トップページ>活動情報

活動情報

中学生ボランティアガイドが常設展示をご案内します(終了しました)

2018年07月21日

今年も、地元、長岡市立関原中学校の3年生が、当館のボランティアガイドとして活動します。
ご希望の皆さまに、常設展「縄文の世界」のみどころをご案内します。

本日、中学生ボランティアガイド任命式が当館講堂にて行われ、午後から早速、常設展示「縄文人の 世界」をご案内しました。

案内をご希望の方は、常設展示室「縄文人の世界」入口にお越しください。

      任命式の様子

   案内をする中学生ボランティア














中学生ボランティアガイド

活動日  7月21日(土)、22日(日)、28日(土)、
      29日(日)、8月5日(日)
   ※8月4日(土)は、当館研究員による常設展ワンポイント解説
    もありません。ご了承下さい。

活動時間 午後1時30分~4時

活動内容 常設展「縄文人の世界」のみどころ案内

   ※案内無料、常設展示室の観覧料は必要。企画展のチケットで
    常設展示室も観覧できます。









橋詰 潤(はしづめ じゅん)

2018年04月03日

所属  学芸課

職名  主任研究員

学位  博士(考古学)

略歴  平成 8 年3月 上田市上田高等学校卒業
    平成15年3月 早稲田大学第二文学部歴史・民俗系専修卒業
    平成17年3月 東京都立大学人文科学研究科史学専攻修士課程修了
    平成23年3月 首都大学東京人科学研究科史学専攻博士後期課程単位取得退学
    平成26年7月 博士(考古学)学位取得

    平成18年4月~平成20年3月 日本学術振興会特別研究員
    平成22年4月~平成30年3月 明治大学黒耀石研究センター
    平成30年4月から新潟県立歴史博物館

専門分野  考古学

所属学会  日本考古学協会、日本第四紀学会、日本旧石器学会など

主要研究課題 ・縄文文化開始期の研究
       ・人類の古環境変動への適応行動の解明
       ・人と資源環境との関係史の解明
       ・ジオパーク活動を活用した地域資産の保全・利活用


著書・論文等
・「新潟県小瀬ヶ沢洞窟遺跡出土石器の再検討(2)―いわゆる舟底形石器と両面加工石器からの
  剥片石器素材の供給の検討―」『長岡市立科学博物館研究報告』53、長岡市立科学博物館、
  pp.99-118、平成30年
・「広原遺跡群第I遺跡における黒曜石をめぐる人類の行動」『資源環境と人類』8、
  明治大学黒耀石研究センター、pp.53-66、平成30年
・『ゴンチャルカ1遺跡(2001年)発掘調査報告書』橋詰 潤・シェフコムードI.Ya.・内田和典・
  長沼正樹編、明治大学黒耀石研究センター、104p.、平成30年
・『ノヴォトロイツコエ10遺跡(2003-2004年)発掘調査報告書』橋詰 潤・シェフコムードI.Ya.・
  内田和典・長沼正樹・松本 拓編、明治大学黒耀石研究センター、98p.、平成29年
・「考古学とジオパーク活動の連携:ジオパークセッションの概要と特集「考古学とジオパーク」の
  趣旨」『資源環境と人類』7、明治大学黒耀石研究センター、pp.51-59、平成29年
・『オシノヴァヤレーチカ12遺跡(2010年)およびオシノヴァヤレーチカ10遺跡(2012-2013年)
  発掘調査報告書』橋詰 潤・シェフコムードI. Ya.・内田和典編、明治大学黒耀石研究センター、
  112p.、平成28年
・「後期更新世末期の本州中央部における両面加工狩猟具利用の変遷」『第四紀研究』54-5、
  日本第四紀学会、東京、pp.235-255、平成27年
・「環日本海北部地域における土器出現期―アムール川下流域と北海道を中心に―」
  『考古学ジャーナル』677、ニューサイエンス社、pp.20-24、平成27年
・「石器に見る生活の変化(1)東日本」『季刊考古学』132、雄山閣、pp.38-41、平成27年
・「新潟県小瀬ヶ沢洞窟遺跡出土石器の再検討(1)―石斧の再検討を中心に―」
  『長岡市立科学博物館研究報告』50、長岡市立科学博物館、pp.87-106、平成27年
・「アムール下流域における土器出現期の研究(2)―オシノヴァヤレーチカ10 遺跡における
  2012 年,2013 年調査の概要―」『資源環境と人類』5、明治大学黒耀石研究センター、
  pp.19-36、平成27年(I. Y. シェフコムード・内田和典・M. V. ガルシコフとの共著)
・「両面加工尖頭器の欠損について」『旧石器研究』8、日本旧石器学会、pp.123-143、平成24年
・「新潟県卯ノ木遺跡出土の縄文時代草創期遺物の再検討」『長岡市立科学博物館研究報告』47、
  長岡市立科学博物館、pp.75-94、平成24年(小熊博史との共著)
・「アムール下流域における土器出現期の研究(1)―オシノヴァヤレーチカ12 遺跡の調査成果と
  課題―」『資源環境と人類』1、明治大学黒耀石研究センター、pp.27-45、平成23年
  (内田和典・I. Y. Shevkomud・M. V. Gorshikov・S. F. Kositsyna・
  E. A. Bochkaryova・小野昭との共著)
・「新潟県室谷洞窟遺跡下層出土石器の再検討(1)―器種組成の再検討を中心に―」
  『長岡市立科学博物館研究報告』45、長岡市立科学博物館、pp.71-100、平成22年
・「「刺突具」利用の変遷に関する一試論―新潟県域における杉久保石器群から縄文草創期の
  比較から―」、『新潟県考古学会20周年記念論文集 新潟県の考古学II』、新潟県考古学会、
  pp.39-58、平成21年


スタッフ一覧に戻る

山本 哲也(やまもと てつや)

2018年04月01日

所属  経営企画課

職名  課長代理(交流普及担当)2018年4月~

学位  昭和61年 文学士

略歴

昭和38年 北海道生まれ

昭和57年 北海道旭川東高校卒業

昭和61年 國學院大學文学部史学科(考古学専攻)卒業

昭和62年 千葉県君津市役所・(財)君津郡市文化財センター派遣

平成 7 年  國學院大學博物館学研究室助手

平成11年 東京家政大学非常勤講師

平成13年 新潟県立歴史博物館…現在に至る

専門分野  博物館学

所属学会  全日本博物館学会、日本展示学会、日本ミュージアム・マネージメント学会、新潟県石仏の会

主要研究課題

博物館史・博物館学史、展示学、ミュージアム・マネージメント、博物館のバリアフリー、博学連携(博物館と学校の連携)、博物館建築史

著書・論文等

平成29年
 『博物館研究』8月号(特集「博物館が復興に果たす役割」編集担当、
   総論「復興に果たされる“博物館のチカラ”とは何か」執筆)

平成28年
 『大正・昭和前期 博物館学基本文献集成』上・下 編著
 『博物館研究』8月号(特集「博物館における民具を考える」編集担当、
   総論「博物館における民具を考える」執筆)

平成27年
 『博物館研究』8月号(特集「博物館のイベント事情」編集担当、
   総論「博物館のイベント事情」執筆)

平成26年
 『博物館研究』2月号「博物館建築の競技設計の歴史―戦前の様相について」
 『博物館研究』8月号(特集「サブカルチャーと博物館」編集担当、
   総論「サブカルチャーと博物館」執筆)

平成25年
 『博物館研究』8月号(特集「博物館の機能を展示する視点」編集担当、
   総論「博物館の機能を展示する視点―“博物館学の展示”の提唱」執筆)
 『地域をつなぐ―火焔街道博学連携プロジェクトの10年―』(編著) 火焔街道博学連携推進研究会
 「聚珍宝庫の博物館学的意義」『博物館学雑誌』第39巻第1号 全日本博物館学会

平成24年
 『博物館研究』8月号(特集「プラネタリウムの現在」編集担当)日本博物館協会
 『博物館学人物史・下』(「名村五八郎元度」「ワグネル、ゴットフリード」
             「大森啓助」「高島春雄」執筆) 雄山閣

平成23年
 『博物館学事典』(執筆・編集)雄山閣
 「博物館学史の編成について」『博物館学雑誌』第37巻第1号
        全日本博物館学会(2012年度全日本博物館学会賞)

平成22年
 『博物館学人物史・上』(「ケプロン、ホーレス」「九鬼隆一」「木場一夫」執筆) 雄山閣
 「「博物館」成立前後に海外の「展示」を見てきた日本人
   ―日本における博物館展示の始原との関わりを考える―」『展示学』第48号 日本展示学会

平成21年
 「日本に於けるしょうがい者教育の黎明と手島精一」『博物館学雑誌』第35巻第1号 全日本博物館学会
 「特集 博物館/障害者/バリアフリー」『大阪人権博物館紀要』第11号

平成20年
 「生涯学習の場としての博物館」『歴史評論』No.701 校倉書房
 「史跡、博物館と地域連携―新潟県・信濃川火焔街道の活動と博学連携―」
                『國學院大學考古学資料館紀要』第24輯

平成19年
 「「博物館学」を遡る」『博物館学雑誌』第33巻第1号 全日本博物館学会
 「バリアフリーであること、バリアフリーを伝えること
      ~ユニバーサルな社会を目指す博物館の試み~」
  『だれもが楽しめるユニバーサル・ミュージアム
        ~“つくる”と“ひらく”の現場から』読書工房

平成18年
 「風土記の丘と博物館」『史跡整備と博物館』雄山閣

平成17年
 「大正~昭和初期の博物館建築競技設計資料について」『國學院大學博物館學紀要』第29輯

平成16年
 『博物館のウラおもて―レプリカの真実―』新潟県立歴史博物館 平成15年度冬季企画展解説書

平成15年
 「博物館資料情報論(試論)」『博物館学雑誌』第28巻第2号

平成14年
 「ハンズ・オンの解釈をめぐって」『博物館学雑誌』第27巻第2号
                 (全日本博物館学会・学会奨励賞)

平成12年
 「聴覚しょうがい者と博物館」『博物館学雑誌』第25巻第2号
 「博物館社会学」「博物館倫理学」 『新版・博物館学講座』第1巻「博物館学概論」雄山閣
 「高齢社会と博物館」『新版・博物館学講座』第3巻「現代博物館論-現状と課題-」

平成11年
 「我が国における博物館経営論の推移」『國學院大學博物館學紀要』第23輯

平成10年
 「博物館建築と環境論史の一断面-昭和前期の動向をめぐって-」
               『國學院大學博物館學紀要』第22輯

平成9年
 「博物館のバリアフリー計画」『國學院大學博物館學紀要』第21輯

『新潟県立歴史博物館研究紀要』

第19号(2018)「動物園学・水族館学の人々」
第18号(2017)「入館者数の分析・傾向把握とその活用方策について」
第16号(2015)「「雪まつり発祥の地」と博物館―「日本海-雪国-と博物館」補遺―」
第15号(2014)「新潟県立歴史博物館の体験コーナーにおけるオリジナルプログラム開発と実践
        その3:小判・ミニ銅鐸・ミニ石仏」
       「震災の被災文化財修復について―長岡市蒼柴神社の備前焼狛犬の例から―」
第14号(2013)「新潟県立歴史博物館の体験コーナーにおけるオリジナルプログラム開発と実践
        その2:「江戸時代のお金を作ろう」」
第13号(2012)「久米邦武と岩倉使節団報告『米欧回覧実記』」
       「新潟県立歴史博物館の体験コーナーにおけるオリジナルプログラム開発と実践」
第12号(2011)「日本海―雪国―と博物館」
第9号(2008)「博物館学におけるバリアフリー研究の現状について」
第8号(2007)特集・新潟県中越大震災
       「博物館再開後の展覧会等の復興支援活動」
       「新潟県中越地震速報(新潟県立歴史博物館の場合)」(再掲)
       「新潟県中越大震災・新潟県立歴史博物館関連文献一覧」
第3号(2002)「地域博物館のマネージメント展開-新潟県立歴史博物館の展望(1)-」

その他

「博物館関係文献資料紹介」『学会ニュース』(全日本博物館学会)に連載

(1)復興東京帝室博物館関係(1)(平成21年)(2)復興東京帝室博物館関係② (3)高島春雄の著作から(4)まんがはじめて物語 (5)『亜行日記』の正体 (以上、平成22年)(6)雑誌『科学知識』(7)剥製とその展示(8)博物館人の伝記(9)プラネタリウム①(以上、平成23年)(10)プラネタリウム②(11)各館の歴史の記録(12)「学芸員」という職名(13)地域別博物館案内(以上、平成24年)(14)『博物館めぐり』(15)積雪科学館『まどのゆき』(16)動物園とサーカス(17)『樺太庁博物館の歴史』に学ぶ(以上、平成25年)(18)「現代美術館問題」特集(19)戦前の中国事情関連文献(20)『東京科学博物館案内』(以上、平成26年)(21)『社会科文庫』付録(平成27年)

担当企画展

(企画展)

・新潟県立歴史博物館にて開催

  平成29年度 「守れ!文化財-博物館のチカラ、市民のチカラ-」

  平成27年度 「UMIAGARI-海揚がり-日本海に沈んだ陶磁器」

  平成26年度 「黄金期の浮世絵 歌麿とその時代」

  平成24年度 上越新幹線開業30周年記念展「奇跡の新幹線―開業、震災、そして30年―」

  平成19年度 「かやぶき民家展―早津絵画から広がる世界―」

  平成15年度 「博物館のウラおもて―レプリカの真実―」

  平成14年度 「移民物語~弁当からミックスプレートへ~ 多文化社会ハワイの日系アメリカ人」

(その他の展覧会)

・新潟県立歴史博物館にて開催・新潟県立歴史博物館の展覧会

  平成19年度 春の特別企画 「早津剛 かやぶき民家絵画展」

  平成17年度 「歴史博物館 5年の軌跡」

  平成16年度 「世界のバリアフリー絵本展」

・火焔街道博学連携プロジェクト主催展覧会

  平成15年度以降(毎年開催) 「子ども縄文研究展~縄文のメッセージ・私のメッセージ~」

・新潟県立歴史博物館友の会主催展覧会

  平成15年度以降  「マイ・コレクション・ワールド」(平成25年度で10回を数える)

  平成28年度 「田中長嶺展」(ながおか田中長嶺事績顕彰会共催)

  平成23年度 「東日本大震災と文化財レスキュー展」

  平成22年度 新潟県立歴史博物館友の会10周年記念展覧会「友の会の10年、博物館との10年」

  平成17年度 歴博友の会創作活動展「歴史をつくる、歴史からつくる」

  平成16年度 新潟県中越大震災復興支援展覧会「震度7 それでもわが大地を愛す」

・移動展覧会

  平成29年度 「原田泰治 絵画の世界」(福島県二本松市市民交流センター)

  平成28年度 「原田泰治が描く 日本の原風景」(聖籠町立図書館)

  平成27年度 「原田泰治が描く 日本の原風景」(佐渡博物館)

  平成26年度 「原田泰治が描く 日本の原風景」
         (十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ)

  平成18年度 「震度7 それでもわが大地を愛す」(栃尾美術館)

  平成17年度 「震度7 それでもわが大地を愛す」
         (丘陵公園・柏崎ふるさと人物館・なじょもん)

スタッフ一覧に戻る

『新潟県立歴史博物館研究紀要 第19号』を刊行しました

2018年03月27日

『新潟県立歴史博物館研究紀要 第19号』(500円)を刊行しました。
内容はこちらをご覧ください。





本書は当館ショップにて購入できます。また、郵送による販売も行っています。
詳しくは出版案内をご覧ください。

平成30年度 ボランティアを募集します

2018年02月01日

新潟県立歴史博物館では、平成30年度ボランティアを募集します。
主な活動内容は、体験コーナーのアシスタント、講演会・講座の受付、館内案内・展示物の解説、資料の整理、ボランティアの方々が自ら企画して行う活動などです。
特に、火おこし体験やまが玉づくりなど、学校団体の体験活動の時に、博物館職員と一緒に子ども達に教えてくれるボランティアの方を募集しています。
もちろん、ご都合のつく日だけ、興味のある活動だけの御参加で大丈夫です。
人と接することが好きな方、歴史に興味がある方、新しいことにチャレンジしてみたい方はぜひ、新潟県立歴史博物館ボランティアに御応募ください。お待ちしております。


募集期間 平成30年1月20日(土)~2月25日(日)
応募資格 ①平成30年4月1日現在、満15歳(中学校卒業)以上の方
      ②健康で、当館に無理なく通うことのできる方 ※交通費等は一切支給いたしません。
      ③事前説明会等に参加できる方 ※事前説明会は平成30年3月11日(日)に実施します。
応募方法 ・所定の応募用紙その他必要書類の提出。詳細はお問い合わせください。
活動時間 ・原則として9:30~16:00の範囲で御都合のつく時間。
登録期間 ・毎年4月1日~翌年3月31日まで。希望する方は翌年度も登録を更新できます。      
応募・問い合わせ先
  新潟県立歴史博物館 経営企画課 ボランティア担当 中澤広行
  長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2 
  TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136


平成30年度ボランティア募集案内(PDF)


平成30年度新潟県立歴史博物館ボランティア募集要項(PDF)


平成30年度新潟県立歴史博物館ボランティア応募用紙(PDF)

中学生ボランティアガイドの任命式が行われました

2017年07月22日

本日、中学生ボランティアガイドの任命式が行われ、長岡市立関原中学校3年生5名が、当館館長からボランティアガイドのIDを授与されました。
午後からは早速ボランティアガイドとして活動し、5人合わせて約60名の皆様に常設展「縄文人の世界」をご案内しました。
中学生ボランティアガイドは、8月6日(日)までの土日に活動します。
案内をご希望の方は、常設展示室内「縄文人の世界」入口までお越しください。


  
       任命式の様子       常設展を案内する中学生ボランティアガイド


「中学生ボランティアガイド」のご案内はこちら

中学生ボランティアガイド(終了しました)

2017年07月22日

中学生ボランティアガイドは、この夏、4年目を迎えます。
今年も、地元、長岡市立関原中学校の3年生が、当館のボランティアガイドとして活動します。
ご希望の皆さまに、常設展「縄文の世界」のみどころをご案内します。また体験コーナーのお手伝いもします。
この夏は中学生ボランティアガイドと一緒に、歴史にふれてみませんか。


中学生ボランティアガイド
活動日  7月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)
      8月5日(土)、6日(日)
活動時間 午後1時30分~4時
活動内容
・常設展「縄文人の世界」のみどころ案内 ※案内無料、常設展示室の観覧料は必要
・体験コーナー「むかしの遊び道具で遊ぼう」の補助