トップページ>新着情報>「新潟県の猫伝説」を題材とした作品を展示しています

新着情報

「新潟県の猫伝説」を題材とした作品を展示しています

2017年05月03日

新潟県には、「踊りに来た猫又」、「雲洞庵の北高和尚と火車落としの袈裟」、「猫の恩返し」などの猫伝説があります。当館では、開催中の「猫と人の200(にゃ~)年」展に先立ち、広く一般の方から『新潟県の猫伝説』を題材とした美術作品を募集しました。本企画展では、その応募作品の中から主催者が選んだ、10名による計12点の作品を展示しています。企画展にお越しの際にはこちらもぜひご覧ください。



  
   「新潟県の猫伝説」を題材とした作品           展示作品募集のチラシ


春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち-」のご案内はこちら