トップページ>歴史博物館とは>ご利用案内>障害者等の観覧料免除について

ご利用案内

障害者等の観覧料免除について

* 次に相当する方の観覧料は免除されます (入館料が無料です)

観覧する障害者本人について

(1) 身体障害者手帳の交付を受けている方

(2) 療育手帳の交付を受けている方

(3) 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

※ 手帳の提示が必要です。なお、団体の場合、事前に手帳番号等を記載した名簿*(歴史博物館様式)を提出して頂ければ、当日の提示が不要になります。

介助者について

(4) 前記(1)(身体障害者手帳)の第1種手帳所持者の介助者

(5) 前記(2)(療育手帳)のA判定手帳所持者の介助者

(6) 前記(3)(精神障害者保健福祉手帳)の障害等級1級の手帳所持者の介助者

(7) 車椅子を使用されている障害者の介助者(手帳の有無は問いません。なお、観覧者が手帳非交付者の場合、その観覧者は有料となります)

※(4)~(7)それぞれ1名が対象となります。

医療担当者について

(8) 前記(1)~(3)または(7)の車椅子使用障害者による団体(20名以上)が観覧する場合に随行する医療担当者(医師、看護師等)

※ 2名までが対象となります。

社会福祉施設の観覧の場合

(9) 児童養護施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設等の児童福祉施設に入所し、その施設の活動として観覧する場合の入所者及び引率者

観覧料等免除申請書の様式があります。

(10) 児童福祉施設以外の社会福祉施設(養護老人ホーム、デイサービスセンター等)の活動として観覧する場合は、前記(1)~(8)の適用となります。なお、この場合の引率者は無料となります。

詳細・ご不明な点は博物館までお問い合わせください。

TEL:0258-47-6130(代表)
FAX:0258-47-6136
E-mail:office@nbz.or.jp