トップページ>新着情報>春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年」を開催します

新着情報

春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年」を開催します

2017年04月15日

いよいよ本日4月15日(土)から、春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち-」が開幕します。午前中にはその開場式、および内覧会が行われました。


     
         開場式の様子               内覧会の様子                                      
         
開場式では、まず主催者を代表し、新潟県副知事 北窓隆子氏による御挨拶がありました。その後、御来賓を代表し、国際浮世絵学会常任理事 中右瑛氏からお祝いの御挨拶をいただきました。
内覧会では、企画展監修者でもある中右氏の解説に、50名を越える大勢の方が熱心に耳を傾けていました。                          

また、本日の開場式・内覧会には、報道陣に混じって県立巻高校新聞部3名と、県立糸魚川高校新聞委員会2名が参加し、取材を行いました。取材の成果は学校新聞として発行される予定です。
当企画展は6月4日(日)まで開催します。ぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。
                                                          
   
      高校生の取材を受ける中右さん


春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年-アートになった猫たち-」