トップページ>企画展示>冬季企画展「村の肖像 山と川から見た「にいがた」」(1月19日~3月21日開催)

企画展示

冬季企画展「村の肖像 山と川から見た「にいがた」」(1月19日~3月21日開催)

2018年09月28日

開催期間 : 2019年1月19日(土)~3月21日(木・祝)

にいがたMALUI連携事業「村の肖像 山と川から見た「にいがた」」

新潟大学人文社会科学系附置地域映像アーカイブ研究センターでは、県内各地の写真や映画などの映像を新潟という地域の文化遺産として捉え直して発掘、デジタル化しアーカイブとして保存し、活用できるようにしてきました。
今回、その成果を大学・博物館・図書館・文書館などの連携のもと、山と川に囲まれた中山間地域に住む人びとが自ら記録してきた「にいがた」という視点から紹介します。
※展示の各コーナーには、小学3年生の社会科「むかしのくらし」に関係したパネルあり。


             中俣正義撮影 1955年5月 現南魚沼市六日町


◆ 会期   2019年1月19日(土)~3月21日(木・祝)

◆ 時間   9:30~17:00

◆ 場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
        新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
        TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47-6136

◆ 休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)

◆ 観覧料  無料

◆ 関連イベント
●講演会
日時:2019年1月19日(土)13:30~15:00
演題:「MALUI連携による地域資料の共有化へ―デジタルアーカイブによって何ができるのか―」
講師:原田健一(新潟大学人文社会科学系附置地域映像アーカイブ研究センター長)
会場:当館講堂(定員150名 要申込)

●トークイベント①
日時:2019年3月3日(日)13:30~15:00
講師:土田ヒロミ(写真家)×飯沢耕太郎(写真評論家)×大倉宏(砂丘館館長)
司会:原田健一(新潟大学)
会場:当館講堂(定員150名 要申込)

●トークイベント②
日時:2019年3月10日(日)13:30~15:00
講師:石田佐恵子(大阪市立大学)×高倉浩樹(東北大学)×榎本千賀子(写真家)
司会:原田健一(新潟大学)
会場:当館講堂(定員150名 要申込)

●パフォーマンス 
日時:(仮)2019年3月9日(土)13:30~15:00
会場:当館企画展示室

●小学生とのワークショップ・パフォーマンス
日時:(仮)2019年2月(調整中)13:30~15:00
会場:当館企画展示室
出演:ワークショップ身体の空(舞踏家:堀川久子、舞踏家:1名、演奏家:3名)

●小学3年生むかしのくらしプログラム
講師:北村順生(立命館大学)
日時:(仮)2019年2月中旬(調整中・全2回)
会場:当館企画展示室

●大学生による博物館展示実習プログラム
日時:2019年12月23日(日)~26日(水)
会場:当館企画展示室