トップページ>新着情報>トピックス>当館西田研究員が参加している研究チームの研究成果を11日付英科学雑誌ネイチャーで発表しました

新着情報

当館西田研究員が参加している研究チームの研究成果を11日付英科学雑誌ネイチャーで発表しました

2013年04月13日

北海道や福井県で出土した約1万5000前の縄文時代草創期の土器の焦げ跡に、煮炊きした魚のものとみられる脂質が含まれていることを、当館西田泰民専門研究員が参加している研究チームが11日付英科学雑誌ネイチャーで発表しました。

 

Earliest evidence for the use of pottery

 

また、この研究成果の内容を4月27日の当館講座「一万年前の日本料理」でも解説いたします。

ぜひ、お時間のある方は、この講座に御参加ください。

◆講座「一万年前の日本料理」

日時:4月27日(土) 13:30~15:00

講師:西田 泰民/当館専門研究員

場所:新潟県立歴史博物館 研修室

定員:50名(要申込)

内容:

現在、縄文土器に残された食べ物の痕跡の研究が国際的規模で進められています。一万年前に土器で料理されたものはどんな食べ物だったのか、分析結果から考えます。

◆申し込み方法

電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。

講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

◆申し込み先

新潟県立歴史博物館 経営企画課

〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136

E-mail:koryu@nbz.or.jp