トップページ>新着情報>講座情報

新着情報

シリーズ「子ども」連続講座「双子の考古学・民族学」(終了しました)

2017年04月19日

講師 : 西田泰民(当館研究員)

双子は特別な意味のある出産だという認識が世界各地に見られ、双子についての習俗や伝説が知られています。これを考古学資料に結びつけることができるのか考察します。


◆期日  2017年6月3日(土) 

◆時間  13:30~15:00

◆会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆定員  50名(要申込)

◆料金  無料

◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

国際博物館の日記念講座「博物館のチカラ」(終了しました)

2017年04月16日

講師 : 山本哲也(当館研究員)

博物館は何のためにあるのでしょう?地域をつなぐため?文化財を守るため?それとも見せるため?ひとくちには言い表せない博物館の存在価値を「チカラ」ととらえ、考えます。


◆期日  2017年5月20日(土) 

◆時間  13:30~15:00

◆会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆定員  50名(要申込)

◆料金  無料

◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

講演会「新潟県の猫伝説」(終了しました)

2017年04月16日

講師 : 高橋郁丸氏(イラストレーター・新潟妖怪研究所所長)

人を取って食べてしまう恐ろしい猫から、世話になったお礼に、自ら働きに出て恩返しをした健気な猫まで。新潟県内の猫伝説をご紹介します。


◆期日  2017年5月21日(日) 

◆時間  13:30~15:00

◆会場  新潟県立歴史博物館 講堂

◆定員  150名(要申込)

◆料金  無料

◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち-」のご案内はこちら

講演会「黒猫奇譚(くろねこきたん)-今も昔も猫が好きな芸術家たち-」(終了しました)

2017年04月06日

講師 : 中右瑛 氏(国際浮世絵学会常任理事)

「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち」展の展示作品について、竹久夢二の作品を中心に、夢二と黒猫にまつわるエピソードを交えて解説します。


◆期日  2017年5月14日(日) 

◆時間  13:30~15:00

◆会場  新潟県立歴史博物館 講堂

◆定員  150名(要申込)

◆料金  無料

◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち-」のご案内はこちら



2017年度前期講座一覧(PDF)

講座「動物園学・水族館学の人びと」(終了しました)

2017年03月01日

講師 : 山本 哲也(当館研究員)

平成23年度にスタートした「博物館学人物伝」の第7回です。今回は、分野別博物館学とも言うべき「動物園学」「水族館学」に焦点を当て、日本の動物園の発展に尽力した古賀忠道をはじめ、「動物園学」を初めて提唱した中川志郎などの人物を取り上げます。


◆期日  2017年3月18日(土) 

◆時間  13:30~15:00

◆会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆定員  50名(要申込)

◆料金  無料

◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp



2016年度後期 講座・講演会一覧(PDF)

講演会「アンギンと日本のタテ捩り(もじり)織物」(終了しました)

2017年02月21日

講師 : 吉本 忍 氏(国立民族学博物館名誉教授)

アンギンはこれまで「編物」として理解されてきましたが、タテ捩り織組織の「織物」として位置づけられます。そうしたタテ捩り織組織の織物は、日本最古の織物であり、その織り技術は、アンギンのみならず、茣蓙(ゴザ)や莚(ムシロ)、簾(スダレ)や葭簀(ヨシズ)などを織る技術として継承されていることについて解説します。


期日  2017年3月5日(日) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

定員  150名(要申込)

料金  無料

申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」のご案内はこちら



2016年度後期 講座・講演会一覧(PDF)

講座「教科書の中の考古資料」(終了しました)

2017年01月19日

講師 : 宮尾 亨 (当館研究員)

学校教育で使用される教科書の中で引用される考古資料を通して、現代社会の中での考古学や博物館の意味を考えます。


◆期日  2017年2月11日(土・祝) 

◆時間  13:30~15:00

◆会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆定員  50名(要申込)

◆料金  無料

◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp



2016年度後期 講座・講演会一覧(PDF)