トップページ>>講座情報

国際博物館の日記念講座 「これからの博物館を考える」(終了しました)

2019年04月04日

講師 : 山本 哲也(当館研究員)

かつて、博物館学者・伊藤寿朗は、博物館の第三世代論を打ち立て、博物館のあるべき姿を描きました。では今博物館はその第三世代となっているのか、さらに第四世代とは何か、これからの博物館が求められるものとは何か。それを社会的包摂、負の遺産など、現代社会における課題をもとに考えてみます。

 

期日  令和元年5月18日(土)

 

時間  13:30~15:00

 

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定員  50名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

2019年度前期 講座・講演会一覧(2019・4~11月)(PDF)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春季企画展関連 れきはく寄席「怪談と妖怪の落語を楽しむ」(終了しました)

2019年03月18日

新潟大学落語研究部による「れきはく寄席」

歌川芳藤「五拾三次之内 猫の怪」 (中右コレクション)

 

江戸時代に成立した大衆芸能である落語にも妖怪ブームが大きく影響しており、多くの幽霊や妖怪が登場します。

新潟大学落語研究部による落語を楽しみながら、江戸時代の妖怪ブームに思いをはせてみませんか?

 

期日  令和元年5月12日(日)

 

時間  13:30~15:00

 

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

 

定員  150名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

2019年度前期 講座・講演会一覧(2019・4~11月)(PDF)













春季企画展 記念講演会 「浮世絵のなかの妖怪たち」(終了しました)

2019年03月16日

講師 : 香川 雅信 氏(兵庫県立歴史博物館 学芸課長)

江戸時代、浮世絵をはじめとして、絵双紙やカルタ、おもちゃ絵など様々な娯楽に登場した妖怪たち。江戸時代の妖怪ブームによって、人を怖がらせる存在から人を楽しませる存在に変化した様相に迫ります。

歌川国芳「相馬の古内裏・滝夜叉姫と大骸骨」(中右コレクション)

 

 

期日  令和元年5月19日(日)

 

時間  13:30~15:00

 

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

 

定員  150名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

2019年度前期 講座・講演会一覧(2019・4~11月)(PDF)

体験型講座「火焔土器の鶏頭冠をつくる」(終了しました)

2019年01月19日

講師 : 宮尾 亨 (当館研究員)

火焔土器を特徴づける鶏頭冠(けいとうかん)突起を紙粘土で実際につくります。単なる模倣ではなく、出土品を観察して復元した縄文時代の人びとと同じつくりを実習し、このような造形の意味を考えます。


期日  2019年3月9日(土)

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

定員  25名 (要申込、一般・親子対象)

料金  無料

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

 

 

 

講座「 “思い出として残すもの”と民俗学」(終了しました)

2019年01月18日

講師 : 三国 信一(当館研究員)

シリーズ「記念」連続講座⑦
民俗学の主な調査方法は聞き取り調査であり、その記録を対象として研究をすすめることが一般的です。しかし、人の記憶には不得意な分野があり、たとえば日時や作業の回数などが記憶されていることはまれです。また当時の形状や作業の実態を言葉のみで正確に知ることも容易ではありません。
近年、このような民俗学の課題を解消する資料として注目されているものが、個人の日記や写真アルバムです。そこには聞き取り調査では把握できない情報が含まれていることも多く、また「どんなことが思い出として残されたか」という視点からの研究も始められています。
本講座では、まだ糸口についたばかりの個人的な記録を扱った民俗研究について考えます。

 

期日  2019年3月16日(土)

 

時間  13:30~15:00

 

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定員  50名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

 

 

 

 

体験型講座「作ってみよう『本格まが玉』(冬の部)」(終了しました)

2019年01月17日

講師 : 山本 哲也(当館研究員)

一般に体験用として使う滑石(かっせき=硬度1)ではなく、やや硬い石材(硬度3)を使い、また、昔の製作技法も一部取り入れながら、ちょっとだけ本格的なまが玉づくりを体験します。

 

期日  2019年2月23日(土)

 

時間  13:30~15:30

 

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定員  30名(要申込、親子優先・一般も可)
※「一般」は中学生以上で個人参加が可能。「親子」は「保護者と小学生以下の組み合わせ」で複数名での参加を原則とします。

 

料金  材料費300円
※当館のショップで販売する「青田石(せいでんせき)」(300円)が必要です。

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2
TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp













体験型講座「縄をつくる・縄文をつくる」(終了しました)

2019年01月08日

講師 : 宮尾 亨(当館研究員)

縄の撚り方によって変化する縄文土器の模様を実習します。

 

 

期日  2019年3月2日(土)

 

時間  13:30~15:00

 

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定員  25名 (要申込、一般・親子対象)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

2018年度後期 講座・講演会一覧(PDF)はこちら