トップページ>新着情報>講座情報

新着情報

体験講座「指のレプリカを作ろう(冬の部)」(2月24日開催)

2018年01月11日

講師 : 山本哲也(当館研究員)

レプリカって何?なぜ博物館にはレプリカが飾ってあるの?…そんな質問がよく聞かれます。実際に自分の指のレプリカを作る作業をとおして、レプリカというものを考えてみます。

 
期日  2018年2月24日(土) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

定員  20名(要申込)
料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp



       作品例


2017年度後期 講座・講演会一覧(PDF型式)

シリーズ「子ども」連続講座「雛遊びと人形」(3月3日開催)

2018年01月11日

講師 : 大楽和正(当館研究員)

現在のように3月3日に雛人形を飾って女児の成長を祝う風習は、江戸時代になって一般化したといわれています。本講座では子どもが関わる人形に注目しながら、雛遊びの歴史を考えます。

期日  2018年3月3日(土) 

時間  13:30~15:00
会場  新潟県立歴史博物館 研修室

定員  50名 (要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度後期 講座・講演会一覧(PDF型式)

博物館学人物伝・その8「文学と博物館学-森鴎外を中心として-」(3月10日開催)

2018年01月10日

講師 : 山本哲也(当館研究員)

平成23年度にスタートした「博物館学人物伝」の第8回です。今回は、文学と博物館学の関係を取り上げます。特に、帝室博物館総長となった森鴎外を中心に据え、さらに小説に登場する博物館とその作家の博物館観についてお話しします。


期日  2018年3月10日(土) 

時間  13:30~15:00
会場  新潟県立歴史博物館 研修室

定員  50名 (要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度後期 講座・講演会一覧(PDF型式)

講演会「博物館で守るということ」

2018年01月09日

講師 : 半田昌之氏(公益財団法人日本博物館協会・専務理事)

冬季企画展は、「守る」がテーマです。博物館では、文化財を来館者に見せる(魅せる)だけではなく、守ることにも日々取り組んでいます。
どのように守っているのか、なぜ守らなければならないのか。博物館とは、どんな場所であるべきなのかを一緒に考えてみませんか。


期日  2018年3月17日(土) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

定員  150名(要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

2017年度後期 講座・講演会一覧(PDF型式)


冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」のご案内はこちら

講座「みんなで守ろうーIPM講座ー虫(Insect)のピンチ(P)から守る(M)?」(3月21日開催)

2018年01月08日

講師 : 三国信一(当館研究員)

IPMとは何かを事例を交えてお伝えします。


期日  2018年3月21日(水・祝) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 研修室ほか

定員  15名(要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


冬季企画展「守れ!文化財ー博物館のチカラ、市民のチカラー」のご案内はこちら

体験講座「火焔土器の鶏頭冠をつくる」(終了しました)

2017年12月20日

講師 : 宮尾亨 (当館研究員)

火焔土器を特徴づける鶏頭冠(けいとうかん)突起を紙粘土で実際につくります。単なる模倣ではなく、出土品を観察して復元した縄文時代の人びとと同じつくりを実習し、このような造形の意味を考えます。


期日  2018年2月17日(土) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

定員  25名 (要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


講座「火焔型土器の国際交流」(終了しました)

2017年12月19日

講師 : 宮尾亨(当館研究員)

平成28年10月、長岡市岩野原遺跡出土火焔型土器など計4点の縄文土器が大英博物館に3か年の予定で貸し出されました。それに先立つこと平成24年7月には津南町堂平遺跡出土の火焔型土器1点が同じく大英博物館に5か年(3か年延長更新)貸し出されています。これらの縄文土器が大英博物館へと貸し出された経緯に触れ、文化財を活用した国際交流や共同研究の成果を紹介します。


期日  2018年2月10日(土) 

時間  13:30~15:00

会場  新潟県立歴史博物館 研修室

定員  50(要申込)

料金  無料

申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp