トップページ>活動情報>研究活動>『越後文書宝翰集 色部氏文書Ⅳ』『研究紀要22号』刊行(販売は4/3~)

活動情報

『越後文書宝翰集 色部氏文書Ⅳ』『研究紀要22号』刊行(販売は4/3~)

2021年04月02日

 

新刊情報です。
販売は4月3日(土)からとなります。
当館ショップや受付にて購入できます。また、郵送による販売も行っています。
詳しくは出版案内をご覧ください。


●『越後文書宝翰集 色部氏文書 Ⅳ』 

矢田俊文・片桐昭彦・新潟県立歴史博物館編 1,000円

色部氏は鎌倉時代以来村上市あたりに拠点をおいて活躍していた一族です。本書は『越後文書宝翰集』(国指定重要文化財、館所蔵)のうち、全10巻中の第10巻(42通)を写真付きで解説しています。
42通のうち35通は天正18年~19年の秀吉政権による奥州仕置に関係する文書で、天正18年の小田原攻め後の豊臣政権の地域支配政策がどのようなものであったのかがわかる文書がそろっています。

 

 

 

 

●『新潟県立歴史博物館研究紀要 第22号』2021年3月

新潟県立歴史博物館編 500円

 

内容はこちらをご覧ください。