トップページ>新着情報

新着情報

5月常設展ワンポイント解説

2019年04月19日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。企画展観覧券で常設展も観覧できます。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひ週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

 

【5月常設展示ワンポイント解説予定】

 

5月4日(土)13:00~「令和と万葉集」(浅井研究員)

新元号の出典となった万葉集の記事について紹介します。

 

5月5日(日)13:00~「妖怪博士 井上円了」(田邊研究員)

長岡出身の妖怪博士・井上円了が提唱した妖怪学について解説します。

 

5月11日(土)13:00~「俳優 津川雅彦」(山本研究員)
晩年、縄文文化に魅せられ、2020年東京オリンピック・パラリンピックの聖火台に火焔型土器のデザイン採用を望んだ津川雅彦さんの人生の一端を、お話しします。

常設展ワンポイント解説の様子

 

 

5月12日(日)13:00~「鍬と犂」(大楽研究員)
田んぼを耕す道具である鍬と犂について解説します。

 

 

5月18日(土)13:00~「イヌと弓矢」(宮尾研究員)
縄文人の世界を特色づけるイヌと弓矢の存在を考えます。

 

 

5月19日(日)13:00~「正月料理と納豆」(大楽研究員)

※最初の予定から内容が変更になりました。
色部氏の正月料理に登場する納豆から、糸引き納豆と塩干納豆について考えます。

 

5月25日(土)13:00~「いろいろな年表」(橋詰研究員)
教科書などで目にする年表に今月から令和が加わります。宇宙、地球、生命、人など視点を変えた様々な歴史の年表についてお話します。

 

5月26日(日)13:00~「縄文時代の水産物」(西田研究員)
水に恵まれた日本列島にくらした縄文時代の人々の水産資源の利用について解説します。

 

 

 

 

 

春季企画展「浮世絵でみる!お化け図鑑」関連書籍コーナー設置図書館

2019年04月10日

春季企画展「浮世絵でみる!お化け図鑑」開催に合わせ県内の図書館様から関連書籍コーナーの設置にご協力をいただけることとなりました。このコーナー設置が皆様のお住まいの地域の図書館に足を運んでいただくきっかけとなれば幸いです。

また、お近くの図書館で関連図書に触れていただいた後は、ぜひ当館の企画展へご来場ください。

 

施 設 名 設置期間 住  所

電話番号

主な設置図書
 小千谷市立図書館  H31.4.23(火)

 ~R1.5.19(日)

 小千谷市土川1-3-7

 0258-82-2724

●浮世絵図鑑 江戸文化の万華鏡
●妖怪図譜 江戸の化物大集合
●ヘンな浮世絵
●あやしい美人画
 柏崎市立図書館
 H31.4.1(月)

 ~R1.6.2(日)

 柏崎市学校町2-47

 0257-22-2928

●知識ゼロからの浮世絵入門
●図説妖怪画の系譜
●歌川国芳いきものとばけもの
 五泉市立図書館
H31.4.20(土)

 ~R1.6.2(日)

 五泉市郷屋川1-1-8

 0250-43-3110

●怖い浮世絵
●浮世絵でみる!お化け図鑑
●日本妖怪考
 五泉市村松図書館  H31.4.20(土)

 ~R1.5.26(日)

 五泉市村松乙224番地2

 0250-58-1505

●月岡芳年妖怪百物語
●歌川国芳いきものとばけもの
●妖怪絵草紙
●幽霊画と異界
 上越市立高田図書館  H31.4.19(金)

 ~R1.5.15(水)

 上越市本城町8-30

 025-523-2603

●浮世絵細見
●高橋克彦の浮世絵ワンダーランド
●浮世絵カラー版
※浮世絵をテーマに展示
 十日町情報館
 H31.4.20(土)

 ~R1.6.2(日)

 十日町市西本町2-1-1

 025-750-5100

●妖怪図譜
●月岡芳年 妖怪百物語
●北斎妖怪百景
●浮世絵の鑑賞基礎知識
 長岡市立北地域図書館  H31.4.20(土)

 ~R1.6.2(日)

 長岡市新保町1399-3

 0258-22-7100

●ギョッとする江戸の絵画
●北斎の狂歌絵本
●妖怪図巻
●浮世絵図鑑
 長岡市立中央図書館  H31.4.16(火)

 ~R1.6.9(日)

 長岡市学校町1-2-2

 0258-32-0658

●妖怪学の祖 井上円了
●おばけ博士不思議庵主人
●歌川国芳いきものとばけもの
●妖怪絵巻 
 長岡市立西地域図書館  H31.4.1(月)

 ~R1.5.6(月)

 長岡市緑町3-55-41

 0258-27-4900

●怖い浮世絵
●妖怪図譜~江戸の化物大集合~
●知識ゼロからの浮世絵入門
 長岡市立栃尾地域図書館
 H31.4.20(土)

 ~R1.6.2(日)

 長岡市中央公園1-36

 栃尾文化センター内

 0258-53-3005

●新潟県伝説集成 中越篇
●新潟の妖怪
●山の怪奇・百物語
 長岡市立南地域図書館  H31.4.1(月)

 ~H31.4.30(火)

 長岡市曲新町556-7

 0258-30-3501

●怖い浮世絵
●月岡芳年妖怪百物語
●図説妖怪画の系譜
 新潟県立図書館  H31.4.23(火)

 ~R1.5.19(日)

 新潟市中央区女池南

 3-1-2

 025-284-6001

●浮世絵でみる!お化け図鑑
●怖い浮世絵
●知識ゼロからの浮世絵入門
 新潟市生涯学習センター図書館  H31.3.31(日)

 ~H31.4.30(火)

 新潟市中央区礎町通

  3ノ町2086

  025-224-2120

●浮世絵でみる!お化け図鑑
●図説浮世絵入門
●妖怪の理 妖怪の檻
 新潟市立白根図書館
 R1.5.2(木)

 ~R1.6.4(火)

 新潟市南区田中383

 025-372-5510

●江戸の怪談絵辞典
●怖い浮世絵
●ヘンな浮世絵

※設置期間や設置図書については変更となる場合があります。詳細は各図書館に直接お問い合わせください。

春季企画展「浮世絵でみる!お化け図鑑」のご案内はこちら

 

 

 

 

常設展示室の資料展示替えを行いました

2019年04月09日

当館では、この4月に常設展示室の資料展示替えを行いました。新たに展示した資料は以下の一覧表のとおりです。

             クリックすると拡大します




           上杉景勝書状




なお新潟県のあゆみ「近世・近現代の人物」で新たに展示した「万葉集略解」という資料は、新元号「令和」の出典となった箇所を紹介しています。


           万葉集略解




この機会にぜひ当館にお越しください。




平成31年4月展示資料替一覧表(PDF)











講座「氷河期末のハンターたち」(終了しました)

2019年04月06日

講師 : 橋詰 潤(当館研究員)

約16000~11500年前の氷河期の終わりに、地球の環境は寒暖が大規模かつ急激に変化することを繰り返しながら、現在と同じ温暖で安定した環境へと移りかわっていきました。この時期に生じた日本列島の人々の狩りの方法や道具の変化と、その背景としての環境変動について紹介します。

 

期日  令和元年6月1日(土)

 

時間  13:30~15:00

 

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定員  50名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

2019年度前期 講座・講演会一覧(2019・4~11月)(PDF)

 

 

 

国際博物館の日記念講座 「これからの博物館を考える」(終了しました)

2019年04月04日

講師 : 山本 哲也(当館研究員)

かつて、博物館学者・伊藤寿朗は、博物館の第三世代論を打ち立て、博物館のあるべき姿を描きました。では今博物館はその第三世代となっているのか、さらに第四世代とは何か、これからの博物館が求められるものとは何か。それを社会的包摂、負の遺産など、現代社会における課題をもとに考えてみます。

 

期日  令和元年5月18日(土)

 

時間  13:30~15:00

 

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

 

定員  50名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1ー2247ー2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

2019年度前期 講座・講演会一覧(2019・4~11月)(PDF)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お化け缶バッジを作ろう!」(終了しました)

2019年04月03日

4月20日(土)から6月2日(日)までの土日祝日に、体験コーナー「お化け缶バッジを作ろう!」を開催します。春季企画展「浮世絵でみる!お化け図鑑」で展示されている、浮世絵などに描かれたお化けや妖怪の画像をおさめた缶バッジを作ります。

 

ゴールデンウイーク期間中は体験コーナーも毎日開催しています。春季企画展「浮世絵でみる!お化け図鑑」をご覧になった後に、ぜひ常設展示室内体験コーナーにもお越しください。

 

 

期 間 4月20日(土)~6月2日(日)の土日祝日のみ
※ゴールデンウイーク期間中は毎日開催

 

時 間 13:30~16:00(受付は15:30まで)

 

場 所 新潟県立歴史博物館 常設展示室内体験コーナー

 

申込み 不要

 

体験料 無料

ただし常設展観覧料(一般510円、高校・大学生200円、中学生以下無料)は必要。企画展観覧券があれば、常設展観覧料は不要です。

 

お問い合わせ先 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当
TEL 0258-47-6135
FAX 0258-47-6136

 

 

2019年度体験コーナー チラシ(前期)PDF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月常設展ワンポイント解説

2019年03月29日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。企画展観覧券で常設展も観覧できます。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひ週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

 

【4月常設展示ワンポイント解説予定】

常設展ワンポイント解説の様子

 

4月6日(土)13:00~「佐渡の地理学者・柴田収蔵」(渡部研究員)

江戸時代後期の佐渡の地理学者・柴田収蔵と収蔵が描いた世界地図「新訂坤輿略全図」について解説します。

 

 

4月7日(日)13:00~「鈴木牧之と温泉」(浅井研究員)

鈴木牧之が残した温泉に関する記述について紹介します。

 

 

4月13日(土)13:00~「日本にゾウがいたころ」(橋詰研究員)

マンモスやナウマンゾウなど人とゾウが暮らしていた時代について紹介します。

 

 

4月14日(日)13:00~「新潟開港70周年で企画された博覧会」(山本研究員)

今年1月1日に開港150年を迎えた新潟港。昭和13年に70周年に当たって「日本海大博覧会」が企画されましたが、中止となりました。どのような博覧会が企画されたのか、解説します。

 

 

4月20日(土)13:00~「北越雪譜にみる越後の妖怪」(田邊研究員)

「浮世絵でみる!お化け図鑑」展にちなみ、北越雪譜に描かれた越後の妖怪について紹介します。

 

 

4月21日(日)13:00~「日本民俗学の先駆者 小林 存」(三国研究員)

川崎久一の著作『小林存伝 -日本民俗学の先駆者-』について考えます。

 

 

4月27日(土)13:00~「色部氏の年中行事について」(前嶋研究員)

色部氏の正月料理復元の根拠の一つとなっている色部氏年中行事という記録について考えます。

 

 

4月28日(日)13:00~「縄文土器のデザイン」(宮尾研究員)

縄文人の世界入口のレリーフを通して、縄文土器のデザインを考えます。