トップページ>新着情報>岩手県立高田高校 実習船「かもめ」を展示しています

新着情報

岩手県立高田高校 実習船「かもめ」を展示しています

2018年02月20日

冬季企画展の新たな展示物として、岩手県立高田高校・海洋システム科の実習船「かもめ」を企画展示室前ロビーに搬入しました。
この船は、陸前高田市広田町に陸揚げされていたものが、東日本大震災にともなう津波で流され、2年以上太平洋上を漂流した後、約8,000㎞離れたアメリカ合衆国カリフォルニア州クレセント市の海岸に漂着したものです。2013年10月22日、2年7ヶ月ぶりに陸前高田市に帰還し、現在は陸前高田市立博物館に収蔵されています。
当館では、この実習船「かもめ」を企画展終了の3月21日(水・祝)まで展示しています。


  
実習船「かもめ」搬入の様子


冬季企画展「守れ!文化財-博物館のチカラ、市民のチカラ-」のご案内はこちら