トップページ>新着情報>ワンポイント解説>11月常設展示ワンポイント解説予定

新着情報

11月常設展示ワンポイント解説予定

2017年10月26日

新潟県立歴史博物館では、毎週土日に研究員による常設展示ワンポイント解説を行っています。最新の研究成果から、わかりやすく面白い話題を提供します。

日時は、毎週土日、午後1時から始め、10分から30分程度行っています。

料金は、常設展観覧料(一般510円 高校生・大学生200円 中学生以下無料)が必要です。

このワンポイント解説を聴くと、常設展が何倍も面白くなります。ぜひこの週末、新潟県立歴史博物館までお越しください。
なお、常設展示がよくわかる「常設展示図録」も販売しております。

 

【11月常設展示ワンポイント解説予定】
11月 4日(土)13:00~「弥生土器の特色」(宮尾研究員)
 水田稲作で特徴づけられる弥生時代は、弥生土器の名称に由来します。その弥生土器の特色を考えます。
  
11月 5日(日)13:00~「狩猟の儀礼」(西田研究員)
 近現代の狩人としてマタギが知られています。彼らの山の神への捧げ物から狩猟に関わる儀礼を紹介します。
  
11月11日(土)13:00~「良寛とお菓子」(渡部研究員)
 良寛の書簡に登場するお菓子や良寛が書いた飴屋の看板などについて紹介します。
  
11月12日(日)13:00~「横滝山廃寺」(湯本研究員)
 現在、新潟県内で現存最古の寺院跡を取り上げ、そこから新潟県の古代について考えます。
  
11月18日(土)13:00~「新潟開港の明治元年11月19日」(山本研究員)
 新潟が開港した明治元年11月19日という日をもとに、当時の暦について説明します。
  
11月19日(日)13:00~「佐渡の人形芝居」(大楽研究員) 
 佐渡の人形芝居には文弥人形、説経人形、のろま人形の3種類があります。それぞれの特色について紹介します。
  
11月25日(土)13:00~「石油産業と温泉」(浅井研究員)
 新潟県の温泉には石油産業にゆかりの深いものがあることを説明します。
  
11月26日(日)13:00~「日記にみる戦後の農業」(三国研究員)
 長岡市宮本在住の男性(大正15年生まれ)が書いた日記から戦後の農業の一例を紹介します。