トップページ>新着情報

新着情報

冬季企画展「越後・佐渡の温泉文化」(1/18~3/8)

2019年11月05日

新潟県では全市町村から温泉が湧出しており、源泉数は全国第13位、宿泊施設のある温泉地数は151件で全国第3位を誇ります。また、歴史的にみても、松之山温泉が草津、有馬とともに古くから「日本三大薬湯」として親しまれるなど、全国的にも有数の温泉地と認識されています。近代においても、たびたび起こる温泉ブームでは県内のみならず全国から著名人、文化人をはじめ多くの人達が訪れ、活況を呈してきました。
本展覧会では、このような新潟県の温泉に関する歴史や文化を概観し、現在につながる温泉大県「新潟県」を再認識してみたいと考えます。

 

 

「滑稽旅烏」赤倉温泉 十返舎一九 作、 歌川国直 画

◆ 会 期  令和2年1月18日(土)~3月8日(日)

 

◆ 時 間  9:30~17:00

(観覧券の販売は16:30まで)

 

◆ 場 所  新潟県立歴史博物館 企画展示室
新潟県長岡市関原町1-2247-2
TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47-6136

 

◆ 休館日  月曜日(月曜が祝休日の場合は翌日)

 

◆ 観覧料  一般520円(410円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料
※(  )は20名様以上の団体料金

 

 

【展示構成】

プロローグ 温泉とは?

温泉の定義

 

第一章 江戸時代以前の温泉利用

  越後松之山温泉之図

 

県内の伝統的温泉地の歴史

湯治文化

コラム1 上杉謙信の隠し湯

コラム2 温泉と薬師信仰

 

 

第二章 近代の温泉利用

新しい温泉の開湯

温泉掘削ブーム

温泉療養効果の認識の普及

観光ブームと温泉

交通と温泉

個人旅行と秘湯ブーム

コラム3 温泉と適応症

 

 

第三章 越後佐渡の温泉を訪れた文人墨客

岡倉天心(赤倉温泉)、岡本太郎(赤倉温泉)、川端康成(越後湯沢温泉)、与謝野晶子・鉄幹(赤倉温泉、池の平温泉、瀬波温泉)、尾崎紅葉(赤倉温泉)、田山花袋(赤倉温泉)、徳富蘆花(赤倉温泉)有島武郎(赤倉温泉)、木下杢太郎(赤倉温泉)、笹倉明(月岡温泉)、坂口安吾(松之山温泉)、竹久夢二(出湯温泉)、石原慎太郎(出湯温泉)、會津八一(出湯温泉)、折口信夫(出湯温泉)、相馬御風(出湯温泉)、森本哲郎(鷹ノ巣温泉)、生田蝶介(鷹ノ巣温泉)

コラム4 温泉ソムリエ発祥の地 新潟赤倉温泉

 

 

エピローグ

新潟県温泉マップ

 

 

【記念講演会】 (参加無料、要申し込み)

  絵葉書「銀山平温泉」

「知れば知るほど楽しい温泉、にいがた温泉」

 

◆日 時  令和2年1月26日(日)13:30~15:00

 

◆講 師  山崎 まゆみ 氏(温泉エッセイスト)

 

◆場 所  当館講堂(定員150名)

 

◆料 金  無料

 

◆申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

◆申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1-2247-2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

 

 

 

鉄道模型走行実演会(12/1~1/5の土日)

2019年11月02日

長岡鉄道模型クラブのみなさんが、鉄道模型(実際の1/80の大きさ)を走らせます。こまかなところまで本物のように再現した模型を見て楽しむことができます。特急北越の鉄道模型や旧長岡駅舎を再現したジオラマなど、懐かしい風景に出会えます。おとなから子どもまで楽しめる無料のイベントです。

 

また、同会場にて「子ども縄文研究展2019 ~縄文のメッセージ、私のメッセージ~」を開催しています。こちらも観覧無料ですので、あわせてご観覧ください。

 

 

鉄道模型走行会2019チラシ(Pdf)

 

◆期日  令和元年12月1日(日)~令和2年1月5日(日)の土日のみ

 

◆時間  1日2回走行
①10:30~12:00

②14:00~16:00

 

◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室

※同会場にて「子ども縄文研究展2019 ~縄文のメッセージ、私のメッセージ~」を開催しています。平日は子ども縄文研究展のみで、走行実演会場は閉鎖しますのでご注意ください。

「子ども縄文研究展2019 ~縄文のメッセージ、私のメッセージ~」の詳細はこちら

 

◆主催  長岡鉄道模型クラブ

 

◆共催  新潟県立歴史博物館

 

◆申込み 不要

 

◆観覧料 無料 ※常設展示をご覧の場合は別途観覧料が必要(中学生以下は無料)

 

 

11月常設展示ワンポイント解説

2019年10月27日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。
最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。
料金は、常設展観覧料(一般520円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

 

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。観覧者のみなさまの質問にもお答えします。研究員との対話をお楽しみ下さい!

なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

 

【11月常設展示ワンポイント解説予定】

 

11月2日(土)13:00~ 「 江戸時代の顕微鏡 」(渡部研究員)

【場所】新潟県のあゆみ◆近世・近現代の人物

【概要】雪の結晶の観察など江戸時代の顕微鏡の利用について紹介します。

 

 

11月3日(日)13:00~ 「雪国の堆肥利用」(大楽研究員)

【場所】雪とくらし◆雪国点描

【概要】一枚の写真から雪国の堆肥の利用や運搬方法について読み解きます。

 

 

11月9日(土)13:00~ 「旧石器時代の人びとと動物」(橋詰研究員)

【場所】縄文人の世界◆入口集合

【概要】旧石器時代の日本列島にくらした人びとはどんな動物とかかわってきたのかについて解説します。

 

11月10日(日)13:00~ 「縄文時代の墓」(西田研究員)

【場所】 縄文人の世界◆入口集合

【概要】縄文時代の人々はどのように死者を葬ったのか、様々な事例についてお話します。

 

 

 

 

11月16日(土)13:00~ 「水沢謙一が記録した昔話」(三国研究員)

【場所】新潟県のあゆみ◆近世・近現代の人物

【概要】昔話研究者の水沢謙一が記録した昔話を楽しみます。

 

 

11月17日(日)13:00~ 「京極為兼三十三首和歌」(前嶋研究員) 

【場所】新潟県のあゆみ◆古代・中世の文化・交流

【概要】京極為兼は鎌倉時代後期の公卿・歌人です。

永仁6年(1298)に佐渡流罪となっています。

為兼が佐渡で詠んだとされる三十三首和歌について考えます。

 

 

 

 

11月23日(土)13:00~ 「古代の城下町」(浅井研究員)

【場所】新潟県のあゆみ◆近世の新潟

【概要】近世の城下町と古代の城下町の違いや類似点を紹介します。

 

 

11月24日(日)13:00~ 「お金荷の運送と江戸時代の海運」(田邊研究員)

【場所】新潟県のあゆみ◆近世・近現代の産物

【概要】江戸時代の海運についてお金荷の運送との関連から紹介します。

 

 

11月30日(土)13:00~ 「土偶形容器」(宮尾研究員)

【場所】縄文文化を探る◆出口集合

【概要】国指定重要文化財の新発田市村尻遺跡出土土偶形容器について考えます。

 

 

 

 

 

 

 

2019年度 後期(11月~3月)講座・講演会情報

2019年10月25日

当館にて、2019年度11月以降(2019年11月~2020年3月)に開催する講座・講演会情報をお知らせします。

クリックすると拡大します

 

 

 

2019年度 後期 講座・講演会一覧(11月~3月)(pdf)

 

 

 

 

年間リーフレットにはありませんでしたが、追加のイベントもございます。

【追加イベント情報】

○11月30日(土) 伝統芸能上演会

「佐渡文や人形と越後瞽女唄」  詳しくはこちら

 

 

○12月1日(日) 民俗芸能学会長岡大会 公開シンポジウム

「民俗芸能と宗教の関係を問い直す」  詳しくはこちら

※学会の会員外(一般の方)も参加可、事前申込は不要

 

 

 

■申し込み方法・手続き
申し込み方法は、「電話」「葉書」「ファックス」「メール」での申し込みとなります。
いずれも、希望講座名、お名前、住所、電話番号の4項目を明記してください。
講師都合等による実施日の延期(中止)ということもあります。その際、申し込み者にはご連絡を
いたしますが、申し込みされていない方へはご連絡できませんのでご注意ください。

 

■申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 メール:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

民俗芸能学会 公開シンポジウム「民俗芸能と宗教の関係を問い直す」(12/1)

2019年10月25日

新潟県立歴史博物館では、12月1日(日)に民俗芸能学会長岡大会 公開シンポジウム「民俗芸能と宗教の関係を問い直す」を開催します。

一般の方も参加が可能です。聴講無料、事前申込不要です。

ぜひご参加下さい。

 

 

 

期日  令和元年12月1日(日)

 

時間  13:00~15:30(一般受付 12:30~)

 

◆場所  新潟県立歴史博物館講堂

 

内容  ※詳しくはチラシをご覧ください

報告① 「来訪した瞽女さ、実は神様だ」鈴木 昭英 氏(瞽女唄ネットワーク会長)

報告② 「双盤・ドラマ化された念仏」 坂本 要 氏(筑波学院大学名誉教授)

報告③ 「遠山霜月祭における八幡信仰と御霊信仰」櫻井 弘人 氏(飯田市美術博物館専門研究員)

コーディネーター 小川 直之 氏(國學院大學教授)

 

定員  150名(当日参加・先着順)※一般参加可(会員外の方でも参加できます)

 

料金  無料

 

お問い合わせ先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1-2247-2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

民俗芸能学会長岡大会 公開シンポジウム(2019.12.1開催)チラシ(pdf)

 

 

伝統芸能上演会「春駒の集い」新井ふれあい会館(11/24)

2019年10月20日

新潟県立歴史博物館では、にいがた文化遺産活用推進プロジェクトを実施しています。

その関連イベントとして11月24日(日)に妙高市の新井ふれあい会館にて伝統芸能上演会「春駒の集い」を開催します。

「春駒」とは佐渡や上越地方に伝わるお祝いの歌や踊りです。当日は春駒の魅力を解説を交えて紹介します。

 

新時代の幕開けを祝う祝福芸が集結!

鑑賞無料、事前申込は不要です。ぜひご気軽にご参加下さい。

 

 

 

期日  令和元年11月24日(日)

 

時間  13:30~16:10(開場 13:00)

 

会場  新井ふれあい会館 ふれあいホール

妙高市上町9-1

 

◆出演 ※上演順

杉野沢民俗芸能保存会(妙高市)

門前春駒保存会(群馬県川場村)

岡田郷土芸能保存会(上越市)

野浦春駒保存会(佐渡市)

畑野春駒保存会(佐渡市)

西野谷芸能保存会(妙高市)

 

◆講演

「春駒とは何か」

講師:板橋 春夫 氏(日本工業大学教授)

 

定員  200名(当日参加・先着順自由席)

 

料金  鑑賞無料

 

お問い合わせ先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1-2247-2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

「春駒の集い」(新井ふれあい会館 11月24日開催)チラシ

 

 

 

佐渡文弥人形と越後瞽女唄(11/30)【受付終了】

2019年10月08日

※定員に達したため、受付を終了させていただきます。

 

新潟県立歴史博物館では、にいがた文化遺産活用推進プロジェクトを実施しています。

11月30日(土)には当館講堂にて「佐渡文弥人形と越後瞽女唄」を開催します。

鑑賞無料ですが、事前のお申し込みが必要です。

解説もあり、わかりやすく伝統芸能に触れることができます。

ぜひこの機会に新潟県立歴史博物館にお越しください。

 

 

 

期日  令和元年11月30日(土)

 

時間  13:30~16:00

 

◆演目

【第1部 瞽女唄】

祭文松坂 葛の葉子別れ

門付け唄 岩室

瞽女万歳 柱立て

発ち唄 伊勢音頭くずし

 

出演:越後瞽女唄葛の葉会
解説:鈴木昭英(瞽女唄ネットワーク会長)

 

【第2部 文弥人形】

近松門左衛門作 源氏烏帽子折

初段後半 卒塔婆引きの場

三段 烏帽子折り尽し

 

出演:佐渡 真明座
解説:池田哲夫(新潟大学名誉教授)

 

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

 

定員  150名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1-2247-2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

佐渡文弥人形と越後瞽女唄」(11月30日開催)チラシ