トップページ>新着情報>高度な漆工芸技術

新着情報

高度な漆工芸技術

2014年03月30日

 新潟県における漆工芸技術のはじまりは、長岡市大武(だいぶ)遺跡から出土した縄文時代前期(今から約6600年前)の漆紐にさかのぼります。
 胎内市野地(やち)遺跡(後期中葉~晩期前葉)や新発田市青田遺跡(晩期終末)の集落からは、漆製品に伴い、漆製品の製作にかかわる材料や道具が多数出土しており、集落の中で漆製品が製作されていたことや、現代とほぼ変わらない製作技術を持っていたことが知られます。
  
漆紐・漆塗土器・石匙(長岡市大武遺跡)  赤漆塗竪櫛(胎内市野地遺跡)