、市民のチカラこそ重要です。博物館がどのように守っているのか。また、自然災害発生に伴って、どのような活動をしているのか。文化財を「守る」というその姿を知ってもらい、その意義を感じてもらいたいと思います。


会期   2018年1月13日(土)~3月21日(水・祝)
時間   9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月3日(年末年始のため)
観覧料  一般510円(400円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料
        ※(  )は20名様以上の団体料金
関連講座
 ・講演会「博物館で守るということ(仮題)」
   日時:2018年3月17日(土)13:30~15:00  会場:講堂(定員150名 要申込み)
   講師:半田昌之氏(公益財団法人日本博物館協会・専務理事)

夏季企画展「クイズとたいけん!むかしのくらし」(終了しました)

2017年06月20日

開催期間 : 2017年7月22日(土)~9月3日(日)

おじいさん・おばあさんのこどものころは、どんなくらしだったのでしょうか。この展示では、クイズに挑戦したり、むかしの道具にさわってあそんだりしながら、むかしのくらしのよいところ・いまのくらしとちがうところを見つけることができます。


          


会期   2017年7月22日(土)~9月3日(日)
時間   9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(ただし8月14日は開館)
観覧料  一般510円(400円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料
        ※(  )は20名様以上の団体料金
関連講座
 ・子ども向け講座「むかしのくらしの調べ方」(終了しました)
   日時:7月30日(日)13:30~15:00  会場:研修室(定員15名 要申込み)
   講師:三国信一(当館研究員)
 ・子ども向け講座「どうぐのおばけMINGOO(ミングー)を見つけよう!」(終了しました)
   日時:8月6日(日)13:30~15:00  会場:研修室(定員15名 要申込み)
   講師:三国信一(当館研究員)

実演・体験
 ・実演「わら細工のわざを見てみよう」(終了しました)
   日時:7月29日(土)13:00~15:00  会場:エントランスホール(申込み不要)
   講師:津南わら工芸会
 ・実演と体験「みんなであそぼう、竹がえし」(終了しました)
   日時:8月11日(金・祝)13:00~14:00(20分×3回 入替制)
   会場:企画展示室前ロビー(申込み不要 ただし各回先着10名)
   講師:鈴木延枝さん  協力:お母さんのひろば(津南町)
トークライブ
 ・千野さん夫妻と山のくらし(終了しました)
   日時:8月5日(土)13:30~14:00  会場:企画展示室(申込み不要)
   語り手:千野さん夫妻(長岡市栃尾地域在住)
 ・長谷川さんが何歳のころにつかった道具?(終了しました)
   日時:8月20日(日)13:30~14:00  会場:企画展示室(申込み不要)
   語り手:長谷川浩一さん(長岡市宮内在住)

体験イベント
 ・むかしあそびまつり(終了しました)
   日時:8月14日(月)10:00~16:00  会場:特設コーナー(申込み不要)
   内容:館内の昔遊びコーナーを巡って、いろいろな遊びを楽しむことができます。
 ・体験コーナー「昔の遊び道具で遊ぼう!」(終了しました)
   期日:7月22日(土)~8月13日(日)の土日・祝日
   時間:13:30~16:00(受付は15:30まで)
   会場:当館常設展示室内「体験コーナー」(申込み不要)

 ・体験コーナー「ミニ草履の飾りを作ろう!」(終了しました)
   期日:8月19日(土)~9月3日(日)の土日
   時間:13:30~16:00(受付は15:30まで)
   会場:当館常設展示室内「体験コーナー」(申込み不要)
その他
 ・クイズに答えてプレゼントをもらおう!
 ・撮影自由(ただしフラッシュはご遠慮ください))

友の会展「第14回マイ・コレクション・ワールド」(終了しました)

2017年04月20日

開催期間 : 2017年6月17日(土)~7月9日(日)

新潟県立歴史博物館友の会会員だけではなく、広く一般のコレクターが収集したコレクションの展覧会。平成16年に始まって、今回が14回目となります。
コレクターそれぞれのコレクションにかける意気込みや、コレクションの来歴を披露。多様なコレクションの内容はもちろん、多様な人生にまで触れることのできる展覧会です。
             
会期   2017年6月17日(土)~7月9日(日)
時間   9:30~17:00
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日
観覧料  無料
出品数  15件
問合せ  新潟県立歴史博物館友の会   
       TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136
       E-mail:rekitomo2014@yahoo.co.jp


    

春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年―アートになった猫たち―」(終了しました)

2017年03月21日

開催日時 : 2017年4月15日(土)~6月4日(日)

猫は、人が愛玩し、人を癒やし、私たちの暮らしに寄り添ってきた動物です。そのため人との関わりのなかで物語や絵画に多く登場します。“200(にゃ~)年”の言葉通り、今から200年前の江戸時代にも猫ブームがあり、浮世絵の画題に多くとりあげられました。幕末浮世絵では歌川国芳、広重が、明治には芳年とその弟子芳藤たち、そして大正になると竹久夢二、藤田嗣治、水野年方らが個性的な猫を描きました。
美人画や戯画に登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、役者の顔で着物を着た猫の他に、恐ろしい化け猫などなど、喜怒哀楽を表現した“猫たち”の姿を楽しむとともに、その時代の猫へのまなざしをごらんください。
           

会期   2017年4月15日(土)~6月4日(日)
時間   9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)※初日は11:00~
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(ただし5月1日は開館)
観覧料  一般820円(650円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下無料
       ※(  )は20名様以上の団体料金
      お得な割引情報
展示総数 約200点
      作品目録はこちら
関連イベント
 ・講演会「黒猫奇譚(くろねこきたん)-今も昔も猫が好きな芸術家たち-」(終了しました)
   日時:5月14日(日)13:30~15:00  会場:当館講堂(定員150名 要申込み)
   講師:中右 瑛 氏(国際浮世絵学会常任理事)
 ・講演会「新潟県の猫伝説」(終了しました)
   日時:5月21日(日)13:30~15:00  会場:当館講堂(定員150名 要申込み)
   講師:高橋郁丸 氏(イラストレーター・新潟妖怪研究所所長)
 ・「長岡CAT」オリジナル商品販売(終了しました)
   日時:5月21日(日)9:30~14:30
   場所:当館エントランス 
体験イベント
 ・体験コーナー「ネコ缶バッジを作ろう!」(終了しました)
   期日:4月29日(土・祝)~6月4日(日)の土日・祝日
   時間:13:30~16:00(受付は15:30まで)
   会場:当館常設展示室内「体験コーナー」(申込み不要)
その他
 ・関連商品 図録
 ・レストラン特別メニュー
 ・猫のぬり絵を楽しもう!
 ・高校新聞部による取材活動
 ・「新潟県の猫伝説」を題材とした作品展示