トップページ>越後文書宝翰集 三浦和田氏文書Ⅱ

出版案内

その他

越後文書宝翰集 三浦和田氏文書 Ⅱ


三浦和田氏は鎌倉時代以来胎内市あたりに拠点をおいて活躍していた一族です。 『越後文書宝翰集』(国指定重要文化財、館所蔵)には、「三浦和田氏文書」としてまとめられた古文書が104通ありますが、本書はそのうち53通(全6巻中の第4~5巻)について写真付きで解説しています。  

発行:2020年3月
定価:1,000円