トップページ>2017年

2017年

7月常設展示ワンポイント解説予定

2017年06月26日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【7月常設展示ワンポイント解説予定】
7月1日(土)13:00~「縄文時代の造形」(宮尾研究員)
 新潟県域の縄文土器を中心に縄文時代の人びとがつくったものを考えます。
  
7月2日(日)13:00~「縄文の食べ物」(西田研究員)
 縄文時代の食材、調理方法について解説します。
  
7月8日(土)13:00~「実はスゴいぞ! 柿崎古墓」(湯本研究員)
 柿崎古墓の文化財的価値を学びます。この解説を聞けば、なぜこの展示が当館にあるのか
 わかります。
  
7月9日(日)13:00~ 第1回ゲスト解説
 上越市教育委員会の福原圭一さんをゲストにお迎えし、「古文書にみる柿崎景家」と
 題して解説いただきます。
   
7月15日(土)13:00~「国立銀行と銀行券」(山本研究員) 
 明治5年、国立銀行条例に基づき設立された銀行が153行ありました。当該銀行と、
 そこで発行された銀行券について解説します。
  
7月16日(日)13:00~ 未定  


※7月22日(土)~8月6日(日)は中学生ボランティアが「縄文人の世界」をご案内するため、
 研究員によるワンポイント解説はお休みします。
  
  

中学生ボランティアガイド(7月22日~8月6日の土日)

2017年06月25日

中学生ボランティアガイドは、この夏、4年目を迎えます。
今年も、地元、長岡市立関原中学校の3年生が、当館のボランティアガイドとして活動します。
ご希望の皆さまに、常設展「縄文の世界」のみどころをご案内します。また体験コーナーのお手伝いもします。
この夏は中学生ボランティアガイドと一緒に、歴史にふれてみませんか。


中学生ボランティアガイド
活動日  7月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)
      8月5日(土)、6日(日)
活動時間 午後1時30分~4時
活動内容
・常設展「縄文人の世界」のみどころ案内 ※案内無料、常設展示室の観覧料は必要
・体験コーナー「むかしの遊び道具で遊ぼう」の補助


シリーズ「子ども」連続講座「子どものための博物館ーその歴史と今ー」(7月8日開催)

2017年06月24日

講師 : 山本哲也(当館研究員)

社会教育施設でもある博物館は、本来あらゆる年齢層に対応するべきものですが、利用者層を意識したもの、中でも子どものための博物館(チルドレンズ・ミュージアム)が存在します。日本におけるチルドレンズ・ミュージアムや学校博物館の歴史、そして現在の様相を確認しながら、博物館が担う役割の一端を考えてみます。


◆ 期日  2017年7月8日(土) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  50名(要申込)

◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度前期講座一覧(PDF)

講座「縄をつくる糸をつくる」(7月22日開催)

2017年06月24日

講師 : 宮尾亨(当館研究員)

縄文土器という名称をもたらした縄目文様をつくる様々な縄を紙テープでつくります。一見不合理にみえるような撚り方の様々な縄の撚り方を実習し、そのような縄の生まれた背景を考えます。また、縄文土器の文様との関わりについて考えている仮説を紹介します。


◆ 期日  2017年7月22日(土) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  25名(要申込)

◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度前期講座一覧(PDF)

「第14回マイ・コレクション・ワールド」が開幕しました

2017年06月17日

いよいよ本日6月17日(土)から、友の会展「第14回マイ・コレクション・ワールド」が開幕しました。午前中には、その開場式および内覧会が行われました。


     
       開場式の様子               内覧会の様子


毎年恒例のマイ・コレクション・ワールド。14回目となる今回は、昭和の人形たち、大相撲の浴衣切れ、火縄銃の装具、上越新幹線開業35周年鉄道グッズなど、15名のコレクターによる、いずれも見応えのあるコレクションが出品されています。
内覧会では、出品者15名が、それぞれのコレクションの来歴やコレクションにかける意気込みを披露しました。

本展覧会は、7月9日(日)まで開催します。観覧無料となっていますので、ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。



友の会展「第14回マイ・コレクション・ワールド」のご案内はこちら

平成29年度 非常勤嘱託員(案内説明員)募集のお知らせ(受付終了しました)

2017年06月12日

新潟県では、以下の要領で当館(新潟県立歴史博物館)の非常勤嘱託員を1名募集します。


◆受付期間   平成29年6月12日(月)から平成29年6月23日(金)まで(受付終了しました
        ※応募者多数の場合は募集期間を短縮する場合があります。
◆面接日    平成29年6月28日(水)
◆勤務予定期間 平成29年7月23日から平成30年3月31日まで
        ※産前産後休暇及び育児休業を取得する非常勤嘱託員の代替として勤務します。
        ※勤務実績が良好で、当該非常勤職員の職が継続される場合には、任用期間を
         更新(1年以内)する場合があります。
        ※代替職員を必要とする理由が消滅した場合は、採用されても途中で退職して
         いただくことがありますので、あらかじめご承知おきください
◆募集人員   1名
◆業務内容   ・入館者の受付、観覧券の販売、集計の業務
        ・展示場における展示物等の説明・監視の業務
        ・体験活動、案内、広報の業務 等
 [非常勤嘱託員とは]
  ・有期限の短時間勤務の職員で、専門的又は特定の分野の業務に従事します。


詳しくは以下の新潟県ホームページ〔非常勤嘱託員(新潟県立歴史博物館 案内説明員)の募集〕をご覧ください。


新潟県ホームページ〔非常勤嘱託員(新潟県立歴史博物館 案内説明員)の募集〕

平成29年度 非常勤職員(企画展監視員)募集のお知らせ(受付終了しました)

2017年06月07日

新潟県では、以下の要領で当館(新潟県立歴史博物館)の非常勤職員(企画展監視員)若干名を募集します。


募集期間   受付終了しました
面接日    応募後随時
勤務予定期間 ①平成29年7月21日(金)~平成29年9月3日(日)
        ②平成29年9月16日(土)~平成29年10月29日(日)
        ※上記①②両方の期間勤務できる方が望ましいですが、①あるいは②のいずれか
         一方の期間のみの勤務を希望する方も受け付けます。
募集人員   1~2人
業務内容   企画展示室の監視・もぎり等
        (主な業務)
        ・開催中の企画展の監視
        ・チケットもぎり
        ・開場式接遇     ほか
 [非常勤職員とは]
  ・有期限の短時間勤務の職員で、常勤職員の補助的業務に従事します。


詳しくは以下の新潟県ホームページ〔非常勤職員(新潟県立歴史博物館 企画展監視員)の募集〕をご覧ください。


新潟県ホームページ〔非常勤職員(新潟県立歴史博物館 企画展監視員)の募集〕