トップページ>新着情報

新着情報

「平成29年度 新潟県民具学会研究会」開催のお知らせ(2月3日)

2018年01月15日

新潟県民具学会では、「平成29年度 新潟県民俗学会研究会」を下記の要領にておこないます。会員外の一般の参加申込みも受け付けますので、奮ってご参加ください。

              
【開催テーマ】
 廃校を利用した民具の収蔵と保存環境 ~その課題と方策~


【開催趣旨】
 民具の収蔵場所として、廃校となった施設等を利用する自治体は少なくありません。そうした場所の多くは、窓からの外光や老朽化した壁板・扉の隙間等によって、温湿度の変動や害虫・カビによる生物被害が発生しやすい環境にあります。学校の空き教室を収蔵庫として利用する場合、どのように施設環境を改善し、長期的な管理運用を図るかが課題となります。大きな予算をかけずに簡便な方法で民具を守ることは可能なのでしょうか。その課題と解決に向けて、本研究会では第一線で民具の資料保存にかかわってきた国立民族学博物館の日髙真吾氏を講師に招き、お話いただきます。
 また、会場からの質疑応答をもとに、民具の保存に関する課題とその対応策について、日高氏並びに本学会員、各施設の担当者との間で実践的な意見交換をできる場にしたいと考えております。


日時:平成30年2月3日(土)13:30~16:00
場所:新潟県立歴史博物館 講堂
日程
 ・13:30~13:40 挨拶:五十嵐稔(新潟県民具学会会長)
          趣旨説明:大楽和正(新潟県立歴史博物館)
 ・13:40~15:00 基調報告「廃校を利用した民具の収蔵と求められる環境改善」
          講師:日髙真吾氏(国立民族学博物館)
  ~休憩10分~
 ・15:10~16:00 質疑応答・意見交換 司会:森行人(新潟市歴史博物館)

主催:新潟県民具学会
共催:新潟県立歴史博物館、
    国立民族学博物館基幹研究「日本列島における地域文化の再発見とその表彰システムの構築」
協力:新潟県地域史研究ネットワーク
定員:150名(要申込)
料金:無料
申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 イベント名、お名前、住所、電話番号を明記してください。
申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
 TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」を開催します

2018年01月12日

いよいよ明日1月13日(土)から、冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」が始まります。本日行われた開場式では、大雪のため足下の悪いなかではありましたが、約40名の方々にご参加いただきました。


    
        開場式の様子               内覧会の様子


開場式では、主催者を代表して新潟県副知事・溝口洋様、および日本博物館協会専務理事・半田昌之様よりご挨拶がありました。テープカット後に行われた内覧会では、企画展担当の山本哲也研究員の熱のこもった解説に、大勢の皆様が聞き入っていました。

当企画展は来年の3月21日(水・祝)まで開催します。関連イベントも盛りだくさんですので、ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。


冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」のご案内はこちら

平成30年度 ボランティアを募集します

2018年01月12日

新潟県立歴史博物館では、平成30年度ボランティアを募集します。
主な活動内容は、体験コーナーのアシスタント、講演会・講座の受付、館内案内・展示物の解説、資料の整理、ボランティアの方々が自ら企画して行う活動などです。
特に、火おこし体験やまが玉づくりなど、学校団体の体験活動の時に、博物館職員と一緒に子ども達に教えてくれるボランティアの方を募集しています。
もちろん、ご都合のつく日だけ、興味のある活動だけの御参加で大丈夫です。
人と接することが好きな方、歴史に興味がある方、新しいことにチャレンジしてみたい方はぜひ、新潟県立歴史博物館ボランティアに御応募ください。お待ちしております。


募集期間 平成30年1月20日(土)~2月25日(日)
応募資格 ①平成30年4月1日現在、満15歳(中学校卒業)以上の方
      ②健康で、当館に無理なく通うことのできる方 ※交通費等は一切支給いたしません。
      ③事前説明会等に参加できる方 ※事前説明会は平成30年3月11日(日)に実施します。
応募方法 ・所定の応募用紙その他必要書類の提出。詳細はお問い合わせください。
活動時間 ・原則として9:30~16:00の範囲で御都合のつく時間。
登録期間 ・毎年4月1日~翌年3月31日まで。希望する方は翌年度も登録を更新できます。      
応募・問い合わせ先
  新潟県立歴史博物館 経営企画課 ボランティア担当 中澤広行
  長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2 
  TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136


平成30年度ボランティア募集案内(PDF)


平成30年度新潟県立歴史博物館ボランティア募集要項(PDF)


平成30年度新潟県立歴史博物館ボランティア応募用紙(PDF)

「陸前高田 奇跡のオルガン」コンサート(2月11日開催)

2018年01月11日

新潟県立歴史博物館では、冬季企画展「守れ!文化財―博物館のチカラ、市民のチカラ―」の関連イベントとして、2月11日(日・祝)に、「陸前高田 奇跡のオルガン」コンサートを開催します。


【奇跡のオルガンとは?】
コンサートで使用されるオルガンは、明治~大正時代に作られたもので、岩手県陸前高田市出身の女性教育家、故・村上斐(あや)氏が幼児教育の現場で使用していたものです。2004年に親族が陸前高田市立博物館に寄贈しましたが、2011年3月11日の津波で博物館全体が被害を受け、オルガンも海水にのまれました。損傷が激しく、当初、修復は不可能とされていましたが、日本リードオルガン協会の支援によって見事に再生しました。また、修復の過程で、このオルガンは、日本に3台しか現存が確認されていない「海保」というメーカーが造った貴重なものだということも判明しました。
※展示は2月18日(日)までになります。


期日  2018年2月11日(日・祝)

時間  第1部 13:30~  第2部 15:00~

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

演奏  伊藤園子氏(日本リードオルガン協会)

定員  各回150名(要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 第1部、第2部はそれぞれ申込み別となります。
 イベント名、お名前、住所、電話番号、1部2部の別(または両方)を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp





冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」のご案内はこちら

平成30年度 博物館実習実施のお知らせ

2018年01月04日

新潟県立歴史博物館では、平成30年9月24日(月・休)から10月4日(木)まで、博物館実習を実施いたします。
申し込みを希望される方は、以下の実施要項をご覧の上、受付期間中に所定の申込書をご提出ください。


実習期間   平成30年9月24日(月・休)から10月4日(木)まで
定員     15人
申し込み方法 当館が定めた様式に沿った申込書の提出によって受け付ける
受付期間   平成30年1月22日(月)から3月3日(土)まで
その他    詳細は「平成30年度 新潟県立歴史博物館 博物館実習実施要項」をご覧ください


平成30年度 新潟県立歴史博物館 博物館実習実施要項(PDF)
平成30年度 新潟県立歴史博物館 博物館実習実施要項(word)

1月常設展示ワンポイント解説予定

2018年01月04日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【1月常設展示ワンポイント解説予定】
1月6日(土)13:00~「戊辰戦争と錦旗」(田邊研究員)
 戊辰戦争時における錦旗とその歴史、意義について解説します。
  
1月7日(日)13:00~「弓矢の歴史」(西田研究員)
 弓矢の登場は縄文時代の始まりとほぼ同じ時期と言われています。日本の弓矢の特徴を解説します。
  
1月13日(土)13:00~「謙信の印章」(前嶋研究員)
 上杉謙信が花押(サイン)や印章(ハンコ)の変更を伝えた古文書が残っています。上杉家が用いた印章について解説します。
  
1月14日(日) サイノカミのためワンポイント解説はお休みします
  
1月20日(土)13:00~「犬とお菓子」(大楽研究員) 
 十日町市のチンコロ市(節季市)では、犬をかたどったしんこ細工が売られます。チンコロ市やインノコ朔日と呼ばれる風習について解説します。
  
1月21日(日)13:00~「村上市大栗田のアマメハギ」(三国研究員)
 村上市大栗田のアマメハギは秋田県男鹿半島のナマハゲに似た行事として注目を集めてきました。アマメハギの特徴について解説します。
  
1月27日(土)13:00~「関野貞と古瓦研究」(湯本研究員)
 上越市高田出身の関野貞は、建築史の泰山北斗ですが、考古学の分野、特に古瓦研究においても大きな仕事をしています。今回は、関野貞と彼の古瓦研究についてお話しします。
  
1月28日(日)13:00~「テグスについて」(山本研究員)
 展示に使用するテグス。資料を固定する際などで本当は見えにくいものとして活用されていますが、それを敢えて見てみることで、展示のあり方をお伝えします。
  

民俗行事「サイノカミ」(終了しました)

2018年01月02日

県立歴史博物館では、2018年1月14日(日)に民俗行事「サイノカミ」を開催します。
雪原の上に藁(わら)やカヤなどで、大きなサイノカミを作り、それを燃やして豊作や無病息災を祈る越後の冬の民俗行事です。関原サイノカミ有志の会の方々のご協力を得て、高さ約18mの巨大なサイノカミを焚き上げます。門松や注連縄なども一緒に燃やすことができます。
ぜひ、巨大なサイノカミをご家族でご覧ください。


      

              2017年1月15日のサイノカミ


日時 2018年1月14日(日)15:00点火予定
場所 県立歴史博物館 北側広場
料金 無料
申込 不要

<お願い>
当日は、当館駐車場のほかに、動物愛護センター、馬高縄文館、なじらーての駐車スペースをご利用になれます。博物館周辺の道路は駐車禁止です。お乗り合わせでおいでいただくなど、路上駐車がないようご協力をお願いします。