トップページ>新着情報

新着情報

新潟県立歴史博物館は長野県立歴史館と連携協定を締結します

2020年10月19日

新潟県立歴史博物館は、長野県立歴史館と両館の発展と両県県民の文化と生涯学習の振興に寄与するため、業務運営についての連携協定を締結します。

 

1 調印式
(1) 日 時   令和2年10月27日(火) 午後1時30分から
(2) 場 所   長野県立歴史館 会議室(長野県千曲市屋代260-6)
(3) 出席者   長野県立歴史館   館長 笹本 正治
新潟県立歴史博物館 館長 斎藤 良人
(4) 内 容   両館長の挨拶、調印及び写真撮影

2 連携による事業
(1) 博物館に関する情報や資料に関すること。
(2) 博物館における研究活動等に関すること。
(3) 収蔵品の相互貸借に関すること。
(4) その他両館で合意された事項

(例)
・縄文土器、川中島の戦い、などについての共同研究、シンポジウム、展示
・両館の館長や学芸員による相互講演会 など
・災害時における文化財保護に向けての相互連携の推進

子ども縄文研究展2020~縄文のメッセージ、私のメッセージ~(11/28~12/6)

2020年10月18日

「総合的な学習の時間」において、地域を見つめ直す学習が積極的に行われています。その一つとして「縄文」を学習のテーマに取り入れる学校があります。火焔街道博学連携プロジェクトは、学習内容の深化を図ることを目的に、「縄文」を学ぶ子どもたちが市町村域を越えて交流するものです。

 

その舞台となる火焔街道は、平成28年度、“日本遺産”に認定されています。本プロジェクトは、“日本遺産”という地域の宝を実感できるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博物館と連携しながら縄文時代について学習してきた小学生たちは、当館で開催される「縄文子どもフォーラム2020」において市町村域を越えて交流し、さらに学びを深めます。

「縄文子どもフォーラム2019」のポスターセッションの様子

「縄文子どもフォーラム2019」のパネルディスカッションの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当館では火焔街道博学連携プロジェクトと共催し、11月28日(土)から12月6日(日)まで、「子ども縄文研究展2020~縄文のメッセージ、私のメッセージ~」を開催します。

子どもたちの学びは、未来への希望となります。地域をつなぐ心が育まれ、地域に誇りを持つその意識を、子どもたちだけではなく多くの方に共有していただくことを目的とし、学習の成果を展示物・パネル等で発表します。ぜひご覧ください。

 

<今年度参加校>
・長岡市立関原小学校    ・長岡市立深沢小学校

・十日町市立中条小学校   ・十日町市立鐙島小学校

・小千谷市立吉谷小学校

 

 

 

【「子ども縄文研究展2020~縄文のメッセージ、私のメッセージ~」開催概要】

◆会 期  令和2年11月28日(土)~12月6日(日)

 

◆時 間  9:30~17:00

「子ども縄文研究展2019」の展示の様子

 

◆休館日  月曜日

 

◆会 場  新潟県立歴史博物館 企画展示室

 

◆観覧料  無料
※常設展をご覧になる場合は、常設展観覧料(一般520円、高校・大学生200円、中学生以下無料)が必要です。

 

 

 

 

子ども縄文研究展2020チラシ(PDF)

 

 

体験プログラム「切り紙で正月かざり」(終了しました)

2020年10月15日

現在、通常土日に開催していた「体験コーナー」はお休みしていますが、会場を変更し、会場内の人数を制限しながら「体験プログラム」を開催しています。

 

 

【切り紙で正月かざり】

切り紙で正月かざりの「はかま紙」を作ります。

 

 

 

期 日:11月22日(日)・23日(月・祝)

 

 

時 間:13:30~15:30(受付終了は15:00)

 

講 師:上野 伸雄 さん

 

場 所:県立歴史博物館 研修室

 

定 員:各回20名 ※13時から整理券を配布します(予定)

 

 

事前申込み:不要、当日受付

 

体験料:無料 ただし常設展観覧券のご提示が必要です。

 

―お客さまへお願い―

●事前申し込みは必要ありませんが、体験受付時に、参加される方のお名前と連絡先をご記入いただきます。

●開催日時や開催場所にご注意ください。

●体験は無料ですが、体験受付時に常設展観覧券のご提示が必要です。

●マスクの着用、手指の消毒をお願いします。

●新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、変更または中止になる場合があります。

 

 

 

 

 

 

開館20周年記念 「特別公開 この逸品」(12/19~2/28)

2020年10月02日

 

当館は平成12(2000)年8月の開館から20年の節目を迎えました。20周年を記念して、開館から現在に至るまでの博物館の歩みや活動を振り返りながら、20年間で集まった資料の一部を紹介します。これまで博物館にご支援ご協力いただいた皆さまへの感謝の意を込めて、考古・歴史・民俗の各分野の逸品を展示します。

 

 

◆ 会 期

令和2年12月19日(土)~令和3年2月28日(日)
※期間中、展示替えを行います。
【第1期】12月19日(土)~1月17日(日)
【第2期】1月19日(火)~2月7日(日)
【第3期】2月9日(火)~2月28日(日)

 

※今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、日程の変更等が生じる場合があります。

 

◆ 時 間  9:30~17:00

 

◆ 場 所  新潟県立歴史博物館 企画展示室

(新潟県長岡市関原町1-2247-2)

 

◆ 休館日

月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/3)

 

◆ 観覧料  常設展観覧料でご覧いただけます

(一般:520円、高校・大学生:200円、中学生以下:無料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初公開 狩野胖幽斎筆 松鶴図屏風 左隻(品田美津子氏寄贈)

 

 

初公開〈県指定文化財〉
岸駒筆 金地著彩群鶴図
(地蔵堂願王閣所蔵)

 

縄文土器 深鉢(神林昭一コレクション)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄黒漆塗紺糸威異製最上胴具足 (伝上杉景勝所用)

 

初公開 家紋入り夜着(表布)(山崎光子民俗服飾コレクション)

元帥刀拵(長岡を創造した人々・その思想と歴史を伝える会蔵、当館寄託)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連イベント】

シリーズ「この逸品」連続講座

期 日

講座名

講 師

令和2年12月19日(土) 尾張藩銃士隊士の北越戊辰戦争従軍日記 田邊 幹 (当館研究員)
令和3年1月9日(土) 越後産近世近代のやきもの 西田 泰民(当館研究員)
令和3年1月30日(土) 雪の民具 大楽 和正(当館研究員)
令和3年2月6日(土) 鉄黒漆塗紺糸威異製最上胴具足 前嶋 敏 (当館研究員)
令和3年2月13日(土) 佐渡金銀山絵巻 渡部 浩二(当館研究員)

※各回それぞれお申込みが必要です。今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、中止・延期の場合があります。

 

時 間  13:30~15:00

 

会 場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定 員  各回18名(要申込)

 

料 金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。

講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

 

開館20周年記念「特別公開 この逸品」チラシ表(PDF)

 

開館20周年記念「特別公開 この逸品」チラシ裏(PDF)

 

 

 

10月~11月の体験プログラムの実施について

2020年09月22日

現在、通常の体験コーナーは休止しておりますが、10~11月は以下の体験プログラムを実施します。

 

―お客さまへお願い―

●事前申し込みは必要ありませんが、体験受付時に、参加される方のお名前と連絡先をご記入いただきます。

●開催日時や開催場所にご注意ください。

●体験は無料ですが、体験受付時に常設展観覧券のご提示が必要です。

●マスクの着用、手指の消毒をお願いします。

●新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、変更または中止になる場合があります。

 

体験プログラム
期 日 ・ 定 員 
【織物模様プラ板ストラップを作ろう!】

 

江戸時代の織物模様をプラスチックの板に写し、ストラップにします。

期 日:10/4(日)・11(日)・25(日)

11/1(日)・15(日)

 

定 員:会場内の人数は20名まで

(混雑時はお待ちいただく場合があります)

【切り紙で正月飾り】


切り紙で正月かざりの「はかま紙」を作ります。 

期 日 :11/22(日)・23(月・祝)

 

定 員:各日先着20名

(当日の13時20分より整理券を配布します)

 

 

時 間:13:30~15:30(受付終了は15:00)

 

場 所:県立歴史博物館 研修室

 

事前申込み:不要、当日受付

 

体験料:無料 ただし常設展観覧券のご提示が必要です。

 

 

 

 

講座「年中行事と食の民俗」(12/12)

2020年09月20日

講師 : 三国 信一(当館研究員)

年中行事には季節の食物が登場することが多く、それは神仏への供物であったり、人々のごちそうであったりします。

供物は行事の背景・神仏に対する人々の捉え方を示し、ごちそうは暮らしの中の楽しみ・季節の変化を乗り切る滋養でもありました。

食の民俗に注目して年中行事を紹介します。

 

 

 

期 日  令和2年12月12日(土)

 

時 間  13:30~15:00

 

会 場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定 員  18名(要申込)

 

料 金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

 

講座「尾張藩銃士隊士の北越戊辰戦争従軍日記」(12/19)

2020年09月20日

講師 : 田邊 幹(当館研究員)

当館は今年、開館から20年目が経過し、12月19日から開館20周年記念展「特別公開 この逸品」を開催します。

関連事業としてシリーズ「この逸品」連続講座を開催します。本講座はその第2回目です。

 

当館所蔵の銃士隊士の北越戊辰戦争従軍日記から、新政府軍の一歩兵の見た北越戊辰戦争の様相を紹介します。

 

 

 

期 日  令和2年12月19日(土)

 

時 間  13:30~15:00

 

会 場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定 員  18名(要申込)※現在キャンセル待ちです

 

料 金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp