トップページ>2016年

2016年

「第13回マイ・コレクション・ワールド」開催中です

2016年12月18日

当館では現在、市民コレクターによるコレクション展「第13回マイ・コレクション・ワールド」を開催しています。
毎年恒例の企画展ですが、今回は、ペットボトルのふた、蛇口、納豆パッケージなど、ユニークな作品が展示されています。
当企画展は、「ニュースサイトIRORIO」でも紹介されています。
ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。


  img_5761  img_5783
       ペットボトルのふた             納豆パッケージ


「第13回マイ・コレクション・ワールド」のご案内はこちら

縄文文様コロコロ体験(12月23日~1月29日の土日・祝日)

2016年12月17日

県立歴史博物館では、12月23日(金・祝)からの土日・祝日に、体験コーナー「縄文文様コロコロ体験」を開催します。
オーブン粘土で縄文土器のミニチュアを作り、さまざまな縄や道具を転がしてみます。子どもから大人まで楽しむことができる体験です。ぜひご参加ください。
       IMG_2403
期間: 2016年12月23日(金・祝)~2017年1月29日(日)までの土日・祝日
    ※ただし、12月31日(日)、1月1日(日)、1月2日(月・祝)、1月15日(日)は除く

時間: 13:30~16:00(受付は15:30まで)
場所: 体験コーナー(常設展示室内)

料金: 体験無料

  (ただし常設展観覧料【一般510円 高校・大学200円 中学生以下無料】が必要です。)

申し込み: 不要 当日体験コーナー(常設展示室内)にお越し下さい。
お問い合わせ先: 新潟県立歴史博物館 経営企画課 交流普及担当

TEL 0258-47-6135

FAX 0258-47-6136


2016年度体験コーナーチラシ(後期)

冬季企画展 お得な割引情報

2016年12月09日

冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」のお得情報のお知らせです。ぜひお得情報をうまく利用して、本企画展をご覧ください。


(1)リピーター割引
   ・当館入場券の過去の半券で本企画展の観覧料が2割引になります。
    割引の御利用は、過去に入館されたご本人に限ります。


(2)100円割引券
   ・下記の企画展観覧割引券をお持ちいただくと、本企画展の観覧料が100円引きになります。
   冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」100円割引券(PDF)
   

特別対談「アンギンの発見―小林存を語る―」(2月19日開催)

2016年12月08日

当館では、冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」の関連イベントとして、2月19日(日)に、特別対談「アンギンの発見-小林存を語る」を開催します。

アンギンを発見した小林存(こばやし ながろう)は、新潟県の郷土研究と民俗研究の先駆者です。歌人であり、研究者でもあった小林存の魅力について、小林存を知る駒形覐(こまがた さとし)氏と語り合います。


◆期日  2017年2月19日(日) 

◆時間  13:30~15:00

◆講師  駒形覐 氏(日本民俗学会・新潟県民俗学会 名誉館員)、陳玲(当館研究員)

◆会場  新潟県立歴史博物館 講堂

◆定員  150名(要申込)

◆料金  無料

◆申し込み方法
     電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
     講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先
     新潟県立歴史博物館 経営企画課
     〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

     TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」のご案内はこちら


2016年度後期 講座・講演会一覧(PDF)

「第13回マイ・コレクション・ワールド」の開場式が行われました

2016年12月04日

県立歴史博物館では、現在、友の会展「第13回マイ・コレクション・ワールド」を開催しています。開幕日の12月3日(土)には、開場式および内覧会が行われました。


img_5753-2   img_5757-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
       開場式の様子              内覧会の様子


今年度で13回目となる恒例の展覧会ですが、今回は、十分杯、貧乏徳利、蛇口、納豆パッケージなど、大変ユニークなコレクションが出品されています。内覧会では、出品者15名が、それぞれのコレクションの来歴やコレクションにかける意気込みを披露しました。

本展覧会は、「子ども縄文研究展2016」との同時開催で、1月9日(月・祝)まで開催します。観覧無料となっていますので、ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。



「第13回マイ・コレクション・ワールド」のご案内はこちら

子ども縄文研究展2016~縄文のメッセージ・私のメッセージ~(終了しました)

2016年11月30日

開催期間 : 2016年12月3日(土)~2017年1月9日(月・祝)

火焔街道博学連携プロジェクトは、「縄文」をテーマにして「総合的な学習の時間」に取り組む学校を支援するプロジェクトです。「縄文」を学ぶ子どもたちの学習内容の深化がはかれるように、市町村域を越えての交流を推進しています。その舞台となる火焔街道は、平成28年度、“日本遺産”に認定されました。本プロジェクトは、“日本遺産”という地域の宝を実感できるものなのです。
当館ではこの火焔街道博学連携プロジェクトと共催し、12月3日(土)から1月9日(月・祝)まで、「子ども縄文研究展2016~縄文のメッセージ・私のメッセージ~」を開催します。
子どもたちの研究成果をぜひご覧ください。

       0001-hp%e7%94%a8   0002-hp%e7%94%a8         
    <2016度参加校>
     ・長岡市立関原小学校  ・小千谷市立吉谷小学校 ・十日町市立下条小学校
     ・十日町市立中条小学校 ・十日町市立鐙島小学校



◆会期  2016年12月3日(土)~2017年1月9日(月・祝)
      ※1月14日(土)から2月19日(日)まで十日町市博物館で開催します
◆時間  9:30~17:00
◆休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日(水)~1月3日(火)
◆会場  新潟県立歴史博物館 企画展示室
◆観覧料 無料
     ※常設展をご覧になる場合は、常設展観覧料(一般510円、高校・大学生200円、中学生
      以下無料)が必要です。

12月常設展示ワンポイント解説予定

2016年11月28日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【12月常設展示ワンポイント解説予定】
12月3日(土)13:00~「古代のやきものの製作技法②」(山本研究員)
 古代のやきももの製作技法から、ハケ目と糸切り技法について解説します。     
12月4日(日)13:00~「美術品としての火焔型土器」(宮尾研究員)
 火焔型土器が美術品として取り扱われる背景を考えます。  

12月10日(土)13:00~「長岡の石油産業と女株券師」(田邊研究員)
 近代長岡の発展に大きく寄与した石油産業とその勃興期を支えた女株券師について紹介します。  

12月11日(日)13:00~「江戸時代の教科書『往来物』」(渡部研究員)
 江戸時代の庶民の教科書である「往来物」を、越後の事例を交えながら解説します。  

12月17日(土)13:00~「鮭が遡るムラ」(板橋研究員) 
 村上市の大川郷に伝わる伝統漁法のコド漁について解説します。  

12月18日(日)13:00~「縄文時代人の特徴」(西田研究員)
 現代人と縄文時代の人々との違いについて解説します。  

12月24日(土)13:00~「千歯扱き」(大楽研究員)
 県内で使用された千歯扱きの特徴について解説します。  

12月25日(日)13:00~「赤倉温泉について」(浅井研究員)
 新潟県を代表する温泉地である赤倉温泉について解説します。



12月常設展示ワンポイント解説予定(PDF)