トップページ>新着情報

新着情報

令和3年度 夏休み特別体験(申込開始は7/9 9時~)

2021年06月14日

県立歴史博物館では、7/28(水)・8/3(火)・8/5(木)・8/6(金)に夏休み特別体験を開催します。
夏休みの自由課題もこれで決まり!ぜひご参加ください。

 

※小学4年生以下のお子さんは、大人の付き添いを原則とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)刺し子に挑戦(全2回)
日時  ①7月28日(水)13:30~15:00 / ②8月6日(金)13:30~15:00

場所  当館研修室

定員  各回20名(要申し込み)

料金  無料(ただし当日の観覧券が必要です)

内容  針と糸を使って昔からあるウサギやトンボの模様を縫い込み、コースターを作ります。

 

※模様を選んでお申し込みください。

 

A ウサギ

B トンボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)まが玉をつくろう(全2回)
日時  ①8月3日(火)13:30~15:00 / ②8月5日(木)13:30~15:00

場所  館内地下1階 芝生広場の軒下

定員  各回50名(要申し込み)

 

料金  無料(ただし当日の観覧券が必要です)

内容  滑石(かっせき)という柔らかい石を削ってまが玉を作ります。

※まが玉の色づけは行いません。

 

 

 

 

 

 

申し込み方法  ※受付開始は7月9日(金)9:00から
「電話(0258-47-6135)」または「メール(koryu@nbz.or.jp)」で下記までお申し込みください。

①希望する体験、日にち

②体験者氏名(年齢・学年・よみかた)

 ※小学4年生以下のお子さんは、大人の付き添いを原則とします。

  付き添いのみで一緒に体験をされない場合はその旨をお知らせください。

③電話番号

④住所

⑤「刺し子に挑戦」の場合A(ウサギ)とB(トンボ)のどちらの模様にするかをお知らせ下さい。

 

 

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 ※受付開始日時以前にお申込みされても、受付できませんのでご了承ください。

 

 

 

R3夏休み特別体験のチラシのダウンロードはこちら(PDF)

 

 

 

 

 

 

 

団体受け入れ状況(6/15~6/21)

2021年06月14日

学校団体などの受け入れの状況をお知らせします。
密を避けるためのご参考になさって下さい。

 

※6月14日(月)時点予定(予定は変更になる場合があります)
毎週月曜日に更新します

 

 

●6月15日(火)
9:30~11:20 学校団体62名

12:20~14:40 学校団体32名

 

●6月16日(水)

9:30~11:20 学校団体32名

9:30~11:30 学校団体27名

 

●6月17日(木)
10:00~11:15 学校団体6名

10:30~11:30 学校団体105名

11:50~14:40 学校団体18名

13:45~14:45 学校団体26名

 

●6月18日(金)
9:30~11:15 学校団体24名

9:30~11:20 学校団体62名

11:30~14:25 学校団体74名

 

●6月19日(土)
なし

※講座「ここまで明らかになった新潟のえご」開催 13:30~15:30

●6月20日(日)
なし

※体験プログラム「縄文文様コロコロ体験!」開催 13:30~15:30

 

●6月21日(月)
休館日

 

 

体験プログラム「縄文文様コロコロ体験!」(6/13.20.7/4)

2021年06月01日

現在、通常土日に開催していた「体験コーナー」はお休みしていますが、会場を変更し、会場内の人数を制限しながら「体験プログラム」を開催しています。

 

 

【縄文文様コロコロ体験!】

熱すると固くなるオーブン粘土で土器などのミニチュアを作り、縄もようをつける道具を転がして「縄文」をつけます。

 

期 日:6月13日(日)・20日(日)・7月4日(日)

 

※6月27日(日)は体験プログラムはお休みします

 

 

時 間:13:30~15:30(受付終了は15:00)

 

場 所:県立歴史博物館 研修室

 

定 員:会場内の人数は20名まで(混雑時はお待ちいただく場合があります)

 

事前申込み:不要、当日受付

 

体験料:無料 ただし常設展観覧券のご提示が必要です。

 

 

―お客さまへお願い―

●事前申し込みは必要ありませんが、体験受付時に、参加される方のお名前と連絡先をご記入いただきます。

●開催日時や開催場所にご注意ください。

●体験は無料ですが、体験受付時に常設展観覧券のご提示が必要です。

●マスクの着用、手指の消毒をお願いします。

●新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、変更または中止になる場合があります。

 

 

 

新潟県立歴史博物館の新型コロナウイルスの感染防止対策とお願い

2021年05月30日

【新潟県立歴史博物館の新型コロナウイルスの感染防止対策とお願い】

 

ご来館の皆さまの安全面を考慮し、当館では下記の対応を行っています。

 

・館入口及び企画展入口で検温を実施しています。熱のある方や風邪の諸症状のある方は、回復後の入館をお待ちしています。

 

・正面入口や常設展入口などに消毒用アルコールを用意しております。こまめな手指の消毒をお願い致します。

※これは今回に限っての対策ではなく、以前より通常に行ってきたものですが、新型コロナウィルスに対する感染拡大防止策として、ご入館の際、確実に消毒を実行されるようお願いいたします。

 

・スタッフがマスク着用で応対することがあることをご了承ください。

 

・企画展等は、展示室の混雑状況によっては入場制限を行う場合があります。

 

・当分の間、毎週土日に開催していた「体験コーナー」はお休みとさせていただきます。

(会場を研修室に変更し、会場内の定員を限定しながらの「体験プログラム」は不定期に開催しています。詳しくはHPをご覧ください。)

 

・当分の間、図書コーナー・映像情報コーナーの利用を中止するほか、常設展の一部の展示資料で観覧を制限するものがあります。
(音声解説器および講堂映像の利用は再開しています。)

 

 

〇ご来館、ご入館に当たってのお願い

・ 館内ではマスクの着用をお願いします。

 

・ 館内では、人との間隔を空けてくださるようお願いします。

 

・ 咳・発熱などの症状がある方、体調に不安のある方、新型コロナウイルス感染者や感染の疑いが高い方々に濃厚接触のあった方はご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。

 

・ ご入館後は手洗い、咳エチケットなどの一般的な感染症対策をお願いいたします。

 

・ ご来館中に体調をくずされた場合は、無理せずお近くのスタッフまでお声がけください。

 

 

【参考リンク先】

厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

一般社団法人日本感染症学会

http://www.kansensho.or.jp/modules/topics/index.php?content_id=31

 

・なお、今後の国内および県内の感染状況の変化等により対応が変更することもあります。

 

 

 

6月の臨時休館日について(6/22)

2021年05月30日

6月は通常の休館日(月曜日)の他に、館内定期殺虫作業のため6月22日(火)が臨時休館日となります。

ご了承ください。

6月常設展示ワンポイント解説

2021年05月30日

―参加するお客様にお願い―

マスクの着用、手指の消毒をお願いします。

●咳・発熱などの症状がある方、体調に不安のある方、新型コロナウイルス感染者や感染の疑いが高い方々に濃厚接触のあった方はご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。

●参加者の把握と記録のため、参加票記入にご協力をお願いします。参加票に記入し、当日の解説担当にお渡しください。ご記入いただいた情報は、博物館で保管し、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を目的とした保健所等公的機関への情報提供以外の利用はいたしません。

 

 

【6月常設展示ワンポイント解説予定】

日 時:毎週土日、午後1時~ 15分程度(当面の間、15分間で実施します)

料 金:常設展観覧料(一般520円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)

 

観覧者のみなさまの質問にもお答えします。研究員との対話をお楽しみ下さい!

なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

 

6月5日(土)13:00~
田邊研究員「上越線の全通」
【場所】新潟県のあゆみ◆近現代の新潟
【概要】「博覧会の世紀」展でも紹介されている上越線全通記念博覧会に関連して、上越線の全通について紹介します。

 

6月6日(日)13:00~
前嶋研究員「上杉謙信と景虎」
【場所】 新潟県のあゆみ◆中世の新潟
【概要】上杉景虎は、北条氏から養子としてやってきました。この人物について、謙信と景虎の感状を比較しながら解説します。

 

6月12日(土)13:00~
橋詰研究員「いきものオリンピック、人間は勝てる?」
【場所】縄文人の世界◆秋の広場
【概要】人間はいきものの中で身体能力が優れた存在とは言えません。もしいきものオリンピックがあったら人間が勝てる種目はあるのでしょうか?

 

6月13日(日)13:00~
渡部研究員「嘉祥(定)(かじょう)の儀式」
【場所】新潟県のあゆみ◆近世・近現代の産物
【概要】かつて旧暦の6月16日に行われた、お菓子を食べて厄を追い払う「嘉祥(定)」という儀式について解説します。

 

6月19日(土)13:00~
浅井研究員「新潟県は何地方か?」
【場所】新潟県のあゆみ◆古代の新潟
【概要】新潟県は何地方に属するのか。古代史の視点から考えます。

 

6月20日(日)13:00~
山本研究員「白山公園と博物館」
【場所】新潟県のあゆみ◆近現代の新潟
【概要】現在県政記念館となっている施設の博物館としての変遷と、さらにそれ以前に存在した「新潟博物館」について解説します。

 

6月26日(土)13:00~
大楽研究員「千歯扱き」
【場所】新潟県のあゆみ◆近世・近現代の産物
【概要】脱穀用具の変遷について概観し、千歯扱きの産地について考えます。

 

6月27日(日)13:00~
宮尾研究員「石鏃(せきぞく)をみる」
【場所】 縄文文化を探る◆出口集合
【概要】縄文時代を特徴づける遺物のひとつ、石鏃について考えます。

 

 

 

講座「ここまで明らかになった新潟のえご」(6/19)

2021年05月15日

講師 : 大楽 和正(当館研究員)・越後えご保存会

これまで新潟の郷土食「えご」について、「越後えご保存会」の皆さんとともに研究・調査を進めてきました。

今年5月15日には、アオーレ長岡にて越後えご保存会主催で「えごリンピック」が開催されました。

ここで発表した、えごについての最新の調査研究成果について報告します。越後えご保存会の皆さんによる報告も予定しています。

 

 

期 日  令和3年6月19日(土)

 

時 間  13:30~15:30

 

会 場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定 員  18名(要申込)

 

料 金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

令和3年度の講演会・講座の一覧はこちら

 

5/15に開催された「えごリンピック」の詳細はこちら