トップページ>新着情報

新着情報

子ども向け講座「『むかしのくらし』の調べ方」(7月30日開催)

2017年07月11日

講師 : 三国信一(当館研究員)

小学校の社会科で勉強する「昔のくらし」。そのしらべ方や楽しさについて解説し、各参加者が持参した使わなくなった道具を題材に、「昔のくらし」をどのようにしらべればよいか一緒に考えてみます。子ども向けですが、保護者の付き添いも可能です。(低学年の場合は、保護者の付き添いをお願いします。)


◆ 期日  2017年7月30日(日) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  15名(要申込)
◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度前期講座一覧(PDF)


夏季企画展「クイズとたいけん!むかしのくらし」のご案内はこちら

伝統芸能上演会「瞽女唄と文弥節で愉しむ山椒太夫の世界」(8月6日)

2017年07月11日

新潟県立歴史博物館では、今年度、にいがた文化遺産活用推進プロジェクトを実施しています。その関連イベントとして、8月6日(日)に、伝統芸能上演会「瞽女唄と文弥節で愉しむ山椒太夫の世界」を、当館を会場に開催します。佐渡の人形芝居と瞽女唄が夢の競演を果たします。ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。
         

期日  2017年8月6日(日)
時間・出演等
 【第1部】瞽女唄 出演:葛の葉会(長岡市)
   時間:11:00~12:10 (開場10:30)
   会場:当館常設展示室ロビー(定員150名)
   演目:祭文松坂 山椒太夫 船別れの段
      その他、門付け唄「岩室」、発ち唄「伊勢音頭くずし」
   解説:鈴木昭英(瞽女唄ネットワーク会長)
   料金:無料(ただし常設展観覧料【一般510円、高大生200円、中学生以下無料】が必要です)
 【第2部】文弥人形 出演:佐渡真明座
   時間:13:30~15:30 (開場13:00)
   会場:当館講堂(定員150名)
   演目:山椒太夫 母子対面の段
   解説:池田哲夫(新潟大学名誉教授)
   料金:無料
主催
   にいがた文化遺産活用推進プロジェクト実行委員会、新潟県立歴史博物館、
   瞽女唄ネットワーク、佐渡郷土文化の会
申し込み方法
   電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
   第1部、第2部はそれぞれ申込み別となります。
   お名前、住所、電話番号、1部2部の別(または両方)を明記してください。

申し込み先
   新潟県立歴史博物館 経営企画課
   〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
   TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

その他
   当日は当館レストランも営業しておりますが、混雑が予想されますのでご承知おきください。

昔の遊び道具で遊ぼう!(7月22日~8月13日の土日・祝日)

2017年07月02日

新潟県立歴史博物館では、7月22日(土)から8月13日(日)の土日・祝日に体験コーナー「昔の遊び道具で遊ぼう!」を開催します。
夏季企画展「クイズとたいけん!むかしのくらし」に関連して、メンコ、おはじき、だるま落とし、トントン相撲、リリアンなど、様々な遊び道具を用意しています。今もある遊び、今は忘れられた遊びなどを体験してみましょう!

      

期間: 2017年7月22日(土)~8月13日(日)までの土日・祝日のみ 
時間: 13:30~16:00(受付は15:30まで)
場所: 常設展示室内「体験コーナー」
料金: 体験無料

  (ただし常設展観覧料【一般510円 高校・大学200円 中学生以下無料】が必要です。)

申し込み: 不要 当日体験コーナー(常設展示室内)にお越し下さい。
お問い合わせ先: 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当

TEL 0258-47-6135

FAX 0258-47-6136


2017年度体験コーナーチラシ(前期)(PDF)


夏季企画展「クイズとたいけん!むかしのくらし」のご案内はこちら

ミニ草履の飾りを作ろう!(8月19日~9月3日の土日)

2017年07月02日

新潟県立歴史博物館では、8月19日(土)から9月3日(日)の土日に、体験体験コーナー「ミニ草履(ぞうり)の飾りを作ろう!」を開催します。
昔、履き物として大活躍だった草履。本物はわらを利用して作られていました。この体験では、毛糸とモールを材料にして、小さなミニ草履の飾りを作ります。


      
                    作品例
期間: 2017年8月19日(土)~9月3日(日)までの土日のみ 
時間: 13:30~16:00(受付は15:30まで)
場所: 常設展示室内「体験コーナー」
料金: 体験無料

  (ただし常設展観覧料【一般510円 高校・大学200円 中学生以下無料】が必要です。)

申し込み: 不要 当日体験コーナー(常設展示室内)にお越し下さい。
お問い合わせ先: 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当

TEL 0258-47-6135

FAX 0258-47-6136


2017年度体験コーナーチラシ(前期)(PDF)


夏季企画展「クイズとたいけん!むかしのくらし」のご案内はこちら

狩衣・十二単に変身!(子ども用)(終了しました)

2017年07月02日

新潟県立歴史博物館では、7月8日(土)から7月17日(月・祝)の土日に体験コーナー「狩衣・十二単に変身!(子ども用)」を開催します。
男の子は狩衣(かりぎぬ)、女の子は十二単(じゅうにひとえ)を着て、平安時代の貴族に変身します。女の子の参加が多いですが、男の子も大歓迎です。


      


期間: 2017年7月8日(土)~7月17日(月・祝)までの土日・祝日のみ 
時間: 13:30~16:00(受付は15:30まで)
場所: 常設展示室内「体験コーナー」
料金: 体験無料

  (ただし常設展観覧料【一般510円 高校・大学200円 中学生以下無料】が必要です。)

申し込み: 不要 当日体験コーナー(常設展示室内)にお越し下さい。
お問い合わせ先: 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当

TEL 0258-47-6135

FAX 0258-47-6136

講座「縄をつくる糸をつくる」(7月22日開催)

2017年07月02日

講師 : 宮尾亨(当館研究員)

縄文土器という名称をもたらした縄目文様をつくる様々な縄を紙テープでつくります。一見不合理にみえるような撚り方の様々な縄の撚り方を実習し、そのような縄の生まれた背景を考えます。また、縄文土器の文様との関わりについて考えている仮説を紹介します。


◆ 期日  2017年7月22日(土) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  25名(要申込)

◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度前期講座一覧(PDF)

7月常設展示ワンポイント解説予定

2017年06月26日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【7月常設展示ワンポイント解説予定】
7月1日(土)13:00~「縄文時代の造形」(宮尾研究員)
 新潟県域の縄文土器を中心に縄文時代の人びとがつくったものを考えます。
  
7月2日(日)13:00~「縄文の食べ物」(西田研究員)
 縄文時代の食材、調理方法について解説します。
  
7月8日(土)13:00~「実はスゴいぞ! 柿崎古墓」(湯本研究員)
 柿崎古墓の文化財的価値を学びます。この解説を聞けば、なぜこの展示が当館にあるのか
 わかります。
  
7月9日(日)13:00~ 第1回ゲスト解説
 上越市公文書センターの福原圭一さんをゲストにお迎えし、「古文書にみる柿崎景家」と
 題して解説いただきます。
   
7月15日(土)13:00~「国立銀行と銀行券」(山本研究員) 
 明治5年、国立銀行条例に基づき設立された銀行が153行ありました。当該銀行と、
 そこで発行された銀行券について解説します。
  
7月16日(日)13:00~「北越戊辰戦争」(田邊研究員)
 北越戊辰戦争と庶民の関わりについて解説します。
  
※7月22日(土)~8月6日(日)は中学生ボランティアが「縄文人の世界」をご案内するため、
 研究員によるワンポイント解説はお休みします。