トップページ>企画展示>山の洲文化財交流事業「珠玉の国 新潟 ヒスイ,青玉,赤玉,」(9/14~11/10)

企画展示

山の洲文化財交流事業「珠玉の国 新潟 ヒスイ,青玉,赤玉,」(9/14~11/10)

2024年04月10日

新潟県には、縄文時代~古墳時代に広域で珍重されたアクセサリー素材であるヒスイが糸魚川に、碧玉が佐渡に、その産地が存在します。本展は令和4年に新潟県の石に指定された翡翠(ヒスイ)のみならず碧玉を加え、珠玉の国と言える新潟県の遺跡出土品を紹介します。

 

また、縄文時代から全国各地へと広がっていた新潟県の産品のルーツと広がりを知ってもらう試みとして、中央日本4県令和6年度山の洲文化財交流事業の一環で静岡県、山梨県、長野県のようすを示し、先史時代の交流について考えます。

 

 

 

◆ 会 期  2024年9月14日(土)~11月10日(日)

 

 

◆ 時 間  9:30~17:00

(観覧券の販売は16:30まで)

 

◆ 場 所  新潟県立歴史博物館 企画展示室

(新潟県長岡市関原町1-2247-2)

TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47-6136

 

◆ 休館日  月曜日(月曜が祝休日の場合は翌日)

 

◆ 観覧料  常設展観覧料でご覧いただけます。

〔一般520円(410円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料〕

※(  )は20名様以上の団体料金

※ キャッシュレス決済も可能です

 

◆ 主 催  静岡県、山梨県、長野県、新潟県(中央日本4県)

 

 

 

 

 

「珠玉の国 新潟」チラシ(PDF)

 

 

 

【関連イベント】

〇シンポジウム「珠玉の国 新潟 ヒスイ,青玉,赤玉,」
日時:9月16日(月・祝)13:00~16:50 ※受付開始12:30

内容:
・基調講演「ヒスイから見た縄文世界と地域交流」栗島 義明 氏(明治大学黒曜石研究センター)
・静岡県、山梨県、長野県、新潟県による報告
・パネルディスカッション

場所:新潟日報メディアシップ2F日報ホール(新潟市中央区万代3-1-1)

定員:先着200名

聴講無料、要事前申込(電話・メール・FAXで歴史博物館講座係まで)

 

〇関連講座「ニイガタの石で身をかざる」

日時:9月28日(土)13:30~15:00

講師:橋詰 潤(当館研究員)

場所:当館研修室

定員:50名

聴講無料、要事前申込(電話・メール・FAXで歴史博物館講座係まで)

 

〇記念講演会「装身具の考古学」
日時:10月20日(日)13:30~15:00

講師:高橋 龍三郎 氏(早稲田大学名誉教授・山梨県立考古博物館長)

場所:当館講堂

定員:先着150名

聴講無料、要事前申込(電話・メール・FAXで歴史博物館講座係まで)