トップページ>企画展示>秋季企画展「川中島の戦いー上杉謙信と武田信玄ー」

企画展示

秋季企画展「川中島の戦いー上杉謙信と武田信玄ー」

2017年06月19日

開催期間 : 2017年9月16日(土)~10月29日(日)

「川中島の戦い」は、戦国時代、越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄が、北信濃をめぐって信濃国川中島地方で繰り広げた合戦です。越後・甲斐の武将たちにとってこの争いの影響は大きく、さまざまなゆかりの品が伝わっています。また、この争いは江戸時代以後の人々の心もとらえ、草双紙や錦絵の題材ともなって広まりました。本展覧会では、この戦いについて、その実際とのちの伝承の広がりをご紹介します。


会期   2017年9月16日(土)~10月29日(日)
時間   9:30~17:00 (観覧券の販売は16:30まで)※初日は11:00~
場所   新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料  一般820円(650円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下無料
       ※(  )は20名様以上の団体料金
関連イベント
 ・講演会「信濃からみた川中島合戦」
   日時:9月24日(日)13:30~15:00  会場:講堂(定員150名 要申込み)
   講師:村石正行氏(長野県立歴史館学芸員)
 ・講演会「川中島合戦はどのように伝えられたか」
   日時:10月22日(日)13:30~15:00  会場:講堂(定員150名 要申込み)
   講師:石川博氏(駿台甲府高等学校・中学校・小学校指導監)


  
    川中島合戦図屏風(部分)長野県立歴史館蔵     小桜韋威鎧(復元)山梨県立博物館蔵