トップページ>新着情報

新着情報

常設展示ワンポイント解説 第1回ゲスト解説(7月8日開催)

2018年06月23日

 新潟県立歴史博物館では、毎週土・日に当館研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。2015年から当館研究員だけではなく、ゲスト解説者によるワンポイント解説を開催しています。
 
 2018年度第1回のゲストは、信濃川大河津資料館友の会の樋口 勲さんです。
「大河津分水ができるまで」と題して、暴れ川「信濃川」を恵みの大河に生まれ変わらせた大河津分水の実現に至る苦労やエピソードを紹介します。
              


ワンポイント解説 第1回ゲスト解説  「大河津分水ができるまで」
◆日時  2018年7月8日(日)13:00~13:30頃まで
◆講師  樋口 勲 氏(信濃川大河津資料館友の会)
◆場所  新潟県立歴史博物館 常設展示室内「新潟県のあゆみ 近現代の新潟」
◆料金  常設展観覧料(一般510円、高校・大学生200円、中学生以下無料)
◆申込み 不要


※ゲスト解説は不定期開催となります。今後の予定はHP等でお知らせします。


信濃川大河津資料館 イベントカレンダーはこちら

記念講演会「『奥羽越』列藩同盟と越後諸藩」(7月22日開催)

2018年06月18日

 夏季企画展 記念講演会「『奥羽越』列藩同盟と越後諸藩」を開催します。

 戊辰戦争時に結成された「奥羽越」列藩同盟。そこには、なぜ北越諸藩が入っているのでしょうか。また、「奥羽越」という枠組みで地域連合が結成されたことは、当然の帰結であったのでしょうか。
 全国的動向から見た「奥羽越」列藩同盟の形成過程と、越後諸藩の政治選択を紹介します。


期日  2018年7月22日(日) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

講師  栗原 伸一郎 氏(東北大学大学院文学研究科学術研究員)

定員  150名(要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2018年度前期 講座・講演会一覧(PDF形式)



夏季企画展「戊辰戦争150年」のご案内はこちら









友の会展「第15回マイ・コレクション・ワールド」開催中(7月1日まで)

2018年06月17日

開催期間 : 2018年6月9日(土)~7月1日(日)


 新潟県立歴史博物館友の会会員だけではなく、広く一般のコレクターが収集したコレクションの展覧会。平成16年に始まって、今回が15回目となります。
 コレクターそれぞれのコレクションにかける意気込みや、コレクションの来歴を披露。出品者の皆様の”モノ”を愛する気持ちが伝わり、心温かくなる手作りの展覧会です。
 観覧料は無料。7月1日まで開催しています。皆様のお越しをお待ちしています。


会期   2018年6月9日(土)~7月1日(日)

時間   9:30~17:00

場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室

休館日  月曜日、6月12日(臨時休館日)

観覧料  無料

問合せ  新潟県立歴史博物館友の会
TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136
E-mail:rekitomo2014@yahoo.co.jp










【ニューズウイーク誌「世界の6人のトップモデル」に選ばれた山口小夜子さんのポスターが並んでいます】









【全国各地の道の駅きっぷ。中学2年生が集めました。実は、裏面には名所やメッセージが書いてあります。】






伝統芸能上演会「佐渡人形芝居上演会」(7月1日開催)

2018年06月15日

県立歴史博物館では、7月1日(日)に、「佐渡人形芝居上演会」を開催します。
国重要無形民俗文化財に指定されている「佐渡の人形芝居」の上演会です。
午前の部では『平家女護島』(へいけにょごのしま)、午後の部では『源氏烏帽子折』(げんじえぼしおり)を上演します。午後の部の冒頭では、たいへんユニークな「のろま人形」を上演します。

ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。

 

期日  2018年7月1日(日) 

時間  午前の部:11:00~12:30 午後の部:13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

出演  佐渡 真明座

定員  各回150名(要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


佐渡人形芝居チラシ2018(PDF形式)


2018年度前期 講座・講演会一覧(PDF形式)


過去の上演動画(10秒)

秋季企画展「徳川の栄華」(9月15日~11月4日開催)新着&前売券情報

2018年05月29日

秋季企画展「徳川の栄華―徳川家、日光東照宮、牧野家
ゆかりの名品―」(9月15日~11月4日開催)の新着情報&前売券情報をアップしました。

秋季企画展「徳川の栄華」の詳細はこちら




秋季企画展「徳川の栄華」前売券は5月27日(日)から
発売です。

秋季企画展「徳川の栄華」の前売券情報はこちら






6月常設展示ワンポイント解説予定

2018年05月29日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひ週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【6月常設展示ワンポイント解説予定】  
6月 2日(土)13:00~「北越戊辰戦争と関原」(田邊研究員)
 博物館のある関原地区は縄文で有名ですが、北越戊辰戦争でも重要な意味を持ちました。
 北越戊辰戦争と関原地区の関わりについて解説します。
   
6月 3日(日)13:00~「縄文時代のアクセサリー」(西田研究員)
 縄文時代の人々の身の飾り方について解説します。
  
6月9日(土)13:00~「大倉喜七郎とオークラウロ」(浅井研究員)
 新発田ゆかりの大倉財閥を継いだ喜七郎と彼の発明したオークラウロについて紹介します。
   
6月10日(日)13:00~ 「「和菓子の日」の由来」(渡部研究員) 
 6月16日が「和菓子の日」となった歴史を紹介します。
 
6月16日(土)13:00~「新潟開港70周年で企画された博覧会」(山本研究員)
 来年1月1日に開港150年を迎える新潟港。80年前には70周年にあたり
「日本海大博覧会」 が企画されましたが中止となりました。
 現在残る資料からどのような博覧会が企画されたのか解説します。
  
6月17日(日)13:00~ 「鎌倉時代末期の越後と色部氏」(前嶋研究員)
 鎌倉時代の崩壊に越後の武将たちがどのような活動をしていたのか、色部氏を中心に紹介します。
 
6月23日(土)13:00~「かて飯」(大楽研究員)
 米の不足を補うために、米に野菜や穀類などを混ぜて炊いた「かて飯」。
 かて飯にまぜる食材から、当時の食糧事情を考えます。
  
6月24日(日)13:00~ 「虫送り」(三国研究員)
 稲の害虫などを追い払う行事「虫送り」について解説します。

6月30日(土)13:00~ 「佐渡の金堀り大工」(渡部研究員)
 江戸時代の佐渡金山で鉱石を掘る仕事をしていた金堀大工について解説します。


【予告 第1回ゲスト解説】  
7月8日(日)13:00~ 「大河津分水ができるまで」
 講師:樋口 勲 氏(信濃川大河津資料館友の会)