トップページ>2017年

2017年

冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」

2017年12月17日

開催期間 : 2018年1月13日(土)~3月21日(水・祝)

文化財は、誰が、どのように守っているのか。博物館はその役割を担っている機関として存在しますが、市民のチカラこそ重要です。博物館がどのように守っているのか。また、自然災害発生に伴って、どのような活動をしているのか。文化財を「守る」というその姿を知ってもらい、その意義を感じてもらいたいと思います。


          


会期   2018年1月13日(土)~3月21日(水・祝)
時間   9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料  一般510円(400円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料
        ※(  )は20名様以上の団体料金
関連イベント
 ・「陸前高田 奇跡のオルガン」コンサート
   日時:2月11日(日・祝)①13:30~ ②15:00~ 会場:講堂(定員 各回150名 要申込み)
   演奏:伊藤園子氏(日本リードオルガン協会)
 ・トークイベント「監視係のチカラ、説明員のチカラ」
   日時:3月4日(日)13:30~15:00 会場:講堂(定員150名 要申込み)
   講師:宇佐江みつこ氏(岐阜県美術館監視係)& 新潟県立歴史博物館案内説明員
 ・ギャラリートーク
   日時:3月17日(土)13:30~15:00 会場:企画展示室(申込不要)
 ・講演会「博物館で守るということ(仮題)」
   日時:3月17日(土)13:30~15:00  会場:講堂(定員150名 要申込み)
   講師:半田昌之氏(公益財団法人日本博物館協会・専務理事)
 ・講座「みんなで守ろう―IPM講座―虫(Insect)のピンチ(P)から守る(M)?」
   日時:3月21日(水・祝)13:30~15:00  会場:研修室他(定員15名 要申込み)
   講師:三国信一(当館研究員)

古文書講座ー越後文書宝翰集を読み解くー前編・後編(1月20日、27日)

2017年12月16日

講師 : 前嶋敏(当館研究員)

新潟県立歴史博物館の所蔵する古文書群「越後文書宝翰集」は、中世の新潟県を知るうえでの最重要資料のひとつです。この文書群は全部で44巻722通あり、大きく18群に分類されますが、今年はそのうち胎内市を拠点に活動した三浦和田氏に関する古文書を解読しながら、当時の越後について考えます。


期日  2018年1月20日、1月27日(いずれも土曜日) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

定員  35名(要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

2017年度後期 講座・講演会一覧(PDF型式)

講座「火焔型土器の国際交流」(2月10日開催)

2017年12月16日

講師 : 宮尾亨(当館研究員)

平成28年10月、長岡市岩野原遺跡出土火焔型土器など計4点の縄文土器が大英博物館に3か年の予定で貸し出されました。それに先立つこと平成24年7月には津南町堂平遺跡出土の火焔型土器1点が同じく大英博物館に5か年(3か年延長更新)貸し出されています。これらの縄文土器が大英博物館へと貸し出された経緯に触れ、文化財を活用した国際交流や共同研究の成果を紹介します。


期日  2018年2月17日(土) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

定員  50(要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

2017年度後期 講座・講演会一覧(PDF型式)

12月常設展示ワンポイント解説予定

2017年11月28日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【12月常設展示ワンポイント解説予定】
12月 2日(土)13:00~「越後の大名家の武鑑」(渡部研究員)
 江戸時代に刊行された武鑑から越後の大名家の概要について紹介します。
  
12月 3日(日)13:00~ 第2回ゲスト解説
 新潟県埋蔵文化財調査事業団の荒川隆史さんをゲスト解説者にお迎えし、「青田遺跡の研究成果」について解説していただきます。
  
12月 9日(土)13:00~「中里貝塚の二枚貝」(山本研究員)
 東京都中里貝塚の二枚貝の様子から、二枚貝の生態、縄文人の利用の実態を考えます。
  
12月10日(日)13:00~「寺地遺跡の配石と木柱」(宮尾研究員)
 寺地遺跡の配石遺構には4本の木柱が伴っていたと考えられています。それらの意味を考えます。
  
12月16日(土)13:00~「戊辰戦争と錦旗」(田邊研究員) 
 展示中の北征将軍仁和寺宮御凱陣越後御通過図から戊辰戦争時の錦旗について解説します。
  
12月17日(日)13:00~「本庄繁長の乱」(前嶋研究員)
 永禄11年(1568)、揚北の武将本庄繁長は上杉謙信に敵対して挙兵しましたが、これは武田信玄と手を組んだ結果でもありました。この乱と信玄・謙信の関わりについて考えます。
  
12月23日(土)13:00~「大師講のダイシ様」(三国研究員)
 11月(または12月)23日~24日に行われた大師講という行事について解説します。
  
12月24日(日)13:00~「キリスト生誕の頃の新潟」(西田研究員)
 紀元1世紀の新潟は何時代だったでしょう。同時代の新潟と世界を概観します。
  

民俗行事「サイノカミ」(2018年1月14日開催)

2017年11月26日

県立歴史博物館では、2018年1月14日(日)に民俗行事「サイノカミ」を開催します。
雪原の上に藁(わら)やカヤなどで、大きなサイノカミを作り、それを燃やして豊作や無病息災を祈る越後の冬の民俗行事です。関原サイノカミ有志の会の方々のご協力を得て、高さ約18mの巨大なサイノカミを焚き上げます。門松や注連縄なども一緒に燃やすことができます。
ぜひ、巨大なサイノカミをご家族でご覧ください。


      

              2017年1月15日のサイノカミ


日時 2018年1月14日(日)15:00点火予定
場所 県立歴史博物館 北側広場
料金 無料
申込 不要

<お願い>
当日は、当館駐車場のほかに、動物愛護センター、馬高縄文館、なじらーての駐車スペースをご利用になれます。博物館周辺の道路は駐車禁止です。お乗り合わせでおいでいただくなど、路上駐車がないようご協力をお願いします。

巡回展「縄文の造形美ー六反田南遺跡ー」が開幕しました!!

2017年11月25日

本日から、新潟県埋蔵文化財センター巡回展「縄文の造形美―六反田南遺跡―」が開幕しました。午前中には開場式、内覧会が行われました。


     
         開場式の様子               内覧会の様子


開場式では、主催者を代表し、新潟県埋蔵文化財センター事務局長の清野一善氏による御挨拶がありました。また、十日町市文化財課課長 佐野誠市氏、糸魚川市文化振興課 磯野茂氏らを交えてテープカットが行われました。

その後行われた内覧会では、新潟県埋蔵文化財調査事業団の荒川隆史氏から、展示品の魅力についてたっぷりと語っていただきました。
当企画展は12月17日(日)まで開催します。ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。


春季企画展「おふだにねがいを―呪符―」のご案内はこちら

常設展示ワンポイント解説 第2回ゲスト解説(終了しました)

2017年11月18日

新潟県立歴史博物館では、毎週土・日に、当館研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。2015年度からは、それに加えて外部からのゲスト解説者によるワンポイント解説を開催しています。
2017年度第2回のゲスト解説は、12月3日(日)に開催します。新潟県埋蔵文化財調査事業団の荒川隆史さんから、「青田遺跡の研究成果」と題して解説いただきます。
なお、同日2回にわたり(11:00~、14:00~)、荒川さんより「縄文の造形美ー六反田南遺跡ー」展の展示解説もしていただく予定です。ぜひご参加ください。





日時  2017年12月3日(日)13:00~13:30頃まで
場所  新潟県立歴史博物館 常設展示室内 縄文文化を探る・出口集合
講師  荒川隆史 氏(新潟県埋蔵文化財調査事業団)
料金  常設展観覧料(一般510円、高校・大学生200円、中学生以下無料)
申込み 不要


12月常設展示ワンポイント解説予定のご案内はこちら