トップページ>新着情報

新着情報

団体受け入れ状況(9/21~10/4)

2021年09月21日

学校団体などの受け入れの状況をお知らせします。

団体の予約やイベントがある場合のみ記載しています。

密を避けるためのご参考になさって下さい。

 

※9月21日(火)時点予定(予定は変更になる場合があります)
次回は10月4日に更新します

 

 

●9月21日(火)

休館日

 

●9月22日(水)

10:20~11:40 学校団体15名

 

●9月25日() 

団体予約なし

※ワンポイント解説「県内の七夕人形」(企画展示室)13:00~13:15

 

●9月26日(

団体予約なし

※ワンポイント解説「縄文人と四季」(常設展示室)13:00~13:15

※体験プログラム「七夕雛人形作り」(研修室)13:30~15:30

 

●9月27日(月)
休館日

 

●9月29日(水)

9:30~11:00   学校団体27名

12:00~14:00  学校団体34名

14:00~15:00  学校団体6名

 

●10月2日() 

10:20~11:40  学校団体49名

13:25~14:55  学校団体49名

※ワンポイント解説 13:00~13:15

※講座「七夕と盆」13:30~15:00(講堂)

 

●10月3日(

団体予約なし

※ワンポイント解説 13:00~13:15

※体験プログラム「七夕雛人形作り」(研修室)13:30~15:30

 

●10月4日(月)
休館日

 

 

「みなとぴあ」と当館で年中行事展をみてオリジナル缶バッジをもらおう!

2021年09月18日

新潟市歴史博物館(みなとぴあ)さんとのコラボ企画です。

 

新潟市歴史博物館(みなとぴあ)で開催中の「新潟のくらしと年中行事」(観覧無料、11月14日まで)

当館で開催中の新潟県立歴史博物館「四季のくらし、小さなまつり―新潟県の年中行事―」(11月7日まで)

両方をご観覧の方にオリジナル缶バッジをプレゼント!

 

①最初に行った博物館の受付で台紙をもらい、スタンプを押してもらう。

(当館の企画展示室出口にある台紙には、すでに当館のスタンプが押してあります。)

 

②もう一方の博物館での観覧後、受付でスタンプを押してもらう。

2つの博物館のスタンプがそろったら受付に提示する。

台紙1枚につき、両館の缶バッジを1個ずつ(2個セット)をプレゼント!

※絵柄はお選びいただけません。

 

スタンプの押印は、みなとぴあでは11月14日(日)まで、当館では11月7日(日)までです。
缶バッジへの交換は両館とも11月14日(日)までです。

 

 

スタンプが2個たまったら、受付にご提示ください。どの絵柄かはお楽しみに!

両館のオリジナル缶バッジが1個ずつ(2個セット)もらえるよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟市歴史博物館(みなとぴあ) 「新潟のくらしと年中行事」の詳細はこちら

 

新潟県立歴史博物館(当館) 「四季のくらし、小さなまつり―新潟県の年中行事―」の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟県立歴史博物館の新型コロナウイルスの感染防止対策とお願い

2021年09月16日

【新潟県立歴史博物館の新型コロナウイルスの感染防止対策とお願い】

 

ご来館の皆さまの安全面を考慮し、当館では下記の対応を行っています。

 

・館入口及び企画展入口で検温を実施しています。熱のある方や風邪の諸症状のある方は、回復後の入館をお待ちしています。

 

・正面入口や常設展入口などに消毒用アルコールを用意しております。こまめな手指の消毒をお願い致します。

※これは今回に限っての対策ではなく、以前より通常に行ってきたものですが、新型コロナウィルスに対する感染拡大防止策として、ご入館の際、確実に消毒を実行されるようお願いいたします。

 

・スタッフがマスク着用で応対することがあることをご了承ください。

 

・企画展等は、展示室の混雑状況によっては入場制限を行う場合があります。

 

・当分の間、毎週土日に開催していた「体験コーナー」はお休みとさせていただきます。

(会場を研修室に変更し、会場内の定員を限定しながらの「体験プログラム」は不定期に開催しています。詳しくはHPをご覧ください。)

 

・当分の間、図書コーナー・映像情報コーナーの利用を中止するほか、常設展の一部の展示資料で観覧を制限するものがあります。
(音声解説器および講堂映像の利用は再開しています。)

 

 

〇ご来館、ご入館に当たってのお願い

・ 館内ではマスクの着用をお願いします。

 

・ 館内では、人との間隔を空けてくださるようお願いします。

 

・ 咳・発熱などの症状がある方、体調に不安のある方、新型コロナウイルス感染者や感染の疑いが高い方々に濃厚接触のあった方はご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。

 

・ ご入館後は手洗い、咳エチケットなどの一般的な感染症対策をお願いいたします。

 

・ ご来館中に体調をくずされた場合は、無理せずお近くのスタッフまでお声がけください。

 

 

【参考リンク先】

厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

一般社団法人日本感染症学会

http://www.kansensho.or.jp/modules/topics/index.php?content_id=31

 

・なお、今後の国内および県内の感染状況の変化等により対応が変更することもあります。

 

 

 

9月常設展示ワンポイント解説

2021年09月15日

―参加するお客様にお願い―

マスクの着用、手指の消毒をお願いします。

●咳・発熱などの症状がある方、体調に不安のある方、新型コロナウイルス感染者や感染の疑いが高い方々に濃厚接触のあった方はご来館をご遠慮くださいますようお願いいたします。

●参加者の把握と記録のため、参加票記入にご協力をお願いします。参加票に記入し、当日の解説担当にお渡しください。ご記入いただいた情報は、博物館で保管し、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を目的とした保健所等公的機関への情報提供以外の利用はいたしません。

 

 

【9月常設展示ワンポイント解説予定】

スケジュールや内容の変更もありえますので、当日受付でご確認ください。

 

9月18日(土)13:00~
浅井研究員「佐渡に流された人」
【場所】新潟県のあゆみ◆古代の新潟
【概要】古代以来様々な人々が佐渡島に配流されていることについて解説します。

 

 

9月19日(日)13:00~
山本研究員「上越線全通記念博覧会と水族館」
【場所】新潟県のあゆみ◆近代の新潟
【概要】昭和6年、上越線全通記念博覧会の際、第二会場として寺泊水族館が造られます。その後、現在まで90年に至る水族館の歴史を紹介します。

七夕飾りの人形(糸魚川市根知)

 

 

9月25日(土)13:00~

三国研究員「県内の七夕行事」
【場所】企画展示室◆入口集合
【概要】七夕に人形を飾る習俗の事例を比較し、七夕行事について考えます。

 

 

9月26日(日)13:00~
西田研究員「縄文人と四季」
【場所】縄文人の世界◆入口集合
【概要】四季の変化に合わせた縄文人のくらし方について考えます。

 

 

 

【重要なお知らせ】9月17日(金)から再開いたします

2021年09月15日

新潟県立歴史博物館は新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、9月3日(金)から休館しておりましたが、9月17日(金)から再開いたします。

 

秋季テーマ展示「四季のくらし、小さなまつり―新潟県の年中行事―」は、予定どおり9月18日(土)から開催しますが、ご来館の際には以下の点について留意されるようお願いします。

 

① 館内ではマスクの着用をお願いします。
② 入館の際には、備え付けの消毒薬による手指の消毒をお願いします。
③ 館内では、人との間隔を空けてくださるようお願いします。
④ 発熱がある場合や体調がすぐれない場合には、来館を控えてくださるようお願いします。
⑤ 企画展示室の混雑状況によっては入場制限を行う場合があります。

 

 

新潟県立歴史博物館の新型コロナウイルスの感染防止対策とお願いはこちら

 

秋季テーマ展示「四季のくらし、小さなまつり―新潟県の年中行事―」の詳細はこちら

 

 

体験プログラム「七夕雛人形作り」(9/19.26、10/3.24.31)

2021年08月29日

現在、通常土日祝に開催していた「体験コーナー」はお休みしていますが、会場を変更し、会場内の人数を制限しながら「体験プログラム」を開催しています。

 

 

【体験プログラム「七夕雛(ひな)人形作り」】

秋季テーマ展示「四季のくらし、小さなまつり―新潟県の年中行事―」に関連した体験プログラムです。
かつて新潟県胎内市の村松浜では、8月はじめに雛人形を作り、8月7日の七夕祭りの最後に人形をつるした舟を海に流し、盆の精霊を迎える行事をおこなっていました。

折り紙や半紙を使って、胎内市村松浜に伝わる七夕雛人形作りに挑戦します。

 

 

期 日:9月19日(日)・9月26日(日)/10月3日(日)・24日(日)・31日(日)

※10月10日(日)・17日(日)は体験プログラムはお休みです

 

時 間:13:30~15:30(受付終了は15:00)

 

場 所:県立歴史博物館 研修室

 

定 員:会場内の人数は20名まで(混雑時はお待ちいただく場合があります)

 

事前申込み:不要、当日受付

 

体験料:無料 ただし常設展観覧券のご提示が必要です。

 

村松浜に伝わる「七夕雛人形の作り方」を参考に作ってみました。皆さんも挑戦してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

折り紙でかわいい年中行事グッズを作ることもできます。

 

なお、体験に参加してくださった方に「秋季テーマ展示オリジナルポストカード」をお1人様1枚プレゼントします。

 

 

 

 

 

―お客さまへお願い―

●事前申し込みは必要ありませんが、体験受付時に、参加される方のお名前と連絡先をご記入いただきます。

●開催日時や開催場所にご注意ください。

●マスクの着用、手指の消毒をお願いします。

●新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、変更または中止になる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「四季のくらし、小さなまつり–新潟県の年中行事–」(9/18~11/7)

2021年08月25日

家や村々で伝えられてきた小さなまつりは、季節ごとの祈りや楽しみとして伝承され、人と自然、地域、世代をつなぐ大切な場でした。社会が変化する中、季節のうつろいや人々のつながりを感じる大切な機会として、今その価値は見直されようとしています。

 

本展示では、新潟のくらしの中で育まれてきた四季折々の年中行事に関する資料 約250点から、人々の季節の感じ方や神仏との関わり方について考えます。

 

 

 

 

 

◆ 会 期  令和3年9月18日(土)~11月7日(日)

 

◆ 時 間  9:30~17:00

(観覧券の販売は16:30まで)

 

◆ 場 所  新潟県立歴史博物館 企画展示室

新潟県長岡市関原町1-2247-2

TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47-6136

 

◆ 休館日  月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)

 

◆ 観覧料  常設展観覧料でご覧いただけます。

一般520円(410円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料

※(  )は20名様以上の団体料金

 

 

秋季テーマ展示 展示資料リスト(PDF)

 

 

 

 

 

 

 

盆の精霊を迎える馬(村上市岩船)

七夕飾りの人形(糸魚川市根知)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連講座・イベント】

※今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、中止・変更の場合があります。

 

講座「七夕と盆」

 

日時:令和3年10月2日(土)13:30~15:00

 

講師:三国 信一(当館研究員)

 

会場:当館研修室(定員18名 要申込 無料)

 

七夕行事と盆行事は一般的には全く別の行事として知られていますが、実際は共通の要素が多く、一連の行事として伝承している地域もあります。身近でありながら謎の多い七夕と盆について、行事を比較しながら考えます。

 

 

○トークライブ「糸魚川市百川の小正月行事」

賽の神行事のデクさん(糸魚川市百川)

 

日時:令和3年10月10日(日)13:30~14:30

 

語り手:小林 勝彦さん(百川鳥追い賽の神保存会)

 

聞き手:三国 信一(当館研究員)

 

会場:当館研修室(定員18名 要申込)

 

 

○講座 「日待と月待 ―石仏が語る信仰―」

 

日時:令和3年10月16日(土)13:30~15:00

 

講師:大楽 和正(当館研究員)

 

会場:当館研修室(定員18名 要申込 無料)

 

日の出を待って夜明かしする行事を「日待(ひまち)」といいます。一方、決まった月齢の夜に集まり、月の出を拝む行事を「月待(つきまち)」といいます。干支の「庚申(かのえさる)」の夜に集まる庚申待は、日待の中でも最も一般的で、各地で庚申講が組織され、多くの庚申塔の石仏が建てられました。新潟県内の日待・月待に関する石仏の分布を読み解きながら、日の出、月の出を拝する信仰について探ります。

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。

講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

【体験プログラム】

※今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、中止・変更の場合があります。

 

「七夕雛人形作り」

かつて新潟県胎内市の村松浜では、8月はじめに雛人形を作り、8月7日の七夕祭りの最後に人形をつるした舟を海に流し、盆の精霊を迎える行事をおこなっていました。

折り紙や半紙を使って、胎内市村松浜に伝わる七夕雛人形作りに挑戦します。

 

 

期日:9月19日(日)・9月26日(日)

10月3日(日)・24日(日)・31日(日)

※10月10日(日)・17日(日)は体験プログラムはお休みです

 

時間:13:30~15:30(受付終了は15:00)

体験プログラムに参加してくださった方には「秋季テーマ展示オリジナルポストカード」をお1人様1枚プレゼント!

 

場所:県立歴史博物館 研修室

 

定員:会場内の人数は20名まで

(混雑時はお待ちいただく場合があります)

 

事前申込み:不要、当日受付

 

体験料:無料 ただし常設展観覧券のご提示が必要です。

 

 

 

 

 

【新潟市歴史博物館(みなとぴあ)とのコラボ企画】

新潟市歴史博物館(みなとぴあ)で開催中の「新潟のくらしと年中行事」(観覧無料、11月14日まで)と当館の「四季のくらし、小さなまつり―新潟県の年中行事―」の両方をご観覧の方に(それぞれの博物館のオリジナル缶バッジを1個ずつ(2個セット)をプレゼントします。

※絵柄はお選びいただけません。