トップページ>新着情報>青田遺跡の掘立柱建物

新着情報

青田遺跡の掘立柱建物

2014年03月30日

 縄文晩期の新発田市青田遺跡からは58棟の掘立柱建物と458点もの木柱が見つかっています。そのうち最も大きな掘立柱建物の木柱を実物大の大きさで配置しています。木柱にはクリの木が使われています。クリの木は磨製石器などを使って伐採し、建物や道具の木材として利用していたと考えられます。青田遺跡からは大きなクリの実も多数出土しており、縄文人がクリ林を管理していたと考えられます。

                    大型掘立柱建物跡(新発田市青田遺跡)