トップページ>2017年

2017年

山本 哲也(やまもと てつや)

2017年03月24日

所属  学芸課

職名  専門研究員

学位  昭和61年 文学士

略歴

昭和38年 北海道生まれ

昭和57年 北海道旭川東高校卒業

昭和61年 國學院大學文学部史学科(考古学専攻)卒業

昭和62年 千葉県君津市役所・(財)君津郡市文化財センター派遣

平成 7 年  國學院大學博物館学研究室助手

平成11年 東京家政大学非常勤講師

平成13年 新潟県立歴史博物館…現在に至る

専門分野  博物館学

所属学会  全日本博物館学会、日本展示学会、日本ミュージアム・マネージメント学会、新潟県石仏の会

主要研究課題

ミュージアム・マネージメント、博物館のバリアフリー、博学連携(博物館と学校の連携)、博物館史・博物館学史、博物館建築史、展示学

著書・論文等

平成28年
 『大正・昭和前期 博物館学基本文献集成』上・下 編著
 『博物館研究』8月号(特集「博物館における民具を考える」編集担当、総論「博物館における民具を考える」執筆)

平成27年
 『博物館研究』8月号(特集「博物館のイベント事情」編集担当、総論「博物館のイベント事情」執筆)

平成26年
 『博物館研究』2月号「博物館建築の競技設計の歴史―戦前の様相について」
 『博物館研究』8月号(特集「サブカルチャーと博物館」編集担当、総論「サブカルチャーと博物館」執筆)

平成25年
 『博物館研究』8月号(特集「博物館の機能を展示する視点」編集担当、「博物館の機能を展示する視点―“博物館学の展示”の提唱」執筆)
 『地域をつなぐ―火焔街道博学連携プロジェクトの10年―』執筆・編集 火焔街道博学連携推進研究会
 「聚珍宝庫の博物館学的意義」『博物館学雑誌』第39巻第1号 全日本博物館学会

平成24年
 『博物館研究』8月号(特集「プラネタリウムの現在」編集担当)日本博物館協会
 『博物館学人物史・下』(「名村五八郎元度」「ワグネル、ゴットフリード」「大森啓助」「高島春雄」担当) 雄山閣

平成23年
 『博物館学事典』(執筆・編集)雄山閣
 「博物館学史の編成について」『博物館学雑誌』第37巻第1号 全日本博物館学会(2012年度全日本博物館学会賞)

平成22年
 『博物館学人物史・上』(「ケプロン、ホーレス」「九鬼隆一」「木場一夫」担当) 雄山閣
 「「博物館」成立前後に海外の「展示」を見てきた日本人―日本における博物館展示の始原との関わりを考える―」『展示学』第48号 日本展示学会

平成21年
 「日本に於けるしょうがい者教育の黎明と手島精一」『博物館学雑誌』第35巻第1号 全日本博物館学会
 「特集 博物館/障害者/バリアフリー」『大阪人権博物館紀要』第11号

平成20年
 「生涯学習の場としての博物館」『歴史評論』No.701 校倉書房
 「史跡、博物館と地域連携―新潟県・信濃川火焔街道の活動と博学連携―」『國學院大學考古学資料館紀要』第24輯

平成19年
 「「博物館学」を遡る」『博物館学雑誌』第33巻第1号 全日本博物館学会
 「バリアフリーであること、バリアフリーを伝えること~ユニバーサルな社会を目指す博物館の試み~」『だれもが楽しめるユニバーサル・ミュージアム~“つくる”と“ひらく”の現場から』読書工房

平成18年
 「風土記の丘と博物館」『史跡整備と博物館』雄山閣

平成17年
 「大正~昭和初期の博物館建築競技設計資料について」『國學院大學博物館學紀要』第29輯

平成16年
 『博物館のウラおもて―レプリカの真実―』新潟県立歴史博物館 平成15年度冬季企画展解説書

平成15年
 「博物館資料情報論(試論)」『博物館学雑誌』第28巻第2号

平成14年
 「ハンズ・オンの解釈をめぐって」『博物館学雑誌』第27巻第2号(全日本博物館学会・学会奨励賞)

平成12年
 「聴覚しょうがい者と博物館」『博物館学雑誌』第25巻第2号「博物館社会学」「博物館倫理学」 『新版・博物館学講座』第1巻「博物館学概論」雄山閣「高齢社会と博物館」『新版・博物館学講座』第3巻「現代博物館論-現状と課題-」

平成11年
 「我が国における博物館経営論の推移」『國學院大學博物館學紀要』第23輯

平成10年
 「博物館建築と環境論史の一断面-昭和前期の動向をめぐって-」『國學院大學博物館學紀要』第22輯

平成9年
 「博物館のバリアフリー計画」『國學院大學博物館學紀要』第21輯

『新潟県立歴史博物館研究紀要』

第18号(2017)「入館者数の分析・傾向把握とその活用方策について」
第16号(2015)「「雪まつり発祥の地」と博物館―「日本海-雪国-と博物館」補遺―」
第15号(2014)「新潟県立歴史博物館の体験コーナーにおけるオリジナルプログラム開発と実践
        その3:小判・ミニ銅鐸・ミニ石仏」
       「震災の被災文化財修復について―長岡市蒼柴神社の備前焼狛犬の例から―」
第14号(2013)「新潟県立歴史博物館の体験コーナーにおけるオリジナルプログラム開発と実践
        その2:「江戸時代のお金を作ろう」」
第13号(2012)「久米邦武と岩倉使節団報告『米欧回覧実記』」
       「新潟県立歴史博物館の体験コーナーにおけるオリジナルプログラム開発と実践」
第12号(2011)「日本海―雪国―と博物館」
第9号(2008)「博物館学におけるバリアフリー研究の現状について」
第8号(2007)特集・新潟県中越大震災
       「博物館再開後の展覧会等の復興支援活動」
       「新潟県中越地震速報(新潟県立歴史博物館の場合)」(再掲)
       「新潟県中越大震災・新潟県立歴史博物館関連文献一覧」
第3号(2002)「地域博物館のマネージメント展開-新潟県立歴史博物館の展望(1)-」

その他

「博物館関係文献資料紹介」『学会ニュース』(全日本博物館学会)に連載

(1)復興東京帝室博物館関係(1)(平成21年)(2)復興東京帝室博物館関係② (3)高島春雄の著作から(4)まんがはじめて物語 (5)『亜行日記』の正体 (以上、平成22年)(6)雑誌『科学知識』(7)剥製とその展示(8)博物館人の伝記(9)プラネタリウム①(以上、平成23年)(10)プラネタリウム②(11)各館の歴史の記録(12)「学芸員」という職名(13)地域別博物館案内(以上、平成24年)(14)『博物館めぐり』(15)積雪科学館『まどのゆき』(16)動物園とサーカス(17)『樺太庁博物館の歴史』に学ぶ(以上、平成25年)(18)「現代美術館問題」特集(19)戦前の中国事情関連文献(20)『東京科学博物館案内』(以上、平成26年)(21)『社会科文庫』付録(平成27年)

担当企画展

(企画展)

・新潟県立歴史博物館にて開催

平成27年度 「UMIAGARI-海揚がり-日本海に沈んだ陶磁器」

平成26年度 「黄金期の浮世絵 歌麿とその時代」

平成24年度 上越新幹線開業30周年記念展「奇跡の新幹線―開業、震災、そして30年―」

平成19年度 「かやぶき民家展―早津絵画から広がる世界―」

平成15年度 「博物館のウラおもて―レプリカの真実―」

平成14年度 「移民物語~弁当からミックスプレートへ~ 多文化社会ハワイの日系アメリカ人」

(その他の展覧会)

・新潟県立歴史博物館にて開催・新潟県立歴史博物館の展覧会

平成19年度 春の特別企画 「早津剛 かやぶき民家絵画展」

平成17年度 「歴史博物館 5年の軌跡」

平成16年度 「世界のバリアフリー絵本展」

・火焔街道博学連携プロジェクト主催展覧会

平成15年度以降(毎年開催) 「子ども縄文研究展~縄文のメッセージ・私のメッセージ~」

・新潟県立歴史博物館友の会主催展覧会

平成15年度以降  「マイ・コレクション・ワールド」(平成25年度で10回を数える)

平成28年度 「田中長嶺展」(ながおか田中長嶺事績顕彰会共催)

平成23年度 「東日本大震災と文化財レスキュー展」

平成22年度 新潟県立歴史博物館友の会10周年記念展覧会「友の会の10年、博物館との10年」

平成17年度 歴博友の会創作活動展「歴史をつくる、歴史からつくる」

平成16年度 新潟県中越大震災復興支援展覧会「震度7 それでもわが大地を愛す」

スタッフ一覧に戻る

平成29年度体験コーナー(前期)のご案内

2017年03月21日

平成29年度体験コーナー(前期)一覧ができました。このうち4月29日(土・祝)から開催する「ネコ缶バッジを作ろう!」と、8月19日(土)から開催する「ミニ草履の飾りを作ろう!」が新メニューです。大勢の皆様からご参加いただければ幸いです。

2017年度体験コーナーチラシ(前期)(PDF)

春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年―アートになった猫たち―」

2017年03月21日

開催日時 : 2017年4月15日(土)~6月4日(日)

猫は、人が愛玩し、人を癒やし、私たちの暮らしに寄り添ってきた動物です。そのため人との関わりのなかで物語や絵画に多く登場します。“200(にゃ~)年”の言葉通り、今から200年前の江戸時代にも猫ブームがあり、浮世絵の画題に多くとりあげられました。幕末浮世絵では歌川国芳、広重が、明治には芳年とその弟子芳藤たち、そして大正になると竹久夢二、藤田嗣治、水野年方らが個性的な猫を描きました。
美人画や戯画に登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、役者の顔で着物を着た猫の他に、恐ろしい化け猫などなど、喜怒哀楽を表現した“猫たち”の姿を楽しむとともに、その時代の猫へのまなざしをごらんください。
           

会期   2017年4月15日(土)~6月4日(日)
時間   9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)※初日は11:00~
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(ただし5月1日は開館)
観覧料  一般820円(650円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下無料
       ※(  )は20名様以上の団体料金
関連イベント
 ・講演会「黒猫奇譚(くろねこきたん)―今も昔も猫が好きな芸術家たち―」
   日時:5月14日(日)13:30~15:00  会場:当館講堂(定員150名 要申込み)
   講師:中右 瑛 氏(国際浮世絵学会常任理事)
 ・講座「新潟県の猫伝説」
   日時:5月21日(日)13:30~15:00  会場:当館講堂(定員150名 要申込み)
   講師:高橋郁丸 氏(イラストレーター・新潟妖怪研究所所長)

※講座・講演会の申込みは4月1日から受付させていただきます。
 

いにしえの遊びを楽しもう(3月25日~4月23日の土日)

2017年03月21日

当館では3月25日(土)~4月23日(日)までの土日に、体験コーナー「いにしえの遊びを楽しもう」を開催します。
貝覆い(貝合わせ)、投扇興(とうせんきょう)、盤双六(ばんすごろく)など、古くから伝わる遊びを体験できます。子どもから大人まで楽しめる内容です。ぜひご参加ください!!
  DSC02241  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
          貝覆い                  投扇興
期間: 2017年3月25日(土)~4月23日(日)までの土・日のみ

時間: 13:30~16:00(受付は15:30まで)
場所: 体験コーナー(常設展示室内)

料金: 体験無料

  (ただし常設展観覧料【一般510円 高校・大学200円 中学生以下無料】が必要です。)

申し込み: 不要 当日体験コーナー(常設展示室内)にお越し下さい。
お問い合わせ先: 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当

TEL 0258-47-6135

FAX 0258-47-6136


2017年度体験コーナーチラシ(前期)(PDF)

友の会展「第14回マイ・コレクション・ワールド」

2017年03月17日

開催期間 : 2017年6月17日(土)~7月9日(日)

新潟県立歴史博物館友の会会員だけではなく、広く一般のコレクターが収集したコレクションの展覧会。平成16年に始まって、今回が14回目となります。
コレクターそれぞれのコレクションにかける意気込みや、コレクションの来歴を披露。多様なコレクションの内容はもちろん、多様な人生にまで触れることのできる展覧会です。


    
  手ぬぐいのコレクション(第13回展より)     貧乏徳利(第13回展より)


会期   2017年6月17日(土)~7月9日(日)
時間   9:30~17:00
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日
観覧料  無料

「新潟県の猫伝説」を題材とした作品を募集します(締切ました)

2017年03月10日

新潟県立歴史博物館では、平成29年度春季企画展として「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち-」を開催する予定です。この企画展にあわせて、以下の要領で「新潟県の猫伝説」を題材とした作品を募集します。応募作品の中から主催者が展示作品を選んで展覧会の会場に展示します。


テーマ: 「新潟県の猫伝説」を題材とした平面の作品
      ※新潟県の猫伝説には、「踊りに来た猫又」、「雲洞庵の北高和尚と火車落としの
       袈裟」、「猫の恩返し」などがあります。詳しくはこちらをごらんください。
サイズ: 四つ切(380㎜×540㎜)以下のサイズ
      水彩、クレヨン、鉛筆、コンピューターでのイラスト、写真等素材は自由
      (コンピューター等で製作した場合は印刷出力したものを提出すること)
応募資格:未発表作品に限る
      基本的に個人の応募になりますが、学校の美術部等、団体で応募をご希望の場合は事前
      にご連絡ください。
締め切り:平成29年3月20日(月・祝)まで
応募方法:作品の裏面に必要事項を記入した以下の応募用紙(作品のサイズにあわせて縮小可)を
      添付し、自己負担での郵送または博物館まで直接持参してください。
      作品は折り曲げないようにしてください。

      応募用紙(Microsoft Excel)
      応募用紙(PDF)
その他
 ・応募作品が展示される場合は連絡いたします。また、作者の同意を得た上で氏名を公表する場合
  があります。
 ・応募作品は展示する都合上、額装等を行う場合があります。
 ・応募作品は原則として返却しません。返却が必要な場合には応募用紙の返却の要・不要欄にその旨
  を記載し、企画展終了後2週間以内に直接、博物館に取りに来てください。
  (返送をご希望の場合は着払いになります)





「新潟県の猫伝説」を題材とした作品募集のお知らせ(PDF)


春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年―アートになった猫たち―」のご案内はこちら

3月常設展示ワンポイント解説予定

2017年03月06日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【3月常設展示ワンポイント解説予定】
3月4日(土)13:00~「古代の布」(浅井研究員)
 奈良平安時代、税などとしても用いられた布類について解説します。
  
3月5日(日)13:00~「佐渡で作られた銭」(渡部研究員)
 佐渡では金銀のほかに銅も採れました。江戸時代に佐渡で作られた銅銭について解説します。
  
3月11日(土)13:00~「阿賀の鍾馗様と除災信仰」(板橋研究員)
 阿賀地方の鍾馗様の祭りを災厄の視点から解説します。
  
3月12日(日)13:00~「近世城下絵図の見方」(田邊研究員)
 高田城下絵図を中心に城下絵図の見方について解説します。
  
3月18日(土)13:00~「縄文時代の犬」(西田研究員) 
 現在のところ、最古の縄文時代のイヌは7000年前の遺跡から埋葬された状態で見つかっています。
 当時の人とイヌの関わりについて解説します。
  
3月19日(日)13:00~【2016年度 第3回ゲスト解説】
 ゲストに柏崎市博物館学芸員の渡邉三四一さんをお迎えし、「かしわざきの一押し名物-トウキ・
 雪海苔・綾子舞-」と題して解説いただきます。
  
3月25日(土)13:00~「弓矢は武器だったのか?」(山本研究員)
 縄文展示では狩りの道具として認めている弓矢ですが、石鏃の刺さった人骨の存在などから、
 縄文時代に戦争の痕跡を認める考え方もあります。果たしてその実態はどうだったのか、
 最近の研究を紹介しつつ考えます。
  
3月26日(日)13:00~「トイレ」(大楽研究員)
 魚沼市大倉の佐藤家住宅を中心に、昔のトイレの構造や使用方法について解説します。
  


3月常設展示ワンポイント解説予定(PDF)