トップページ>新着情報

新着情報

2019年度 後期(11月~3月)講座・講演会情報

2019年10月25日

当館にて、2019年度11月以降(2019年11月~2020年3月)に開催する講座・講演会情報をお知らせします。

クリックすると拡大します

 

 

 

2019年度 後期 講座・講演会一覧(11月~3月)(pdf)

 

 

 

 

年間リーフレットにはありませんでしたが、追加のイベントもございます。

【追加イベント情報】

○11月30日(土) 伝統芸能上演会

「佐渡文や人形と越後瞽女唄」  詳しくはこちら

 

 

○12月1日(日) 民俗芸能学会長岡大会 公開シンポジウム

「民俗芸能と宗教の関係を問い直す」  詳しくはこちら

※学会の会員外(一般の方)も参加可、事前申込は不要

 

 

 

■申し込み方法・手続き
申し込み方法は、「電話」「葉書」「ファックス」「メール」での申し込みとなります。
いずれも、希望講座名、お名前、住所、電話番号の4項目を明記してください。
講師都合等による実施日の延期(中止)ということもあります。その際、申し込み者にはご連絡を
いたしますが、申し込みされていない方へはご連絡できませんのでご注意ください。

 

■申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 メール:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

11月常設展示ワンポイント解説

2019年10月22日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。
最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。
料金は、常設展観覧料(一般520円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

 

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。観覧者のみなさまの質問にもお答えします。研究員との対話をお楽しみ下さい!

なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

 

【11月常設展示ワンポイント解説予定】

 

11月2日(土)13:00~ 「 江戸時代の顕微鏡 」(渡部研究員)

【場所】新潟県のあゆみ◆近世・近現代の人物

【概要】雪の結晶の観察など江戸時代の顕微鏡の利用について紹介します。

 

 

11月3日(日)13:00~ 「雪国の堆肥利用」(大楽研究員)

【場所】雪とくらし◆雪国点描

【概要】一枚の写真から雪国の堆肥の利用や運搬方法について読み解きます。

 

 

11月9日(土)13:00~ 「旧石器時代の人びとと動物」(橋詰研究員)

【場所】縄文人の世界◆入口集合

【概要】旧石器時代の日本列島にくらした人びとはどんな動物とかかわってきたのかについて解説します。

 

11月10日(日)13:00~ 「縄文時代の墓」(西田研究員)

【場所】 縄文人の世界◆入口集合

【概要】縄文時代の人々はどのように死者を葬ったのか、様々な事例についてお話します。

 

 

 

 

11月16日(土)13:00~ 「水沢謙一が記録した昔話」(三国研究員)

【場所】新潟県のあゆみ◆近世・近現代の人物

【概要】昔話研究者の水沢謙一が記録した昔話を楽しみます。

 

 

11月17日(日)13:00~ 「京極為兼三十三首和歌」(前嶋研究員) 

【場所】新潟県のあゆみ◆古代・中世の文化・交流

【概要】京極為兼は鎌倉時代後期の公卿・歌人です。

永仁6年(1298)に佐渡流罪となっています。

為兼が佐渡で詠んだとされる三十三首和歌について考えます。

 

 

 

 

11月23日(土)13:00~ 「古代の城下町」(浅井研究員)

【場所】新潟県のあゆみ◆近世の新潟

【概要】近世の城下町と古代の城下町の違いや類似点を紹介します。

 

 

11月24日(日)13:00~ 「お金荷の運送と江戸時代の海運」(田邊研究員)

【場所】新潟県のあゆみ◆近世・近現代の産物

【概要】江戸時代の海運についてお金荷の運送との関連から紹介します。

 

 

11月30日(土)13:00~ 「土偶形容器」(宮尾研究員)

【場所】縄文文化を探る◆出口集合

【概要】国指定重要文化財の新発田市村尻遺跡出土土偶形容器について考えます。

 

 

 

 

 

 

 

「切り紙で正月飾り」(終了しました)

2019年10月12日

新潟県立歴史博物館では、11月23日(土・祝)、11月24日(日)に、体験コーナー「切り紙で正月飾り」を開催いたします。

切り紙の上野伸雄先生から、正月飾りの「はかま紙」を教えてもらいます。ぜひ、手作りの来年の干支・子年の正月飾りで、楽しいお正月を迎えましょう。

 

 

IMG_1810

 

 

期間: 令和元年11月23日(土・祝)、11月24日(日)

 

時間: 13:30~16:00(受付は15:30まで)

 

料金: 体験無料

(ただし常設展観覧料【一般520円 高校・大学200円 中学生以下無料】が必要です。

 

申し込み: 不要 当日体験コーナー(常設展示室内)にお越し下さい。

 

お問い合わせ先: 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当
TEL 0258-47-6135
FAX 0258-47-6136

 

作品例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年度体験コーナーチラシ(後期)(pdf)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ「まつり」連続講座③「鉱山のまつり」(終了しました)

2019年10月10日

講師 : 渡部 浩二(当館研究員)

「まつり」をテーマに全5回でおこなっている連続講座、第3回は「鉱山のまつり」と題して、12月7日(土)に開催します。

 

佐渡金銀山において、鉱山の安全や繁栄を祈願して行われた神事や祭りについて紹介します。

 

 

期日  令和元年12月7日(土)

 

時間  13:30~15:00

 

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定員  50名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

2019年度 後期 講座・講演会一覧(11月~3月)(pdf)

 

 

 

「謙信・兼続に変身!②」(終了しました)

2019年10月05日

当館では、11月9日(土)~11月17日(日)までの土日に、体験コーナー「謙信・兼続に変身!」を開催します。上杉謙信や直江兼続の鎧(模造品)を身につけて、戦国武将に変身します。
大人から子どもまで楽しめますので、ぜひご参加ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期間: 令和元年11月9日(土)~11月17日(日)の土日のみ

 

時間: 13:30~16:00(受付は15:30まで)

 

料金: 体験無料

ただし常設展観覧料【一般520円 高校・大学200円 中学生以下無料】が必要

 

申し込み: 不要 当日体験コーナー(常設展示室内)にお越し下さい

 

お問い合わせ先: 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当
TEL 0258-47-6135
FAX 0258-47-6136

 

 

2019年度体験コーナーチラシ(後期)(pdf)

 

 

 

常設展示室の資料展示替えを行いました

2019年10月01日

当館では、この10月に常設展示室の資料展示替えを行いました。新たに展示した資料は以下の一覧表のとおりです。

クリックすると拡大します

 

担当学芸員のおすすめ!

〇新潟県のあゆみ 古代・中世の文化・交流「京極為兼 三十三種首和歌」

歌でしりとり?京極為兼による超絶技巧の和歌は必見!

 

 

〇米づくり 米作りの周辺「藁製の運搬具」

テゴ、タス、バッタ、バンドリ…と不思議な名前の運搬具。そのかたちにも工夫があります。

ぜひ実物を常設展示室でご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年10月展示資料替一覧表(pdf)

 

 

 

 

 

 

県内高校にて移動展覧会(学校及び関係者対象)を実施(終了しました)

2019年09月30日

8月に高校生アカデミック・インターンシップ研修が行われました。
学芸員とは何か、博物館の意義とは何かを理解してもらうことを目的に、4人の高校生たちに自ら展示内容を企画してもらいました。

長野県出身の画家、原田泰治先生のピエゾグラフ(高精細複製画)の中から、高校生たちが話し合って決めたテーマ「海と山」・「緑」で5点を選び、どのように展示するか展示計画をたてました。

 

 


 

 

 

 

研修の成果や、原田泰治先生の作品の世界観をお伝えするため、現在、高校生アカデミックインターンシップの参加校の1つ、新潟県立長岡農業高等学校に展示しています。(11月28日から31日まで)

※観覧は学校及び関係者のみできます。一般の方はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※10月17日~25日には、新潟県国際情報高等学校にて展示しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【高校生アカデミック・インターンシップ研修とは】
大学進学希望の生徒に「大学の向こうにある社会」を意識させ、大学研究室や研究機関等と連携し、将来進む可能性のある学問分野に関係した研究活動等を体験し、大学等への視野を広げ、学習意欲や進路意識を高め、探求する力・課題解決能力等を身につけることを目的としています。
新潟県教育委員会が主催で平成30年度から始まった事業です。当館では今年度から受け入れを開始しました。