トップページ>新着情報

新着情報

平成29年度体験コーナー(前期)のご案内

2017年03月21日

平成29年度体験コーナー(前期)一覧ができました。このうち4月29日(土・祝)から開催する「ネコ缶バッジを作ろう!」と、8月19日(土)から開催する「ミニ草履の飾りを作ろう!」が新メニューです。大勢の皆様からご参加いただければ幸いです。

2017年度体験コーナーチラシ(前期)(PDF)

春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年―アートになった猫たち―」

2017年03月21日

開催日時 : 2017年4月15日(土)~6月4日(日)

猫は、人が愛玩し、人を癒やし、私たちの暮らしに寄り添ってきた動物です。そのため人との関わりのなかで物語や絵画に多く登場します。“200(にゃ~)年”の言葉通り、今から200年前の江戸時代にも猫ブームがあり、浮世絵の画題に多くとりあげられました。幕末浮世絵では歌川国芳、広重が、明治には芳年とその弟子芳藤たち、そして大正になると竹久夢二、藤田嗣治、水野年方らが個性的な猫を描きました。
美人画や戯画に登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、役者の顔で着物を着た猫の他に、恐ろしい化け猫などなど、喜怒哀楽を表現した“猫たち”の姿を楽しむとともに、その時代の猫へのまなざしをごらんください。
           

会期   2017年4月15日(土)~6月4日(日)
時間   9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)※初日は11:00~
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(ただし5月1日は開館)
観覧料  一般820円(650円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下無料
       ※(  )は20名様以上の団体料金
関連イベント
 ・講演会「黒猫奇譚(くろねこきたん)―今も昔も猫が好きな芸術家たち―」
   日時:5月14日(日)13:30~15:00  会場:当館講堂(定員150名 要申込み)
   講師:中右 瑛 氏(国際浮世絵学会常任理事)
 ・講座「新潟県の猫伝説」
   日時:5月21日(日)13:30~15:00  会場:当館講堂(定員150名 要申込み)
   講師:高橋郁丸 氏(イラストレーター・新潟妖怪研究所所長)

※講座・講演会の申込みは4月1日から受付させていただきます。
 

いにしえの遊びを楽しもう(3月25日~4月23日の土日)

2017年03月21日

当館では3月25日(土)~4月23日(日)までの土日に、体験コーナー「いにしえの遊びを楽しもう」を開催します。
貝覆い(貝合わせ)、投扇興(とうせんきょう)、盤双六(ばんすごろく)など、古くから伝わる遊びを体験できます。子どもから大人まで楽しめる内容です。ぜひご参加ください!!
  DSC02241  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
          貝覆い                  投扇興
期間: 2017年3月25日(土)~4月23日(日)までの土・日のみ

時間: 13:30~16:00(受付は15:30まで)
場所: 体験コーナー(常設展示室内)

料金: 体験無料

  (ただし常設展観覧料【一般510円 高校・大学200円 中学生以下無料】が必要です。)

申し込み: 不要 当日体験コーナー(常設展示室内)にお越し下さい。
お問い合わせ先: 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当

TEL 0258-47-6135

FAX 0258-47-6136


2017年度体験コーナーチラシ(前期)(PDF)

「新潟県の猫伝説」を題材とした作品を募集します(締切ました)

2017年03月10日

新潟県立歴史博物館では、平成29年度春季企画展として「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち-」を開催する予定です。この企画展にあわせて、以下の要領で「新潟県の猫伝説」を題材とした作品を募集します。応募作品の中から主催者が展示作品を選んで展覧会の会場に展示します。


テーマ: 「新潟県の猫伝説」を題材とした平面の作品
      ※新潟県の猫伝説には、「踊りに来た猫又」、「雲洞庵の北高和尚と火車落としの
       袈裟」、「猫の恩返し」などがあります。詳しくはこちらをごらんください。
サイズ: 四つ切(380㎜×540㎜)以下のサイズ
      水彩、クレヨン、鉛筆、コンピューターでのイラスト、写真等素材は自由
      (コンピューター等で製作した場合は印刷出力したものを提出すること)
応募資格:未発表作品に限る
      基本的に個人の応募になりますが、学校の美術部等、団体で応募をご希望の場合は事前
      にご連絡ください。
締め切り:平成29年3月20日(月・祝)まで
応募方法:作品の裏面に必要事項を記入した以下の応募用紙(作品のサイズにあわせて縮小可)を
      添付し、自己負担での郵送または博物館まで直接持参してください。
      作品は折り曲げないようにしてください。

      応募用紙(Microsoft Excel)
      応募用紙(PDF)
その他
 ・応募作品が展示される場合は連絡いたします。また、作者の同意を得た上で氏名を公表する場合
  があります。
 ・応募作品は展示する都合上、額装等を行う場合があります。
 ・応募作品は原則として返却しません。返却が必要な場合には応募用紙の返却の要・不要欄にその旨
  を記載し、企画展終了後2週間以内に直接、博物館に取りに来てください。
  (返送をご希望の場合は着払いになります)





「新潟県の猫伝説」を題材とした作品募集のお知らせ(PDF)


春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年―アートになった猫たち―」のご案内はこちら

3月常設展示ワンポイント解説予定

2017年03月06日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【3月常設展示ワンポイント解説予定】
3月4日(土)13:00~「古代の布」(浅井研究員)
 奈良平安時代、税などとしても用いられた布類について解説します。
  
3月5日(日)13:00~「佐渡で作られた銭」(渡部研究員)
 佐渡では金銀のほかに銅も採れました。江戸時代に佐渡で作られた銅銭について解説します。
  
3月11日(土)13:00~「阿賀の鍾馗様と除災信仰」(板橋研究員)
 阿賀地方の鍾馗様の祭りを災厄の視点から解説します。
  
3月12日(日)13:00~「近世城下絵図の見方」(田邊研究員)
 高田城下絵図を中心に城下絵図の見方について解説します。
  
3月18日(土)13:00~「縄文時代の犬」(西田研究員) 
 現在のところ、最古の縄文時代のイヌは7000年前の遺跡から埋葬された状態で見つかっています。
 当時の人とイヌの関わりについて解説します。
  
3月19日(日)13:00~【2016年度 第3回ゲスト解説】
 ゲストに柏崎市博物館学芸員の渡邉三四一さんをお迎えし、「かしわざきの一押し名物-トウキ・
 雪海苔・綾子舞-」と題して解説いただきます。
  
3月25日(土)13:00~「弓矢は武器だったのか?」(山本研究員)
 縄文展示では狩りの道具として認めている弓矢ですが、石鏃の刺さった人骨の存在などから、
 縄文時代に戦争の痕跡を認める考え方もあります。果たしてその実態はどうだったのか、
 最近の研究を紹介しつつ考えます。
  
3月26日(日)13:00~「トイレ」(大楽研究員)
 魚沼市大倉の佐藤家住宅を中心に、昔のトイレの構造や使用方法について解説します。
  


3月常設展示ワンポイント解説予定(PDF)

「福島しあわせ運べるように合唱団」によるミニコンサート(終了しました)

2017年03月05日

福島県二本松市杉田小学校合唱部を母体とした「福島しあわせ運べるように合唱団」が、長岡市民の東日本大震災復興支援に対して感謝の意を伝えるために、3月19日(日)、20日(月・祝)の2日間にわたり、長岡市内4カ所でミニコンサートを開催します。その会場の一つである新潟県立歴史博物館では、下記の日程でミニコンサートを開催します。子どもたちの歌声をぜひ聴きに来てください。


福島しあわせ運べるように合唱団
 福島県二本松市杉田小学校合唱部を母体とし、平成27年に二本松市の小中高校生約30名で結成された合唱団。元杉田小学校教諭の佐藤恵子先生の指導の下、阪神大震災があった平成7年に被災地・神戸で生まれた曲「しあわせ運べるように」の歌詞を「福島」や「ふるさと」に変えて歌い継いでいる。
  



◆開催日  平成29年3月20日(月・祝)
◆時間   11:10~11:40(予定)
◆場所   新潟県立歴史博物館 エントランスホール内 特設ステージ
◆主催   長岡交響楽団
◆共催   新潟県立歴史博物館
◆後援   長岡市 長岡市教育委員会
◆料金   無料
◆申込み  不要
◆演奏曲目 「笑顔の向こうに」「群青」「しあわせ運べるように」

岩田重信さんによる「アンギンづくり実演会」を開催します(終了しました)

2017年03月05日

新潟県立歴史博物館では、冬季企画展「すてきな布―アンギン研究100年―」展の関連イベントとして、岩田重信さんによる「アンギンづくり実演会」を開催します。
アンギンの布としての性質は、糸づくりによって大きく変わります。多くのアンギンのタテ糸はカラムシを手績みして諸撚り(もろより)の糸をつくっています。対してヨコ糸は、カラムシのほか、アカソやイラクサ、シナなど多様な植物の繊維を用いた片撚り(かたより)の糸をつくっています。
糸にこだわったアンギンづくりを実践する岩田さんの制作の様子をぜひご覧ください。


◆開催日 2017年3月19日(日)
◆時間  13:30~15:00
◆実演者 岩田重信さん
◆場所  新潟県立歴史博物館 エントランス
◆料金  無料
◆申込み 不要



        岩田さんが制作した糸にこだわったアンギン


冬季企画展「すてきな布―アンギン研究100年―」のご案内はこちら