トップページ>新着情報>夏季企画展「黄金期の浮世絵 歌麿とその時代」(終了しました)

新着情報

夏季企画展「黄金期の浮世絵 歌麿とその時代」(終了しました)

2014年07月20日

開催期間 : 平成26年7月26日(土)~平成26年9月7日(日)

 浮世絵が最も華やかに展開した天明・寛政期(1781-1801)、八頭身美人を描いた鳥居清長に続き、喜多川歌麿は顔をクローズアップした美人大首絵で脚光を浴びました。本展では寛政から文化・文政期(1804-1830)を中心に、肉筆画を含む136点の美人画と役者絵を紹介します。歌麿とその弟子たち、東洲斎写楽や歌川豊国など、個性豊かな絵師たちによる華やかな時代の浮世絵をお楽しみください。
 また、描かれた生活道具の実物資料(江戸時代)から当時の様子をうかがうとともに、現代のポップカルチャーである「マンガ」も展覧します。時代を超えたポップカルチャー競演をお楽しみください。

          

◆ 会期  平成26年7月26日(土)~平成26年9月7日(日)(終了しました) 

◆ 時間  9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)

◆ 休館日 毎週月曜日(但し、8月4日は開催)
◆ 料金

分類料金団体料金(団体は20名以上)
一般720円570円
高校生・大学生500円400円
小学生・中学生無料無料
  ※リピーター割引
     過去の半券で本企画展の観覧料が2割引となります。割引のご利用は、
     過去に入館されたご本人に限ります。


◆ 展示総数  約175点
◆ 主な展示品
 ・喜多川歌麿「青楼三美人」(中右コレクション)
 ・喜多川歌麿「両国橋 橋上の女たち」(中右コレクション)
 ・東洲斎写楽「二世市川門之助 伊達の与作」(中右コレクション)
 ・お歯黒関係資料、キセル、柄鏡、かづら
 ・日本アニメ・マンガ専門学校生による作品


関連イベント情報はこちら