トップページ>新着情報>イベント>佐渡文弥人形と越後瞽女唄(11/30)【受付終了】

新着情報

佐渡文弥人形と越後瞽女唄(11/30)【受付終了】

2019年10月08日

※定員に達したため、受付を終了させていただきます。

 

新潟県立歴史博物館では、にいがた文化遺産活用推進プロジェクトを実施しています。

11月30日(土)には当館講堂にて「佐渡文弥人形と越後瞽女唄」を開催します。

鑑賞無料ですが、事前のお申し込みが必要です。

解説もあり、わかりやすく伝統芸能に触れることができます。

ぜひこの機会に新潟県立歴史博物館にお越しください。

 

 

 

期日  令和元年11月30日(土)

 

時間  13:30~16:00

 

◆演目

【第1部 瞽女唄】

祭文松坂 葛の葉子別れ

門付け唄 岩室

瞽女万歳 柱立て

発ち唄 伊勢音頭くずし

 

出演:越後瞽女唄葛の葉会
解説:鈴木昭英(瞽女唄ネットワーク会長)

 

【第2部 文弥人形】

近松門左衛門作 源氏烏帽子折

初段後半 卒塔婆引きの場

三段 烏帽子折り尽し

 

出演:佐渡 真明座
解説:池田哲夫(新潟大学名誉教授)

 

会場  新潟県立歴史博物館 講堂

 

定員  150名(要申込)

 

料金  無料

 

申し込み方法
電話、はがき、ファックスまたはメールで下記までお申し込みください。
講座名、お名前、住所、電話番号を明記してください。

 

申し込み先
新潟県立歴史博物館 経営企画課
〒940-2035 長岡市関原町1-2247-2

TEL:0258-47-6135 FAX:0258-47-6136 E-mail:koryu@nbz.or.jp

 

 

佐渡文弥人形と越後瞽女唄」(11月30日開催)チラシ