トップページ>2017年

2017年

講座・講演会情報(1~3月)

2017年01月17日

以下のPDF資料にて、当館の1月から3月の講座・講演会情報をお知らせします。
みなさまからのご参加をお待ちしております。



講座・講演会情報 1~3月(PDF 595KB)

講座「布を読み解こう~糸づくりに注目して~」(1月21日開催)

2017年01月17日

講師 : 陳 玲(当館研究員)

冬季企画展関連講座。自家製布の特徴といえば、作り手が身近にあるありふれた素材を利用し、生活のニーズに応じて作ったもの。そこには、素材の選択、採取、繊維の抽出まで、布づくりのわざと作り手の美意識が凝縮されています。そのような特徴を掴みながら、糸づくりに注目して解説します。


◆期日  2017年1月21日(土) 

◆時間  13:30~15:00

◆会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆定員  50名(要申込)

◆料金  無料

◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」のご案内はこちら


2016年度後期 講座・講演会一覧(PDF)

冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」

2017年01月09日

開催期間 : 2017年1月21日(土)~3月20日(月・祝)

すてきな布アンギン。天然の植物を利用したアンギンはまぼろしの布です。新潟の小林存さんの発見にはじまり、津南の滝沢秀一さんをはじめ、多くの人々を魅了してきました。アンギンは、越後妻有の歴史に新たな光をあて、地域活性の力になっています。
本企画展は、アンギン研究の歩みとともに、十日町市博物館や津南町歴史民俗資料館に収集されている国指定重要有形民俗文化財32点をはじめとするアンギンの魅力を紹介し、廣田幸子さんに協力いただきアンギンづくりの技術復活をめざします。
        %e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8%e3%80%80%ef%bd%88%ef%bd%90%e7%94%a8   %e3%81%99%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%aa%e5%b8%83%e5%b1%95%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7b%e6%a1%88%e5%85%a5%e7%a8%bf%e5%86%8d_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_2-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
会期  2017年1月21日(土)~3月20日(月・祝)
時間  9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)
場所  新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料 一般610円(480円)、高校・大学生400円(320円)、中学生以下無料
      ※(  )は20名様以上の団体料金
      お得な割引情報
関連イベント
 ・講座「布を読み解こう~糸づくりに注目して~」
   日時:1月21日(土)13:30~15:00  会場:当館研修室(定員50名 要申込み)
   講師:陳 玲(当館研究員)
 ・講座「縄をつくる~布をつくるために~」
   日時:1月28日(土)13:30~15:00  会場:当館研修室(定員25名 要申込み)
   講師:宮尾 亨(当館研究員)
 ・特別対談「アンギンの発見者-小林存(ながろう)を語る-」
   日時:2月19日(日)13:30~15:00  会場:当館講堂(定員150名 要申込み)
   講師:駒形覐氏(日本民俗学会・新潟県民俗学会 名誉会員)、陳玲(当館研究員)
 ・講演会「アンギンと日本のタテ捩り(もじり)織物」
   日時:3月5日(日)13:30~15:00  会場:当館講堂(定員150名 要申込み)
   講師:吉本 忍 氏(国立民族学博物館 名誉教授)
その他
 ・図録
   館内ショップにて販売中!

講演会「日本の門付芸と民俗音楽」(2月5日 ミュゼ雪小町にて)

2017年01月08日

当館では、今年度、にいがたの門付け芸を活かした地域活性化事業を実施しています。当該事業の一環として、2月5日(日)には、ミュゼ雪小町(あすとぴあ高田5階)にて講演会を開催します。
國學院大學兼任講師・文化審議会専門委員の小野寺節子氏から「日本の門付芸と民俗音楽」と題して、御講演いただきます。
        170205_%e7%ac%ac4%e5%9b%9e%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a_%e4%b8%8a%e8%b6%8a-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

◆期日  平成29年2月5日(日)
◆時間  13:30~15:00(受付 13:00から)
◆会場  ミュゼ雪小町 ギャラリー (上越市本町5-4-5 あすとぴあ高田5階)
◆講師  小野寺 節子 氏(國學院大學兼任講師・文化審議会専門委員)
◆定員  100名(要申込・先着順)
◆共催  上越市教育委員会
◆料金  無料
◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。
◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

「新潟県の猫伝説」を題材とした作品を募集します

2017年01月05日

新潟県立歴史博物館では、平成29年春に「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち-」を開催する予定です。この企画展にあわせて、以下の要領で「新潟県の猫伝説」を題材とした作品を募集します。応募作品の中から主催者が展示作品を選んで展覧会の会場に展示します。


テーマ: 「新潟県の猫伝説」を題材とした平面の作品
      ※新潟県の猫伝説には、「踊りに来た猫又」、「雲洞庵の北高和尚と火車落としの
       袈裟」、「猫の恩返し」などがあります。詳しくはこちらをごらんください。
サイズ: 四つ切(380㎜×540㎜)以下のサイズ
      水彩、クレヨン、鉛筆、コンピューターでのイラスト、写真等素材は自由
      (コンピューター等で製作した場合は印刷出力したものを提出すること)
応募資格:未発表作品に限る
      基本的に個人の応募になりますが、学校の美術部等、団体で応募をご希望の場合は事前
      にご連絡ください。
締め切り:平成29年3月20日(月・祝)まで
応募方法:作品の裏面に必要事項を記入した以下の応募用紙(作品のサイズにあわせて縮小可)を
      添付し、自己負担での郵送または博物館まで直接持参してください。
      作品は折り曲げないようにしてください。
       応募用紙(Microsoft Excel)
       応募用紙(PDF)
その他
 ・応募作品が展示される場合は連絡いたします。また、作者の同意を得た上で氏名を公表する場合
  があります。
 ・応募作品は展示する都合上、額装等を行う場合があります。
 ・応募作品は原則として返却しません。返却が必要な場合には応募用紙の返却の要・不要欄にその旨
  を記載し、企画展終了後2週間以内に直接、博物館に取りに来てください。
  (返送をご希望の場合は着払いになります)


「新潟県の猫伝説」を題材とした作品募集のお知らせ(PDF)

平成29年度博物館実習実施のお知らせ(1月25日受付開始)

2017年01月04日

新潟県立歴史博物館では、平成29年9月25日(月)から10月5日(木)まで、博物館実習を実施いたします。
申し込みを希望される方は、以下の実施要項をご覧の上、受付期間中に所定の申込書をご提出ください。

◆実習期間   平成29年9月25日(月)から10月5日(木)まで
◆定員     15人
◆申し込み方法 当館が定めた様式に沿った申込書の提出によって受け付ける
◆受付期間   平成29年1月25日(水)から3月4日(土)まで
◆その他    詳細は「平成29年度 新潟県立歴史博物館 博物館実習実施要項」をご覧ください


平成29年度 新潟県立歴史博物館 博物館実習実施要項(PDF)
平成29年度 新潟県立歴史博物館 博物館実習実施要項(Word)

1月常設展示ワンポイント解説予定

2017年01月04日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【1月常設展示ワンポイント解説予定】
1月 7日(土)13:00~「36・38豪雪」(田邊研究員)
 昭和36年、38年の豪雪について歴史的な視点で紹介します。
1月 8日(日)13:00~「戦国時代色部氏の盛衰」(前嶋研究員)
 戦国時代に越後下越に勢力をもっていた色部氏の盛衰について、上杉氏・長尾氏との関わりなどから
 考えます。  
1月14日(土)13:00~「古代の官衙について」(浅井研究員)
 古代、地方の行政を行った役所の形態について解説します。  
1月21日(土)13:00~「高田の雁木通り」(渡部研究員) 
 昭和30年代前半の高田の雁木通りを歩きながら、当時の雪国の町のくらしについて解説します。  
1月22日(日)13:00~「鏡の歴史」(山本研究員)
 現在のガラス鏡となる以前の金属鏡を中心に、鏡の歴史の一端をお話しします。  
1月28日(土)13:00~「雪下ろし」(大楽研究員)
 雪下ろしの手順や道具について解説します。  
1月29日(日)13:00~「村上市小俣の正月行事」(三国研究員)
 村上市小俣の正月行事について解説します。  


※1月15日(日)はサイノカミのためお休みします。


1月常設展示ワンポイント解説予定(PDF)