トップページ>新着情報>講座情報

新着情報

子ども向け講座「『むかしのくらし』の調べ方」(7月30日開催)

2017年07月11日

講師 : 三国信一(当館研究員)

小学校の社会科で勉強する「昔のくらし」。そのしらべ方や楽しさについて解説し、各参加者が持参した使わなくなった道具を題材に、「昔のくらし」をどのようにしらべればよいか一緒に考えてみます。子ども向けですが、保護者の付き添いも可能です。(低学年の場合は、保護者の付き添いをお願いします。)


◆ 期日  2017年7月30日(日) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  15名(要申込)
◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度前期講座一覧(PDF)


夏季企画展「クイズとたいけん!むかしのくらし」のご案内はこちら

伝統芸能上演会「瞽女唄と文弥節で愉しむ山椒太夫の世界」(8月6日)

2017年07月11日

新潟県立歴史博物館では、今年度、にいがた文化遺産活用推進プロジェクトを実施しています。その関連イベントとして、8月6日(日)に、伝統芸能上演会「瞽女唄と文弥節で愉しむ山椒太夫の世界」を、当館を会場に開催します。佐渡の人形芝居と瞽女唄が夢の競演を果たします。ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。
         

期日  2017年8月6日(日)
時間・出演等
 【第1部】瞽女唄 出演:葛の葉会(長岡市)
   時間:11:00~12:10 (開場10:30)
   会場:当館常設展示室ロビー(定員150名)
   演目:祭文松坂 山椒太夫 船別れの段
      その他、門付け唄「岩室」、発ち唄「伊勢音頭くずし」
   解説:鈴木昭英(瞽女唄ネットワーク会長)
   料金:無料(ただし常設展観覧料【一般510円、高大生200円、中学生以下無料】が必要です)
 【第2部】文弥人形 出演:佐渡真明座
   時間:13:30~15:30 (開場13:00)
   会場:当館講堂(定員150名)
   演目:山椒太夫 母子対面の段
   解説:池田哲夫(新潟大学名誉教授)
   料金:無料
主催
   にいがた文化遺産活用推進プロジェクト実行委員会、新潟県立歴史博物館、
   瞽女唄ネットワーク、佐渡郷土文化の会
申し込み方法
   電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
   第1部、第2部はそれぞれ申込み別となります。
   お名前、住所、電話番号、1部2部の別(または両方)を明記してください。

申し込み先
   新潟県立歴史博物館 経営企画課
   〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
   TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

その他
   当日は当館レストランも営業しておりますが、混雑が予想されますのでご承知おきください。

講座「縄をつくる糸をつくる」(7月22日開催)

2017年07月02日

講師 : 宮尾亨(当館研究員)

縄文土器という名称をもたらした縄目文様をつくる様々な縄を紙テープでつくります。一見不合理にみえるような撚り方の様々な縄の撚り方を実習し、そのような縄の生まれた背景を考えます。また、縄文土器の文様との関わりについて考えている仮説を紹介します。


◆ 期日  2017年7月22日(土) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  25名(要申込)

◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度前期講座一覧(PDF)

シリーズ「子ども」連続講座「子どものための博物館ーその歴史と今ー」(終了しました)

2017年06月24日

講師 : 山本哲也(当館研究員)

社会教育施設でもある博物館は、本来あらゆる年齢層に対応するべきものですが、利用者層を意識したもの、中でも子どものための博物館(チルドレンズ・ミュージアム)が存在します。日本におけるチルドレンズ・ミュージアムや学校博物館の歴史、そして現在の様相を確認しながら、博物館が担う役割の一端を考えてみます。


◆ 期日  2017年7月8日(土) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  50名(要申込)

◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

古文書講座~はじめての古文書~前編・後編(終了しました)

2017年06月06日

講師 : 井上 信 (当館研究員)

江戸時代の古文書に親しみます。古文書に全くふれたことがない人でも気軽に学べる講座です。


◆ 期日  2017年6月24日(土)、7月1日(土) 

◆ 時間  いずれも13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  35名(要申込)

◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

講座「民俗収蔵庫見学会」(終了しました)

2017年05月04日

講師 : 陳玲(当館研究員)

博物館の舞台裏の一つである民俗収蔵庫をご案内いたします。学芸員によって収集、整理され、民俗資料となった生活道具が、新たな姿で新しい発見を提供してくれます。見学会を通して民俗資料の基本的な見方を紹介します。


◆ 期日  2017年6月17日(土) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室ほか

◆ 定員  15名(要申込) ※定員まで残りわずかです
◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

子ども向け講座「どうぐのおばけMINGOO(ミングー)を見つけよう!」(8月6日)

2017年04月20日

講師 : 三国信一(当館研究員)

各参加者が使わなくなった道具を題材に、「どのように使ったか」「なぜ使わなくなったのか」「どんな思い出があるのか」などの情報をまとめ、その道具が「おばけ」になったら、どんなおばけになるのかを絵に描いて、ミニ展示会をおこないます。子ども向けですが、保護者の付き添いも可能です。(低学年の場合は、保護者の付き添いをお願いします。)


◆ 期日  2017年8月6日(日) 

◆ 時間  13:30~15:00

◆ 会場  新潟県立歴史博物館 研修室

◆ 定員  15名(要申込)
◆ 料金  無料

◆ 申し込み方法
 電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
 講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆ 申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

 TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp


2017年度前期講座一覧(PDF)


夏季企画展「クイズとたいけん!むかしのくらし」のご案内はこちら